出産・育児の不安を解決 ママ応援サイト

出産・育児の不安や悩みをお持ちのママをサポートします!

赤ちゃんの寝ぐずりの原因は?そのまま放置したら問題?対策法を教えて


赤ちゃんの寝ぐずりというのは多くのママの悩みの1つとなっています。

夜寝ている時にに突然ぐずりだしたりして、

一生懸命あやしてもなかなか収まらずにげんなりしてしまうママも多いことでしょう。

スポンサードリンク

私の娘も最近では突然夜にぐずりだすことが多くなってきており、

お互いにぐっすり眠ることのできない日々を過ごしています。

 

そこで今回は赤ちゃんの寝ぐずりについて原因や対処法をご紹介いたします。

私もこの方法で大分楽になってきたのでぜひやってみてください!

 

1

 

赤ちゃんの寝ぐずりの原因は?

 

2

 

では何故赤ちゃんは寝ぐずりをしてしまうのでしょうか?

それには様々な原因があると考えられています。

 

まずは、睡眠のリズムがまだ整っていないからというもの。

新生児の場合、まだ昼夜逆転の生活リズムになっています。

そのため、夜になってもなかなか眠ることができずに、

そのまま寝ぐずりに繋がってしまうというわけです。

 

生活リズムや睡眠のリズムに関しては、

生後4〜5ヶ月ぐらいから安定し始めるので、

昼夜逆転による寝ぐずりは解消されていくと考えられています。

スポンサードリンク

また他にも日中に興奮することがたくさんあった時です。

 

赤ちゃんというのは私たちが想像している以上にたくさんの刺激を受けています。

 

確かに産まれた時から全てが新鮮なので、

全てが刺激になるというのもわかりますよね。

 

そうなってくると脳はどんどん活発化していき、

興奮してしまいがちになります。

 

その結果夜も興奮が収まらずに寝付くことができずに寝ぐずりをしてしまうというわけです。

 

他にもまだ赤ちゃんが寝たくないと思っている可能性もあります。

赤ちゃんがある程度成長してくると、徐々に自我も芽生えてきます。

そうなることで眠くないのに寝かしつけられることも増えてきます。

 

すると赤ちゃんは「まだ寝たくないよ!」という気持ちを表現するために、

寝ぐずりをすることで寝たくないことをアピールするようになります。

 

さらに特に理由がないのに寝ぐずりをすることもあるようです。

生後1〜2ヶ月の頃は意味もなく泣き続けることがあるのですが、

これは成長過程の1つなので、どこか体調が悪いというわけではありません。

 

 

私の娘もこの時期にはよくぐずることが多かったです。

授乳もしたし、オムツも変えたのにぐずるので、

最初の頃はちょっと参ってしまったことがありました。

 

 

でもこれも成長の1つだと思うと心も落ち着かせて接することができるようになりました。

 

3

 

寝ぐずりしたまま放置すると問題?

でもこれらの原因があるからといっても、

やっぱり毎日寝る前にぐずるとママも疲れちゃいますよね。

よくその場合はちょっと放置すると良いとも言われていますが、

放置しすぎるのも実は危険なんです!

 

赤ちゃんは自分の気持ちや要求を伝えるために泣くもので、

常にママやパパに何かを訴えながら泣くことが多いです。

しかしそれなのにママもパパも無視していると、

赤ちゃんも次第に諦めの気持ちが出てきてしまい、

要求をしない赤ちゃんになっていきます。

 

一見すると大人しい子になるだろうと思うかもしれませんが、

これがいわゆる「サイレントベビー」になる危険性があります。

笑顔を見せてくれなくなってしまったり、

赤ちゃん自身も本能的にママやパパには頼まないと思ってしまい、

信頼することもなくなってしまうのです。

 

さらに怖いこととしては、赤ちゃんが体調不良を訴えるために泣くこともあるので、

もしこれを放置してしまったとなると最悪赤ちゃんの命が危険にさらされる可能性もあります。

 

確かに毎日泣いていると「どうせいつもの寝ぐずり」だと思って放置してしまいがちですが、

 

その時だけ体調不良で泣いていたとなると考えるだけでも恐ろしいですね。

 

なのでママとパパが交代しながらでも赤ちゃんが寝ぐずったらしっかりあやしてあげて赤ちゃんの体調もしっかりチェックしてあげましょう。

 

1

 

寝ぐずりの対処法を教えて

では次に赤ちゃんが寝ぐずりをした時の対処法についてご紹介いたします。

 

①抱っこ紐で赤ちゃんをあやしてあげる

抱っこ紐で抱っこをするとママの体温や鼓動を感じることができるので、

赤ちゃんも安心することができます。

 

抱っこ紐で軽く揺れてあげたり、

上下に軽く揺すったりしてみましょう。

 

もし疲れてしまったらパパに交代してもらうのも手ですね!

 

②おくるみなどで赤ちゃんをくるんであげる

新生児の場合はおくるみなどで身体をくるんであげると効果的!

ママのお腹の中を思い出して赤ちゃんの気持ちも落ち着きます。

私も出産祝いにおくるみをもらっていたので、

娘が新生児の頃にはかなり重宝しました!

 

やっぱり赤ちゃんにとっても安心するんですね。

ただし、おくるみなどで窒息してしまう危険性もあるので、

長時間赤ちゃんから目を離さないようにしましょう。

 

③添い乳や添い寝をしてあげる

赤ちゃんはおっぱいを吸っている時はやっぱり落ち着くもの。

ですが泣く度に起き上がって授乳となると大変ですよね。

そこでオススメなのが添い乳をしてあげることです。

 

これなら抱き上げずに授乳することができるので、

ママとしても楽ですよね。

 

また添い寝をしてあげてお腹や背中を優しくポンポンしてあげるのも効果的ですよ!

 

④生活リズムを整えて日中はとにかく遊ばせる!

赤ちゃんがある程度育っている場合は、生活リズムを整えながら日中はとにかく遊ばせてあげましょう。

 

朝起きる時間、昼寝をする時間、

授乳する時間をしっかり決めて規則正しい生活リズムにしてあげます。

 

そして日中はお散歩に連れていってあげるなどして、

たっぷり遊ばせてあげましょう。

こうすることで夜には疲れてぐっすり眠ることがあります。

 

2

 

寝ぐずりも一時的なものなので安心して

これまで色々寝ぐずりについてご紹介いたしましたが、

やっぱりママにとっても辛いのは変わりありません。

しかし終わらない寝ぐずりはありません。

この寝ぐずりも一時的なものだということを念頭に置きましょう。

 

友達も最初は赤ちゃんの寝ぐずりが大変だったそうなのですが、

今ではすっかり落ち着いてむしろ寂しくなったとも言っていました。

今この時期をとにかく大切にしてあげることが大事です。

 

また、赤ちゃんにとってもママやパパにとにかく甘えたい時期です。

なのでたっぷり愛情を注いでたくさん甘えさせてあげてください。

こうすることでお互いの信頼関係が作られていきます。

 

それでもやっぱり気持ち的にイライラしてしまって辛いという時は、

パパやおじいちゃんおばあちゃんにお願いするのも手です。

あくまでも無理をせずに育児をするというのが大事です。

 

3

 

 

まとめ

赤ちゃんの寝ぐずりというのは成長の1つ!

 

私も最初は戸惑ったりどうしようもなくて途方に暮れたこともありましたが、今ではこういった対処法をすることで大分落ち着くようになりました。

 

もちろんまだまだ寝ぐずりをすることもありますが、私も精神的に落ち着くことでイライラせずに接することができるようになりました。

 

もちろん辛い時はパパにもお願いしています。

ぜひ寝ぐずりの対処法を試しながら、

パパとも協力して楽しく育児をしていってくださいね!

スポンサードリンク

 - 子育て

  関連記事

乳児湿疹が耳にも出来た アトピーとの違いは?

ほとんどの赤ちゃんにできてしまって、ママ達を悩ませるのが乳児湿疹。   …

赤ちゃんが寝る時、どうしてバンザイの姿勢?

この記事の目次1 赤ちゃんがバンザイの姿勢で寝る理由は?2 胎児の頃の姿勢の反動 …

新生児のくしゃみが多い 原因は?対処方を教えて

赤ちゃんのくしゃみ、多くないですか? くしゃみする赤ちゃんのお顔、かわいいのです …

新生児の体重が増えない!原因は?対処法を教えて

元気な産声で産まれてきた赤ちゃん。 ミルクや母乳を飲んでいるように見えるのに、体 …

赤ちゃんのストローデビューはいつからが良い?どうやって練習する?

生まれたばかりの赤ちゃんは、栄養のすべてを母乳やミルクから取ります。 でも、成長 …

赤ちゃんが風邪をひいた時の対処法を教えて

どんなに気を付けていても赤ちゃんは風邪を引いてしまうもの。   &nb …

赤ちゃんのお腹に湿疹が出来る 原因は何?予防と対策をご紹介

赤ちゃんは、毎日何度もよく泣きますよね。 それでしか意思表示ができないのですから …

幼稚園の選び方のコツ これだけはおさえておきましょう

子供が産まれて育児にずっと専念しているうちに、あっという間にもう幼稚園児! いく …

新生児が夜でも寝ない原因は?対処法を教えて

新生児が夜でも寝ない原因は?対処法を教えて 家に赤ちゃんが来た新しい生活。 昼間 …

赤ちゃんにインフルエンザの予防接種を受けさせたい いつから可能?金額はどれくらい?

冬の寒い時期に差し掛かってくると怖いのがインフルエンザ。 大人でもかかるとしんど …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です