出産・育児の不安を解決 ママ応援サイト

出産・育児の不安や悩みをお持ちのママをサポートします!

赤ちゃんの抱き癖は問題ない? サイレントベビーになる方が怖いらしい


抱き癖は問題ない?

「抱き癖」という言葉、聞いたことありますか?

よく、年配の方が使われているように思います。

赤ちゃんが泣いていても、「抱き癖がつくから・・・」と抱っこしないでいる育児法が、推奨されていた時代があったのです。

これは、戦後アメリカから入ってきた育児法で、女性の社会進出を助けるためにちょうど良かったので、流行するようになったそうです。

 

最近の研究によれば、「抱き癖」を問題にすること自体が間違いで、問題がないどころか、

そういう問題は最初からないというほうが正しいといえます。

スポンサードリンク

抱き癖はいつからいつまで続く?

「抱き癖」に問題はない、とはいっても、赤ちゃんは抱っこが大好きなので、すぐに抱っこをせがみます。

これを「抱き癖」というなら、そうなのかもしれませんが、いつからいつまで続くというのは、あまりに個人差がありすぎて、はっきり限定することはできません。

 

ただ、赤ちゃんはすぐ幼児になり、小学生になり、中学生になり、あっという間に大人になっていきます。

抱っこをせがむのは、長くても生まれてからのほんの数年です。

 

それを過ぎると、場面によってはむしろ親に抱っこされるのを恥ずかしがって、嫌がるようにすらなってきます。

たしかに、四六時中抱っこをせがまれると疲れるし、ストレスもたまると思います。

 

大変なことは、すごくよく分かります。

スポンサードリンク

私も子供たちには長く抱っこをせがまれました。

でも、今しかないその赤ちゃんのぬくもりを、楽しむ気持ちを持ってみるのもいいものですよ。

 

泣いている赤ちゃんをそのままにしておくとサイレントベビーに なりやすい?

「抱き癖」の次は「サイレントベビー」ですが、この言葉は聞いたことがありますか?

読んだままですが、静かな赤ちゃんのことです。

 

どうして静かな赤ちゃんになるかというと、

泣いても放置され続けた結果、泣いてもムダだと悟った赤ちゃんが泣かなくなるからです。

これがとても危険な状態だということが、最近の研究で分かってきています。

 

そもそも赤ちゃんは話すことができません。

ママやパパになにか要求したいことがあっても、泣くことでしか、自己主張ができないのです。

つまり、いくら自己主張しても、誰にも相手にされなかったら、その赤ちゃんはどういう風に育っていくでしょうか?

 

ここで、サイレントベビーと呼ばれる赤ちゃんの特徴を述べましょう。

 

 

・喜怒哀楽の表現がほとんどない

・おむつの中でおしっこやうんちをしても、泣かない

・人と目を合わそうとしない

・とにかくおとなしいので、手がかからなくて周囲は満足している

 

 

それでは、こういった特徴をもった赤ちゃん、どういう風に育っていくのでしょうか?

泣いても放置され続けた赤ちゃんは、親とのコミュニケーション不足、スキンシップ不足になってしまいます。

そうなると問題になってくるのは・・・

 

 

・言葉の発達が遅い

・愛されている実感が持ちにくいために、情緒不安定になりやすい

・友達を作るのが苦手

・自己表現が苦手なことから、暴力的になりやすい

 

 

こちらの動画も参考になります。

【ニュース】赤ちゃんが笑うのはどうして? 「笑わない子ども」に考えられる原因とは

 

 

泣いたらすぐにあやすようにするのが一番良い

あなたのかわいらしい赤ちゃんがサイレントベビーになってしまうのは、怖いですね。

それを防ぐには、ママやパパが精一杯抱っこしてあげることです。

泣いたら、すぐに抱っこしてあげましょう。

どうして泣いているかは、最初は分からなくても、ずっと赤ちゃんと一緒にいたら分かります。

お腹がすいているのか、おむつが気持ち悪いのか、のどが渇いているのか、ただ甘えているのか・・・

泣いている赤ちゃんには、優しく声をかけて、要求をかなえてあげましょう。

 

それが一番自然なことだし、赤ちゃんはママやパパのの愛情をいっぱいに受けて、精神的にも安定した子供に育っていきますよ。

 

まとめ

最後に、赤ちゃんがサイレントベビーになるのを恐れるあまり、四六時中抱っこをせがむ赤ちゃんに、

トイレもお風呂も寝る時間もけずって、ずっと付き合う必要はありません。

なるべく抱っこしてあげたほうがいいには違いありませんが、できる範囲でいいのですよ。

あなたが抱っこによる疲労とストレスで倒れてしまったら、元も子もありません。

スポンサードリンク

 - 子育て

  関連記事

赤ちゃんのよだれはいつから?よだれかぶれの対策方法を教えて

かわいらしい赤ちゃんですが、赤ちゃんにはよだれがつきもの。 赤ちゃんを抱っこした …

赤ちゃんの頭のへこみが気になる 大泉門とは? へこみの原因と対策についてご紹介

思春期に親御さんと衝突した記憶はありますでしょうか。 自分と違い既存の考えに凝り …

夏の赤ちゃんのベビーカーは危険がいっぱい!対策法をご紹介

夏! 天気が良いと、赤ちゃんと散歩やお出かけしたくなるものです。   …

乳児湿疹にステロイドは大丈夫?治らない場合は?副作用はリバウンドはある?

赤ちゃんの顔に赤いプツプツが! と気づいたら、もしかしてそれは乳児湿疹かもしれま …

赤ちゃんの嘔吐と下痢 原因は食べ物?噴水のように吐いてしまう 対処法を教えて

赤ちゃんは無菌状態で生まれてきます。 生後半年くらいは、胎内でもらった免疫が効い …

赤ちゃんの頭の形を良くしたい 絶壁の治し方はある? 原因と予防法を教えて!

この記事の目次1 赤ちゃんの頭の形が悪くなる原因は?1.1 (1)いつも同じ場所 …

赤ちゃんのアトピー 原因は何?ステロイド、腸、遺伝まとめ

人間は、痛みよりも痒みに弱い生き物だといいます。 あまりに強い痛みは別として、ち …

赤ちゃんの寝相が悪い 原因は?うつぶせ寝でも大丈夫?

この記事の目次1 赤ちゃんの寝相が悪い原因を教えて2 うつ伏せ寝だと呼吸が心配  …

新生児の「げっぷ」が出ない、嫌がる「げっぷ」の出し方のコツをご紹介

この記事の目次1 どうして「げっぷ」が必要なの?2 「げっぷ」を嫌がる対処方法は …

夏の赤ちゃん 肌着は着せる?外出時と部屋にいるときは?

夏は大人でも大量の汗をかきます。 そんな大人よりもはるかに汗っかきな赤ちゃん。 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です