出産・育児の不安を解決 ママ応援サイト

出産・育児の不安や悩みをお持ちのママをサポートします!

赤ちゃんが鼻血を出した!原因と鼻血の止め方


赤ちゃんの鼻血の原因は?

鼻血とは、鼻、鼻腔からの出血することをいいます。

鼻血の中で一番多いのがキーセルバッハと呼ばれる部位からの出血で、キーセルバッハは鼻の少し中にあり、そこには網目状に多数の毛細血管があるのです。

ここは血管が見えるほど粘膜が薄く血管があまり保護されていない状態なのです。

ここを少し刺激するだけで、血管が切れて鼻血が出てしまう場合があります。

また、ここの血管が細い為に、直接の刺激ではなくても、お風呂の後など体が温まり、血流が良くなりすぎても血管が切れて鼻血が出る場合もあります。

 

しかし、ここからの鼻血の量は多くなる事はなく、ほとんどの鼻血は、ここからなので止血も簡単です。

赤ちゃんが鼻血を出しやすいのは、この部位が大人と比べ鼻の粘膜が弱いからです。

 

この部位を粘膜の弱い赤ちゃんが、例えば鼻をかんだり、鼻をいじったりすることで傷付け出血します。

頻繁に鼻血を出すというのも、傷付けられたここにかさぶたができたのが気になり触ったり、

鼻の中がムズムズして無意識に触って傷つけているパターンがほとんどです。

 

また「大泣きしている時に突然鼻血が出た」というのは、大泣きした時には力が入るため血圧が上がり鼻血がでていると思われます。

いずれにしても、ちょっと枕で擦れたとかくしゃみなどの刺激でも出ることがありますので、一時的なものや少量であれば心配する必要はありません。

幸い、私の息子は、鼻血を出すことは稀です。

スポンサードリンク

鼻血の止め方を教えて

赤ちゃんの鼻血の正しい止め方をご紹介します。

コチラの動画も参考になります。

鼻血が出た時の対処法!

子どもが鼻血を出しても慌てず処置をしましょう☆

 

 (1)赤ちゃんを落ち着かせる。

ママが落ち着くことびっくりして、オロオロしたり、興奮すると赤ちゃんも不安になり、血圧が上がり余計に噴出してきます。

赤ちゃんを落ち着けてあげてください。

スポンサードリンク

(2)座らせるか、頭の位置を高くしてあげます。

よくある上を向かせるというのは、鼻血が逆流し、飲み込んでしまうのでやめましょう。

私も自分が鼻血を出すと上向きになり、鼻血を飲み込んでしまっていましたので、上向きになるのをやめたいと思います。

 

(3)小鼻部分をつまんで止血する。

ティッシュで周りに血が落ちないようにして、骨の無い小鼻部分をキュっとつまんであげます。

つまんで長くても5分~10分もすると鼻血が止まります。

ほとんどの場合昔ながらの“鼻にティッシュを詰める”方法をとりがちですが、弱い赤ちゃんの粘膜をさらに傷つけてしまう可能性があるためやめましょう。

もし、詰め物で血が落ちるのを防ぐ場合は、綿などのやわらかいものにしましょう。

時間をかけても止まらないという場合は小児科医の診察を受けるようにしてください。

 

鼻血の予防法は、頻繁に鼻血を出すというのは粘膜が弱いからなのですが、粘膜を強くするにはビタミンの摂取が一番です。

離乳食を食べるようになった赤ちゃんには、

粘膜を強くするビタミンA(レバー、卵、緑黄色野菜)

風邪を予防する意味でもビタミンC(緑黄色野菜、果物)の摂取を心がけましょう。

 

また、無意識に鼻の中をいじってしまう赤ちゃんには、爪を短くするなどして、鼻を傷つけることを防ぎましょう。

 

鼻血の塊が出た場合の対処法は?

鼻血といえば、「タラッと垂れたり」「ツツーッと流れたり」するイメージが強いですが、かたまりの出血が起きる場合があります。

この塊は多くの場合、鼻水と血の残りが混ざり合ったものなどで、心配の必要のないそうです。

鼻血を止める時のNG行為は?

(1)鼻の穴にティッシュをつっこむはNG!

これもティッシュを固くして患部にティッシュがしっかりと当たれば止血効果があるかもしれませんが、ティッシュを取るときに、患部を刺激してしまい、再度、鼻血が出ることがあります。

(2)顔は上を向けるはNG!

これも、血が流れてくることにびっくりしてやってしまいがちですが、鼻血がのどを通って気管に入ってしまう危険がありますのでやめましょう。

(3)首をとんとんたたくはNG!

首を叩くことによって、振動で逆に血が止まりにくくなって しまうそうです。

まとめ

人間、血をみると慌ててしまうものですが、そんな時こそ落ち着いて対処できるようにしたいところです。

何かと予測不能な子育ては、ママにとって慌てる場面が本当に多いかと思います。

初めての経験は誰でもおぼつかないものですから、ゆっくりと一つ一つ経験値と知識を身に付けていってくださいね。

 

 

息子が通ってる保育園の先生が、

「仕事として園児の保育者となり、冷静に赤ちゃんのお世話をしているけど、自分の子供の育児は不安だらけ。

分厚い育児書を買って、いろいろ調べ、悩みながら、四苦八苦している。」

といっていました。

 

ママはみんな不安・悩みを抱えながら、育児をしています。保育のプロですら、そうなんです。

みなさん、ファイト!

スポンサードリンク

 - 子育て

  関連記事

夏の赤ちゃんの水分補給はどうする?母乳だけで大丈夫?

赤ちゃんは、体の70~80%が水分と言われています。 水分の代謝も活発で、たくさ …

母乳とは何が違う?赤ちゃんに粉ミルクを与える時のルール

赤ちゃんを育てるのに母乳が大事とは聞くけれども、やむを得ない理由であげられないマ …

産後クライシスで離婚の危機!いつまで続く?原因と乗り越え方

赤ちゃんが産まれた家庭は、外から見ればとても幸せに見えるかもしれません。 けれど …

簡単にできる育児ストレス解消法

可愛い赤ちゃんのお世話をするのはパパママの大事な務め! やりがいがあって毎日が楽 …

赤ちゃんの喃語って知ってる? 赤ちゃんにとっては大事なコミュニケーションツール!

赤ちゃんといえば「ばぶばぶ」と言っているイメージがある、という方は多いのではない …

保育園に通うことで得られるメリットこんなにある!

「三歳児神話」という言葉があります。 「三歳までは母親が育児に専念するべきで、そ …

乳児湿疹にステロイドは大丈夫?治らない場合は?副作用はリバウンドはある?

赤ちゃんの顔に赤いプツプツが! と気づいたら、もしかしてそれは乳児湿疹かもしれま …

赤ちゃんが安心する添い寝の方法とは?いつまで?ベッドと布団の違い

この記事の目次1 赤ちゃんが安心する添い寝の方法とは?1.1 (1)添い寝の良い …

2ヶ月の赤ちゃんの予防接種

この記事の目次1 同時接種は可能? お風呂に入っても良い?1.1 1.2ヶ月の赤 …

花粉症対策は早めにしたい 赤ちゃんの花粉症予防法

花粉症シーズンになると、アレルギーを持っている人は、 鼻はぐずぐず涙目になって、 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です