出産・育児の不安を解決 ママ応援サイト

出産・育児の不安や悩みをお持ちのママをサポートします!

妊娠中葉酸はいつまで飲めばいい?摂取期間を教えて


葉酸とは?

あなたは「葉酸」という言葉を聞いたことがありますか?

実は妊婦と「葉酸」は切っても切れない関係なのですよ。

 

「葉酸」とは、ビタミンの一種です。

 

ビタミンといったら、ビタミンCが美肌にいいと取り上げられることが多く、

ポピュラーですが、「葉酸」はビタミンB群の一種の水溶性ビタミンです。

最初に発見されたのがほうれん草の葉からだったので、「葉酸」と名付けられたのだそうですよ。

 

そして、この「葉酸」が、妊婦にとって、特に大切なビタミンです。

 

妊娠すると、ほとんどのビタミンが普段より多く必要となってきますが、

「葉酸」が特に大切なのは、もしも妊娠中に「葉酸」が欠乏すると、神経管閉鎖障害のリスクが高くなるからです。

 

これは死に至ることもある障害で、さらに、無脳児の生まれるリスクも高まるそうです。

このことから、厚生労働省では、

 

妊娠を計画している女性には、1日0.4mg(400μg)の「葉酸」を摂取すること

 

を呼びかけています。

スポンサードリンク

葉酸はいつからいつまで摂取すればいい?

いつから?

妊娠4週から12週くらいの初期は、胎児の細胞分裂が活発になります。

先天異常はこの時期に起こることがほとんどなので、

妊娠に気づいて産婦人科を受診してからでは遅いことがあります。

スポンサードリンク

いつ妊娠するかは、自分でもなかなか分からないので、

妊娠をのぞんでいるのなら妊娠する前から、「葉酸」を積極的に摂取することをお勧めします。

いつまで?

そして、摂取しはじめたら、気になるのはいつまで続ければいいのか、ということですね。

妊娠初期に、胎児の発育のために摂取する「葉酸」は、初期を過ぎるとママのために必要なものとなります。

 

妊娠中のママは、

血液で胎児に酸素や栄養を送るので、貧血になりやすくなります。

 

この、妊娠中の貧血を予防するために必要なビタミンも「葉酸」なのですよ。

私も、妊娠中に通った産婦人科で、「葉酸」の錠剤を処方された覚えがあります。

出産後も必要?

ここで、厚生労働省が推奨する

18歳から49歳の日本人女性が1日に摂取する葉酸の量の基準というものを紹介します。

これが1日240μgで、妊娠している女性の場合は先ほど紹介したとおり480μgです。

 

つまり、「葉酸」は妊娠していなくても必要なビタミンで、

妊娠中は普段より多めにとる必要があるわけです。

 

出産後も授乳という形で赤ちゃんに栄養を送るので、やはり「葉酸」は多めに必要です。

母乳は血液からできていますからね。

摂取する量はどれくらいが適当?

先ほどから紹介しているとおり、

妊娠している女性に必要な「葉酸」の摂取量は1日480μgです。

ただ、これがどのくらいなのか、正直分かりませんよね。

 

例をあげると、

名前の由来となったほうれん草100gをゆでて食べた場合、110μgの「葉酸」が摂取できます。

他にも、

焼きのりの1食分3gで60μg、

納豆1パックで60μg

の「葉酸」がとれます。

 

モロヘイヤや枝豆、

ブロッコリーやカボチャ、

いちごやミカンなども「葉酸」が豊富な食品

なので、積極的に食べるといいですね。

 

また、食品だけで1日の摂取量をとるのはなかなか難しいので、サプリメントも併用するといいですよ。

こちらの動画も参考になります。

妊娠中の葉酸量をほうれん草で表してみた

 

夫も摂取した方が良い?

妊娠した女性が「葉酸」を摂取したほうがよいことは、よく知られているのですが、

夫が摂取することでも、効果があるのを知っていますか?

 

夫となる男性の体内で精子が作られる段階で、染色体異常を減少させる効果があるという研究結果も発表されています。

このことから、ママのお腹の中の胎児の先天性異常の発生率も抑えられるそうです。

妊娠を計画しているのなら、夫婦で仲良く「葉酸」の摂取を心がけるといいみたいですね。

スポンサードリンク

 

 

 - 出産, 妊娠, 産後

  関連記事

逆子の胎動と普通の胎動の違いは?自覚症状はある?治し方を教えて

妊娠中の日頃の検診で、「逆子」と言われると、「帝王切開」を想像して怖くなるお母さ …

臨月の“お腹が下がる”のはいつから?内診はいつから受ける?

妊娠37~40週目、つまり10か月目のことを臨月といいます。 この時期になると、 …

臨月に吐き気や寒気がする原因は何?対策を教えて

臨月になると激しい吐き気や寒気に襲われてつらいこと、ありませんか? 妊婦さんであ …

妊娠しやすい人の特徴は?体質改善の方法を教えて

結婚して、そろそろ赤ちゃんが欲しいのにできないと悩む方、少なくないことと思います …

妊娠中の自転車 乗っても大丈夫? 流産の危険性は? 注意点を教えて

妊娠すると、時期によっては飛行機は乗ってはダメって言いますよね。 自動車は大丈夫 …

妊娠に効果的 手軽にできる温活のご紹介!

最近女性達の間で話題になっているのが「温活」というもの。 これは冷え性の方が体を …

妊娠中に猫を飼っても大丈夫?トキソプラズマの影響は?

自宅に猫を飼われている方も多いと思います。 よく猫は病気を持っていると言われてい …

妊娠中つらい“つわり” 症状と対処法

妊娠初期に多くの方が経験するといわれるのが、「つわり」。 医学的には「妊娠悪阻( …

高齢妊娠はリスクが高い?主なリスクと回避法

女性の社会進出に伴って、結婚年齢の上昇から初めての妊娠の年齢が徐々に上昇してきて …

稽留流産の手術 痛みはある?原因、費用、予防法まとめ

せっかく授かった命ですから、大事に育んで無事に産みたいし、産まれてもらいたい。 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です