出産・育児の不安を解決 ママ応援サイト

出産・育児の不安や悩みをお持ちのママをサポートします!

赤ちゃんの歯磨きはいつから?方法や注意点を教えて


離乳食が始まる頃、かわいい歯がようやく生えてきた…!

嬉しいけど、虫歯が心配…というママも多いのではないでしょうか。

そこで、赤ちゃんの歯磨きについて調べてみました。

スポンサードリンク

赤ちゃんの歯磨きはいつから始めるのが良い?

最初の歯が生え始めたら、歯磨きをスタートするのがいいようです。

ただし、虫歯になるのではと心配して「しっかり磨かなくては!」と気負う必要はないようです。

 

というのも最初に歯が生え始める時期は、糖分を多く含む間食はしていないことと、

よだれの分泌量が多いために自浄作用が働いていることで、口中は十分清潔に保てているからです。

ですので、はじめのうちは「磨く」というよりも、「赤ちゃんに歯磨きに慣れてもらう」ということの方が大事で、歯磨きの準備段階のようなものと考えた方がよさそうです。

こちらの動画も参考になります。

歯磨きしよう!★おかあさんといっしょ★赤ちゃん・子供向けアニメ videos for kids

 歯磨き粉は何が良い?

もちろん、大人用の歯磨き粉はNGです。

赤ちゃん用のものがちゃんと販売されていますので、それを使いましょう。

使用できる月齢が明記されているはずですので、そこもしっかりチェック。

スポンサードリンク

ただし歯磨き粉を使う場合は、基本的には「うがいができるようになってから」です。

歯が生え始めたばかりの頃は、前述の通り「きれいに磨く」ことよりも「慣れてもらう」ことの方が重要で、

歯磨きしなくても十分清潔な状態ですので、無理に歯磨き粉を使用する必要はないと思われます。

なお、うがいができない場合でも使用後にガーゼなどで拭えばOK! という歯磨き粉も販売されています。

月齢が進んで歯がたくさん生えてきて、虫歯が気になるけどまだうがいができない、という場合にはこういった商品を利用するのも一つの方法ですね。

 歯磨きの方法を教えて

最初の歯磨きは歯ブラシではなく、ガーゼや綿棒で軽く拭いてあげましょう。

しばらくはそれを行い、慣れてきたらいよいよ歯ブラシです。

 

ですが、赤ちゃんにとっては未知の物体。

びっくりしないよう、最初は歯ブラシを歯にちょっとあてるだけでおしまい。

焦らず少しずつ、を心がけましょう。

 

また、おもちゃのように赤ちゃんががじがじ噛むタイプのユニークな歯ブラシもあります。

こういったグッズを上手く利用するのもいいかもしれませんね。

赤ちゃんが慣れてきたら、歯ブラシを鉛筆持ちにして、優しく小刻みにブラッシングしていきましょう。

 注意点を教えて

上唇をめくってみると、前歯の真ん中の歯茎と上唇を繋ぐような「すじ」がありますね。

このすじ、「上唇小帯」というそうなのですが、ここに歯ブラシがあたると非常に痛いそうなので、そこに指を横に充ててガードするなどして、歯ブラシがすじに触れないよう注意して磨きましょう。

また2歳頃までは、上の前歯2本の間と、歯と歯肉の境目が虫歯になりやすいそうなので、そこを特に注意して磨きましょう。

なお、歯ブラシでのどをつかないように注意!

赤ちゃん向けの歯ブラシは、のどまでいかないようにガードつきのものがありますが、

ガードなしの仕上げ磨き用を赤ちゃんが持ってしまった時や、歯ブラシを口にくわえたまま歩き出した場合、転んでのどにささる恐れもありますので注意しましょう。

(それを取り上げると泣いたりして、また大変だったりするんですけどね…。

危ないことは危ないと、根気よく「優しく」教えましょう)

 赤ちゃんが歯磨きを嫌がる場合は?

私の子供も、嫌がってしまったクチです…。

やりかたが強引だったのか、こちらの焦りが伝わってしまったのか(笑)、嫌がってなかなか歯磨きさせてくれませんでした。

 

まず生えている歯が少ないうちは、前述のように「磨く」ことに重点を置かなくていいので、

この時期に「楽しく、リラックスして、遊びのように」歯磨きに親しんでもらうと後が楽なのかもしれませんね。

でもそれも上手くいかず、歯がたくさん生えて磨くことが大事な時期に嫌がってしまったら…。

さてどうしたものでしょう(笑)。

 

 

我が家では、某子供向け通信教育のキャラクターの力を借りました。

通信教育には絵本やDVDがついていてそのキャラクターが歯磨きする場面があったり、歯ブラシの柄にセットできる、プラスチック製の人形のようなものが付録でついていたのです。

これで万々歳! とまではいきませんでしたが、遊びの要素を取り入れつつ、少しずつ歯磨きできるようになっていきました。

あとはあまりよくないかもしれませんが、テレビを見せて気をそらせて磨く、ということもやっていました。

(「2歳まではテレビを見せない」という方針のご家庭では、2歳までは使えない方法ですが…)

 

音楽をかけたり、歌を歌いながらやったり、なるべく「楽しい雰囲気づくり」をして、

赤ちゃんが少しでもリラックスできるように工夫することが大事なのではと思います。

スポンサードリンク

 - 子育て

  関連記事

赤ちゃんの寝ぐずりの原因は?そのまま放置したら問題?対策法を教えて

赤ちゃんの寝ぐずりというのは多くのママの悩みの1つとなっています。 夜寝ている時 …

新生児の体重が増えない!原因は?対処法を教えて

元気な産声で産まれてきた赤ちゃん。 ミルクや母乳を飲んでいるように見えるのに、体 …

赤ちゃんのよだれはいつから?よだれかぶれの対策方法を教えて

かわいらしい赤ちゃんですが、赤ちゃんにはよだれがつきもの。 赤ちゃんを抱っこした …

授乳をしてもしこりが取れない 対処法を教えて

赤ちゃんが産まれたら、できることなら母乳で育てたいと思っているママ、多いことでし …

赤ちゃんのくしゃみ、鼻水で涙目 外出しも大丈夫?お風呂は?

「気がついたら赤ちゃんがくしゃみをしていた。 鼻水を出して涙目になっているし、病 …

赤ちゃんが安心する添い寝の方法とは?いつまで?ベッドと布団の違い

この記事の目次1 赤ちゃんが安心する添い寝の方法とは?1.1 (1)添い寝の良い …

赤ちゃんの発疹ができた!でも熱はないみたい どんな病気が考えられる?

毎日、赤ちゃんの様子を見ながら生活しているのに、突然赤ちゃんの体や顔にブツブツが …

赤ちゃんの愛情不足のサインとは?見逃せない3つの特徴

赤ちゃんの成長や行動というのは見ていて本当に飽きないですし、 ずっと見ていたくな …

赤ちゃんのストローデビューはいつからが良い?どうやって練習する?

生まれたばかりの赤ちゃんは、栄養のすべてを母乳やミルクから取ります。 でも、成長 …

乳児湿疹にステロイドは大丈夫?治らない場合は?副作用はリバウンドはある?

赤ちゃんの顔に赤いプツプツが! と気づいたら、もしかしてそれは乳児湿疹かもしれま …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です