出産・育児の不安を解決 ママ応援サイト

出産・育児の不安や悩みをお持ちのママをサポートします!

妊娠しやすい体質へ 妊娠力アップ4つの方法


可愛い赤ちゃんを授かりたい!と思っている方にとって気になるのは、

「自分が妊娠できるかどうか」ということですよね。

 

私も正直妊娠するまで健康的な生活をしていたわけでもなかったので、

「妊娠できるのか?」という不安がありました。

妊娠希望をされている方の中のほとんどは、

できることなら妊娠しやすい体質にしていきたいと思いますよね。

 

実は日常生活を送る上でちょっと意識を変えていくことで、妊娠力は少しずつアップしていきます。

そこで今回は妊娠しやすい体質にして妊娠力をアップさせる方法をお伝えしていきたいと思います!

なかなか赤ちゃんを授かることができない方はもちろんですが、これから妊娠を考えている方もぜひ参考にしてみてください。

スポンサードリンク

体質を改善する (タバコ、お酒をやめる)

まず妊娠したいと思うならタバコとお酒をやめることが大事です。

「え?タバコとお酒って妊娠をしたらやめれば良いんじゃないの?」

と思うかもしれませんが、実は妊活中からやめることが大切です。

 

タバコを吸うことによって、私たちの体の中には有害物質が溜まります。

そうなることで血流を通って子宮や卵巣に悪影響を与えてしまい、

妊娠しにくい体になってしまうのです。

 

これはお酒でも同じことが言えて、

アルコールによって子宮や卵巣に影響を及ぼしてしまい。

妊娠しにくくなってしまうというわけです。

私の友達も結構ヘビースモーカーだったため、

なかなか妊娠することができないと悩んでいました。

 

ですが健康のことも考えて禁煙外来に通いながら治していって、

ようやく赤ちゃんを授かることができました。

妊活中の段階で禁煙とお酒を飲まないというのは大事なことなんですね!

スポンサードリンク

ヨガをする

子宮や卵巣の働きがスムーズになります。ヨガをすることで体内の血液の流れが良くなり、

さらに骨盤矯正の効果もあるとされているので、

女性ホルモンが正常化されて妊娠しやすくなるとも言われています。

またリラックス効果もあるので、自律神経が整っていくこともまた効果的だと言われています。

 

ただ残念ながら科学的な根拠となるデータはないようです。

 

ですが最近では不妊の方向けのヨガというのもあるようなので、

全く関係ないというわけではないようですね。

 

ヨガをすることによって、血行促進がされていき、

それと同時に自律神経が整ってリラックス状態になることによって、

体が妊娠しやすい状態になるという考えがあって、

今では様々なヨガが展開されています。

実は最近では私が通っているジムのヨガのレッスンにも妊娠力をあげるようなものがあり、

たくさんの女性達が参加しているようです。

私も知り合いも参加していて、毎回しっかりとヨガをやっているようでした。

ヨガをやることで臓器が正しい位置に戻るというのも妊娠しやすい状態となります。

しっかりと体を動かせるものなので、ぜひ積極的に参加していきたいですね!

妊娠力アップの飲み物を飲む

①ハーブティー

妊娠中に飲むと良いとも言われているのがハーブティーですが、

実は妊活中の女性にもぜひオススメしたい飲み物です。

ハーブによってそれぞれ効果が異なっており、

生理周期を整えたり、冷えを改善したりと、

妊娠するための体作りに役立ってくれるので非常にオススメです。

もしハーブのお店が近くにあるなら、相談をすれば調合してくれますよ!

②ローズヒップティー

ローズヒップティーはビタミンCやビタミンEが豊富に含まれています。

これらの成分は肌にハリとツヤを与えてくれる成分となっていますが、

卵子の質を高める効果もあると言われています。

健康的な卵子にするためにもぜひ飲んでおきたいですね。

③ルイボスティー

ルイボスティーは抗酸化作用がある飲み物で、アンチエイジングを目指す方にぴったりです。

年齢によって卵子の働きが低下してしまいがちですが、

この抗酸化作用によって質の低下を阻止することができると言われています。

私もこのルイボスティーを飲んでいましたが、やはり味に好き嫌いが出そうだなと思いました。

私は好きな味だったので飲めましたが、もし味が合わなかったりするともったいないので、

少量購入するようにしましょう!

 

 ④たんぽぽ茶

妊娠を考えている人は一度は耳にしたことがあるのが「たんぽぽ茶」ですね。

これは葉酸やマカといった妊娠に必要な成分だけではなく、

先ほどにも記載したローズヒップやルイボスティーの茶葉も含まれています。

 

これによって血行促進に繋がり、子宮の機能をアップすることができるので、

妊活中の方にもオススメしたい飲み物です。

⑤麦茶

比較的飲みやすいのが麦茶ですが、この麦茶にはミネラルが豊富に含まれています。

このミネラルは血液をサラサラにしてくれるので、血流がスムーズになります。

 

さらにカルシウムやマグネシウムといった抗酸化作用のある成分もあるので、

卵子や子宮の機能を向上させる効果があります。

ただしこれは飲みすぎると冷え性に繋がってしまうので、温めて飲むと良いですよ!

⑥ココア

ココアにも抗酸化作用がたっぷり含まれています。

さらに血管を拡張するポリフェノールや、子宮への血液循環を促す亜鉛など、

妊娠力に欠かせない成分がたっぷり含まれています。

温めれば冷え性改善にもなるので、ぜひ飲んでみてくださいね。

妊娠力アップの食べ物を食べる

まずは「赤い食材」と言われているものです。

妊娠力をアップさせるために意識して食べておきたいものもいくつかあります。

主にカツオやサバといった赤身の魚や、牛肉、トマト、人参などが挙げられます。

これらの食材は血行促進をさせてくれる効果があり、

子宮の働きを活発化させてくれると言われています。

 

また他にも「黒い食材」も効果的だと言われています。

主に黒ごまや黒豆といったものが挙げられます。

これらの食材は女性ホルモンの活性化をさせる効果があり、

妊娠しやすい状態にしていってくれます。

 

妊娠力をアップさせたい人たちが意識して食べていきたいのが「タンパク質」です。

人間の細胞のほとんどがタンパク質からできているので、

上質な細胞にしていくためにもタンパク質は必要不可欠です。

なので、納豆や卵や乳製品といったものも積極的に食べていきましょう。

まとめ

妊娠を考えている人たちにとって妊娠できるかというのは、

やっぱり気になるものですよね。

「すぐに赤ちゃんが授かるものだと思っていたのになかなか授からなかった」という方もやはり多いことと思います。

私もやはりなかなか赤ちゃんを授かることができなくて、

何が原因だったのかわからずにストレスになっていたこともありましたが、

こうやって妊娠力を上げることで妊娠しやすい体になっていったんだなというのを実感しました。

妊娠力をアップする方法というのは様々な方法があります。

「なかなか赤ちゃんが授かれない」と諦めるのではなく、

自分でできることはしっかりやっていくようにしてみましょう!

スポンサードリンク

 - 妊娠

  関連記事

陣痛の痛みの逃がし方 どんな体勢がいい?呼吸法は?

約40週にわたる妊娠期間の最後にやってくる『陣痛』。 この痛みの恐ろしさゆえ、妊 …

妊娠中の動悸や息切れ 原因と対策を教えて 

妊娠中、特にお腹が大きくなってくると、息切れや動悸が激しくなってきます。 赤ちゃ …

妊婦の仰向けはいつ頃まで大丈夫?仰臥位低血圧症候群について教えて 

お腹の中で徐々に成長していく赤ちゃん。 子宮の中で大きくなっていく赤ちゃんは、お …

妊娠糖尿病とは?判断基準と予防法を教えて 

妊娠中の検診は、毎回のように尿検査。 そのたびに、オシッコに糖が含まれていないか …

安産祈願はいつ頃行くのが良い?人気があるスポットを教えて 

妊娠して週数を経過すると、徐々につわりも落ち着いてくるでしょう。 妊娠中に考える …

破水の見分け方を教えて 尿漏れやおりものとの違いをご紹介

妊婦さんがドラマなどに出てくると、事件に巻き込まれたり、そうでなくとも急に陣痛が …

臨月で眠れないときの過ごし方 胎動が激しい 夜食を食べても大丈夫?

妊娠週数37週、お腹の中で大きくなった赤ちゃんのおかげで膨らんだ重たいお腹。 既 …

妊娠の初期症状は風邪と似ている!? 違いの見分け方をご紹介

「何となく胃腸風邪っぽくて調子が悪い……ここのところストレスばっかりだったから免 …

不妊治療と仕事の両立は可能? 

結婚してパートナーとの暮らしが落ち着いてきた頃、赤ちゃんんを望むのは自然な流れな …

臨月の下痢はお産のサイン?おならもでやすい?

40週、約9か月間の妊娠期間を経て、赤ちゃんが産まれてきますが、最後の1か月間を …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です