出産・育児の不安を解決 ママ応援サイト

出産・育児の不安や悩みをお持ちのママをサポートします!

2ヶ月の赤ちゃんの予防接種


同時接種は可能? お風呂に入っても良い?

1.2ヶ月の赤ちゃんが受ける予防接種の種類は?

予防接種とは、毒性を弱めた病原体(ウイルスや細菌)や毒素を、前もって投与しておくことにより、

その病気に罹りにくくすることを予防接種といい、投与するものをワクチンといいます。

スポンサードリンク

ワクチンデビューは、生後2か月の誕生日からといわれ、

ワクチンで防げる病気(VPD)から子どもを守るためのスケジュールを立てて予防接種することが大事です。 

引用文献:『0歳からのワクチン接種ガイド』NPO法人

VPDを知って、子どもを守ろうの会編(日経メディカル開発)

ママと赤ちゃんは、1ケ月健診を終え外出の機会が増えてくると、赤ちゃんを感染症から守ることも考えなければなりません。

そこで強い味方になるのがワクチンです。

必要なワクチンを、ベストなタイミングできちんと接種すれば、病気から赤ちゃんを守れます。

信頼おける小児科を探し出し、予防接種のスケジュールを作ってもらいましょう。

こちらのページも参考になります

動画で分かる予防接種

http://lovesbaby.jp/about/movie.html

スポンサードリンク

私も住んでいる市町村の地域担当の保健師さんに評判の良い近所で開業している小児科師を紹介してもらい予防接種を始めました。

生後2か月では、定期接種のヒブ、小児用肺炎球菌ワクチン、任意接種のロタウイルス、B型肝炎ワクチンが受けられます。

 

多くのママは、自治体から予防接種のお知らせが届いてから予防接種について考えはじめましょう。

特に、2か月で髄膜炎を予防するヒブワクチンと小児用肺炎球菌ワクチンを急いで受けましょう。

2.同時摂取は可能?何種類まで?

生後6か月までに受ける必要のあるワクチンは6~7種類(接種回数は15回以上)あります。

多数のワクチンを1本ずつ受けていては接種が遅れ、確実にワクチンで防げる病気を予防することができなくなってしまいます。

 

ママの方も毎週接種のため通院しなければならず、大変です。そこで、一度に複数の免疫をつけられる同時接種が薦められています。

 

私も息子の予防接種を始めるとき、「小さな赤ちゃんに複数のワクチンを接種して大丈夫?」と思いました。

かかりつけの小児科医より、

「同時接種は、日本ではここ数年で増えてきていること。世界では当たり前のこと。欧米では生後2か月の赤ちゃんに6種類のワクチンを接種していること。世界中の小児科医が同時接種を実施しているのは、予防接種スケジュールが簡単になり、接種忘れなどがなくなる(接種率があがる)だけでなく、早く免疫をつけるというワクチン本来の目的を果たすためには必要であること。」

と説明を受けました。

 

不安でしたら、率直に小児科医に相談することをお薦めします。

 3.お風呂は入っても良い?

 予防接種後一時間経過して、特に変わった症状がなければお風呂に入っても良いそうです。

この一時間というのは、予防接種による副反応を確認するためです。

副反応が出なければ、お風呂に入っても問題はありません。

しかし、お風呂に入る場合、気をつけなければいけない点を挙げます。

予防接種を受けた箇所は、こすらない。

予防接種を受けた箇所をゴシゴシ洗うのはやめましょう。

予防接種を受けた箇所を強くこすって刺激を与えると、皮下出血を起こします。

また、その際に血管が破損し、摂取したワクチンが流れ出し、アレルギー反応を起こす場合もあります。

 

・熱のあるときは、お風呂に入らない。

予防接種後の発熱は、アナフィラキシーというアレルギー反応の一種で、症状がひどくならないようお風呂に入るのは控えましょう。

なお、この高熱は2~3日で治まるとそうなので、その間は安静にしましょう。もし治らない場合は予防接種した小児科医に相談しましょう。

 

・できるだけ、入浴時間を短めにする。

予防接種とは身体にない物質を投与するので、予防接種を受けた日は、身体は疲れます。

お風呂は短めに済ませましょう。また熱いお湯は、体力を消耗し、身体に負担をかける原因にもなるで、いつもより少しぬるめのお湯で入浴しましょう。

私の息子は、シャワー浴していました。

 

4.副反応はある?

予防接種をすることにより、感染症を防げますが、予防接種後「副反応」がみられる場合もあります。

もろ刃の剣です。

主な副反応を挙げます。

・熱が出る。

・しこりができる。

・機嫌が悪くなる。

・予防接種した箇所が腫れる。

 

 

息子が予防接種した小児科医は、

「副反応は一過性なもので、本来身体にはない物質を投与したことによる生体反応です。

2~3日で治まるので安心してください。」

と病院内の掲示板で、副反応について解説していました。

 

 

5.まとめ

予防接種をするときは、事前に病院に予約をし、当日、赤ちゃんの健康チェックをし、

母子手帳の持参、予診票の記入、オムツ・ミルク・タオル・着替え・おもちゃ等の大荷物を持ってゆかなければなりません。

ママと赤ちゃんにとって、大仕事で心身ともに疲れます。

 

私は、2ヶ月の予防接種のはじめの1回は、実家が近いため、実家の母親に同行してもらっていました。

ママたちの中には、実家が遠方で頼れる人がいない土地で暮らし、赤ちゃんを育てている方も多いと思います。

 

予防接種は、何回か経験すれば段取り良くできます。一番大切なことは、信頼のおける小児科医との出会いだと思います。

なんでも相談でき、助言も受けられ、通いやすいことが一番だと思います。

頑張ってください。

スポンサードリンク

 - 子育て

  関連記事

赤ちゃんの寝ぐずりの原因は?そのまま放置したら問題?対策法を教えて

赤ちゃんの寝ぐずりというのは多くのママの悩みの1つとなっています。 夜寝ている時 …

赤ちゃんの熱性けいれんでも慌てない 原因と対処法をご紹介

あなたの大切な赤ちゃんが、急に白目をむいて、全身をガクガク動かしはじめたら、驚き …

危ない!意外と知らない赤ちゃんに危険なことを知っておきましょう

「1歳未満の赤ちゃんにハチミツをあげてはいけない」 もちろん知ってる! という方 …

ワンオペ育児とは?何が問題なの?解決策を教えて

「ワンオペ」とはよく飲食店で使われる言葉ですね。 店をほぼ一人で回している状態を …

赤ちゃんの頭のへこみが気になる 大泉門とは? へこみの原因と対策についてご紹介

思春期に親御さんと衝突した記憶はありますでしょうか。 自分と違い既存の考えに凝り …

赤ちゃんのストローデビューはいつからが良い?どうやって練習する?

生まれたばかりの赤ちゃんは、栄養のすべてを母乳やミルクから取ります。 でも、成長 …

赤ちゃんのイヤイヤ期はいつまで? 上手な接し方を教えて

育児をしている時にママがぶつかってしまう壁の一つに子供のイヤイヤ期があります。 …

新生児の「げっぷ」が出ない、嫌がる「げっぷ」の出し方のコツをご紹介

この記事の目次1 どうして「げっぷ」が必要なの?2 「げっぷ」を嫌がる対処方法は …

新生児のしゃっくりが止まらない!原因と止め方をご紹介

生まれたばかりの赤ちゃんが、突然しゃっくりをしだして止まらない。 それも、大人よ …

赤ちゃんの歯磨きはいつから?方法や注意点を教えて

離乳食が始まる頃、かわいい歯がようやく生えてきた…! 嬉しいけど、虫歯が心配…と …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です