出産・育児の不安を解決 ママ応援サイト

出産・育児の不安や悩みをお持ちのママをサポートします!

ベビーカーで電車に乗る時のトラブルが増えている?守っておきたいマナーとは?


電車にのっていたら、ベビーカーを押したお母さんが赤ちゃんを、

ベビーカーごと電車にのせてきた。

 

ただでさえ混んでいる電車なのに、

ベビーカーで幅をとるなんて・・・という声は少なくありません。

 

自治体や電車を営業する会社によって、ベビーカーをそのまま載せてよいところと、

畳んだほうがよいところとがあるようです。

 

しかし、最も大切なのは、お母さんの気持ち。

子供を思う気持ちと同じくらいに、周囲の方への配慮も必要なようです。

 

そんな、ベビーカーにまつわるトラブルやマナーについて、まとめてみました。

スポンサードリンク

意外と多いベビーカー事故

ベビーカーを押したお母さんが電車に乗り込む姿を見るのは、

珍しいことではなくなりました。

むしろ、見かけることのほうが多いかと思います。

それくらい、子供を持って仕事や用事、

イベントなど外出をするお母さんが増えてきているということなのかもしれません。

 

そんなお母さん方が利用することの多い電車では、

ベビーカーが絡んだ事故が多く発生しているようです。

 

最も多いのが、電車の扉でベビーカーを挟み込む事故です。

これがベビーカーがからむ事故の4割を占めるそうです。

 

2007年には、電車が扉でベビーカーを挟んだまま数百メートルを走った事故が起こっています。

また、挟み込むまではいかなくても、ベビーカーが電車に接触する事故も起こっており、

ベビーカーを挟む事故も含めると9割程度起こっているそうです。

 

原因の多くは、ベビーカーを押しながらの電車への駆け込み

さらには、ベビーカーのエスカレーターでの落下という事故も起こっています。

 

ベビーカーを押すお母さんには、それに赤ちゃんが乗っていることを意識して行動することが求められるようです。

スポンサードリンク

電車を利用する際のマナーを教えて

では、電車の中では、ベビーカーをどのように扱えばよいのでしょうか?

考慮すべきは、電車を利用している他のお客さんの状況でしょう。

 

通勤ラッシュでただでさえ混んでいる電車内で、

ベビーカーを開いたまま乗せるのはタブーと言えるでしょう。

 

もし空いている車内であれば、

ベビーカーを開いたまま乗せることも可といえるかと思います。

 

ただ、時々見かけるのが、ベビーカーに赤ちゃんが乗っていることをいいことに、

ベビーカーから手を離しスマホを操作しているお母さんの存在。

 

これでは、周囲からの理解は得られないでしょうし、

なにより発進やブレーキの時にベビーカーが勝手に動いてしまい、危険です。

 

日本はまだまだ、ベビーカーに対する理解が進んでいません。

それだけに、周囲の人の多さに対する配慮が求められるかもしれません。

 

電車内では抱っこ紐を使って赤ちゃんを抱え、

ベビーカーは折りたたむのが無難なのかもしれませんね。

こちらの動画も参考になります

駅 電車内の迷惑ランキング やはりベビーカーママもランクイン

ベビーカーで駅構内を移動する際の注意点

駅のホームは平らなように見えて、わずかに傾斜している場合があります。

駅構内を移動するときは、線路と平行に移動するようにしょう。

 

また、駅構内には、雨水を通すための側溝があります。

脱輪するとベビーカーが傾き、中の赤ちゃんが落ちてしまう危険性があります。

できるだけ、駅構内を移動するときは、中央に近いところを移動すると良いでしょう。

こんな行為はNGです。

ベビーカーを押しながらの駆け込み乗車は、ベビーカーが扉に挟まる危険性が高まります。

中に乗っている人にベビーカーがぶつかる可能性もあります。

駆け込み乗車はやめましょう。

 

また、ベビーカーをエスカレーターにのせるのは非常に危険です。

エスカレーターは1段の高さが普通の階段と比べても高いですし、

赤ちゃんが乗ったベビーカーは重たいのでこれを持ち上げるのはとても大変です。

 

さらに、エスカレーターから降りる際に、

上の段に車輪が引っ掛かりベビーカーが押し戻されることでベビーカーが落ちる危険性がないとも言えません。

ベビーカーでエスカレーターを利用するのはやめましょう。

まとめ

ベビーカーには、大切な赤ちゃんが乗っています。

また、ベビーカーは赤ちゃんを守るものでもあります。

 

扱い方を間違えると、赤ちゃんを危険な目にあわせることにもなりかねません。

周囲の人への配慮も忘れず、赤ちゃんを守り、またマナーを意識しながらベビーカーを使用してください。

スポンサードリンク

 - 子育て

  関連記事

赤ちゃんのお腹に乾燥性湿疹 原因は? ケアの仕方を教えて

  多くの赤ちゃんにできやすいのが湿疹。 どんなに気を付けても湿疹がで …

赤ちゃんが寝る時、どうしてバンザイの姿勢?

この記事の目次1 赤ちゃんがバンザイの姿勢で寝る理由は?2 胎児の頃の姿勢の反動 …

卒乳の時期、タイミングはいつごろ?どんな方法がある?

赤ちゃんが産まれてママは赤ちゃんにおっぱいやミルクをあげながら育てていくのが当た …

乳児湿疹にステロイドは大丈夫?治らない場合は?副作用はリバウンドはある?

赤ちゃんの顔に赤いプツプツが! と気づいたら、もしかしてそれは乳児湿疹かもしれま …

赤ちゃんがお風呂で泣いてしまう! その原因と対処法

この記事の目次1 はじめに2 お腹が空いている3 体調が悪い4 お風呂の最中、嫌 …

赤ちゃんが安心する添い寝の方法とは?いつまで?ベッドと布団の違い

この記事の目次1 赤ちゃんが安心する添い寝の方法とは?1.1 (1)添い寝の良い …

赤ちゃんの寝返りはいつから始まる?練習法や注意点を教えて

生まれたばかりの赤ちゃん。 体全体を自分で動かすことができないので、当然「うつぶ …

乳児湿疹の原因と対処法を教えて!いつから出来始める?

はじめての子育て、大変ですね。 どっちを向いても何もかもが分からないことだらけで …

赤ちゃんが風邪をひいた時の対処法を教えて

どんなに気を付けていても赤ちゃんは風邪を引いてしまうもの。   &nb …

3歳までの子育てがとても大事! その根拠は○○!

「3歳までがとても大事」とよく聞きますね。 「3歳児神話」なんて考え方もあります …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です