出産・育児の不安を解決 ママ応援サイト

出産・育児の不安や悩みをお持ちのママをサポートします!

赤ちゃんが夜中に鼻づまりで眠れない 解消方法を教えて


大人にとっても辛いのが鼻づまり。

赤ちゃんも例外なく鼻づまりになると本当に辛いものなのです。

スポンサードリンク

しかしまだ言葉を話せない赤ちゃんは、

鼻づまりの辛さをママやパパに訴えるために泣いたりして伝えようとします。

さらに夜中に鼻づまりになってしまうと眠れなくて、

ずっとぐずってしまうこともよくある話なんです。

 

夜眠れずにぐずっている赤ちゃんを見ると、

「お腹すいたのか?」「オムツが気持ち悪いのか」

などなど色々と考えられますが、

鼻づまりが原因というのは気がつきにくいんですよね。

私の娘も何をやっても泣き止まなかったのですが、

よく見たら鼻水が出ているのに気がついたことがあり、

これが原因だったんだと随分後に知ったこともありました。

 

そこで今回は鼻づまりになってしまう原因と、

その解消法や予防法についてたっぷりご紹介していきたいと思います。

ぜひ参考にして赤ちゃんの鼻づまりを解消してあげましょう!

赤ちゃんの鼻づまりの原因は?

実は赤ちゃんというのは意外と鼻づまりになりやすいんです。

というのも、まだ赤ちゃんの頃だと鼻も低くて穴も小さめ。

それでも1日に分泌される鼻水の量は大人とほぼ同じなんです。

そのため、鼻水が中でどんどん溜まってしまい、

固まりやすくなってしまっているので、

鼻づまりになりやすいと言われています。

大人よりも鼻が小さいのに、鼻水の分泌量がほぼ同じだなんて、可哀想ですよね。

スポンサードリンク

さらに赤ちゃんが鼻づまりになりやすい原因としては。

大人との姿勢の違いです。

私たち大人は常に上半身を起こして生活をしていますが、

赤ちゃんの場合は1日の大半が仰向けになって生活をしていますよね。

 

そうなると鼻水が外に出にくい状況となってしまい、

中で鼻水が溜まっても出すことができないのです。

さらに気温の変化やハウスダストといったものにも

過剰に反応しやすくなってしまうので、

鼻づまりになりやすくなるというわけです。

 

こういった些細なことがきっかけで赤ちゃんは鼻づまりを起こしてしまいます。

そこで赤ちゃんの辛さを解消する方法をお伝えいたします。

 鼻づまりの解消法を教えて

基本的な赤ちゃんの鼻づまりの解消法は鼻水を吸い取ってあげることです。

その方法としては、まず綿棒やティッシュを使う方法があります。

鼻水がサラサラしていたら、綿棒やティッシュで取り除くことができます。

 

ただ鼻を傷つけないようにすることが大前提ですので、

無理に奥まで入れたりせずに、穴の入り口部分で留めておきましょう。

 

また、鼻水を出すためにクシャミをさせるのも効果的です。

くしゃみの勢いで鼻水が手前に来た時に取り除いてあげましょう!

それでもなかなか思うように吸い取れない場合は、

鼻水の吸引機を使用するのも効果的です。

ママが口で鼻水を吸い取るタイプのものは、

安い価格で販売しているので、こちらを使ってみると良いでしょう。
ママ鼻水トッテ[吸引器 鼻水対策]【あす楽対応】
赤ちゃんを仰向けに寝かせて、しっかりと固定させた後に、

片方ずつ丁寧に吸い取ってあげてください。

こちらも勢いよくやると鼻の粘膜を傷つけてしまうので、

そっと優しく小刻みに吸ってあげてくださいね。

 

もし鼻水が乾燥してしまって固くなってしまっているなら、

蒸しタオルを当てて柔らかくするのも効果的です。

 

無理矢理綿棒やティッシュで取ろうとすると、

こちらも鼻を傷つけてしまう原因なのでやめましょう。

蒸しタオルを使う際は赤ちゃんの鼻を完全に塞がないように要注意!

 

それと同時に入浴するのも効果的です。

入浴することで血行促進されて鼻通りが良くなります。

鼻水も柔らかくなって取りやすくなるのでオススメですよ。

 

このように赤ちゃんの鼻づまりを解消させる方法はいくつかあります。

赤ちゃんの様子を見ながら最適な方法で取り除いてあげてくださいね。

またこちらの動画も参考になるのでぜひチェックしてみてください。

【赤ちゃんの子育て】鼻づまりの解消法

 

 

鼻づまりの予防法は?

さて鼻づまりの解消法はわかりましたが、

できることなら予防してあげたいですよね。

次にその予防法をご紹介いたします!

 

まずはとにかく室内を清潔に保つようにすることです。

先ほどにも少し記載しましたが、ハウスダストといったものが

鼻づまりの原因にもなってしまうので、

室内を綺麗にしておくことは必要不可欠!

 

外からホコリや花粉を入れないようにするのも心がけていきましょう。

私もなるべく室内を清潔に保つために、掃除を毎日するのはもちろん、

外から家に入る時は洋服をパンパンと叩いてから入るようにしています。

これだけでも大分違うので、ぜひやってみてください!

 

また他にも常に保湿を心がけることです。

乾燥するとハウスダストも舞いやすくなりますし、

風邪のウイルスも増えてしまいます。

定期的に鼻を温めたり、加湿器を使うようにして、

室内の保湿を意識していきましょう。

関連記事はこちら

赤ちゃんが鼻水を出している時は病院に行く?緑色や黄色で症状を判断できる?

赤ちゃんのくしゃみ、鼻水で涙目 外出しも大丈夫?お風呂は?

新生児のくしゃみが多い 原因は?対処方を教えて

こんな症状の時は病院へ

こうして見ると赤ちゃんが鼻づまりを起こすのはよくある話のようですが、

実は安心できない鼻づまりもあります。

 

もし鼻づまり以外に以下の症状が見られたら注意してください。

◯咳をしていて熱が出ている

◯鼻水の色が青かったり黄色かったりする

◯母乳やミルクを全く飲まない

◯何日経っても鼻水が止まらない

 

といった症状が出ていると、

アレルギー性鼻炎や中耳炎や風邪かもしれません!

診断が遅くなると症状も悪化してしまうので、

気になる症状があったら病院へ行きましょう!

まとめ

赤ちゃんが鼻づまりをしているのを見るとやっぱり可哀想ですよね。

大人なら自分で対処できますが、

赤ちゃんの場合は頼りになるのはママとパパなのです。

私も最初は鼻づまりということで戸惑ってしまうこともありましたが、

対処方法がわかればやっぱり一安心します。

 

ぜひ赤ちゃんの変化に気を配っていきながら、

しっかり対処してあげてくださいね。

スポンサードリンク

 - 子育て

  関連記事

赤ちゃんの夜泣きはいつからいつまで?泣き止まない場合は?お母さんにも原因がある?

育児をしているうえで多くのママがぶつかる壁というのが赤ちゃんの夜泣き! いくらあ …

赤ちゃんのストローデビューはいつからが良い?どうやって練習する?

生まれたばかりの赤ちゃんは、栄養のすべてを母乳やミルクから取ります。 でも、成長 …

乳児湿疹にステロイドは大丈夫?治らない場合は?副作用はリバウンドはある?

赤ちゃんの顔に赤いプツプツが! と気づいたら、もしかしてそれは乳児湿疹かもしれま …

幼稚園の選び方のコツ これだけはおさえておきましょう

子供が産まれて育児にずっと専念しているうちに、あっという間にもう幼稚園児! いく …

乳児湿疹が耳にも出来た アトピーとの違いは?

ほとんどの赤ちゃんにできてしまって、ママ達を悩ませるのが乳児湿疹。   …

ベビーサインってどうするの?いつから始めてどう教える?

「赤ちゃんは泣くのが仕事。泣くしかできないのだから、そこから読み取っていくしかな …

赤ちゃんの歯ぎしりの原因は?やめさせる方法を教えて

赤ちゃんが成長してきて歯が生え始めてきた頃、 寝ている時に「キリキリ」と音を立て …

簡単にできる育児ストレス解消法

可愛い赤ちゃんのお世話をするのはパパママの大事な務め! やりがいがあって毎日が楽 …

授乳をしてもしこりが取れない 対処法を教えて

赤ちゃんが産まれたら、できることなら母乳で育てたいと思っているママ、多いことでし …

赤ちゃんの人見知りはいつから?人見知りしない子もいる?原因と対策をご紹介

赤ちゃんが、お座りができるようになったので抱っこが楽になり、 一緒に外へ出かける …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です