出産・育児の不安を解決 ママ応援サイト

出産・育児の不安や悩みをお持ちのママをサポートします!

妊娠検査薬で陰性でも妊娠していた!?フライング検査とは?


妊娠検査薬を使うときって、いつもドキドキしますよね。

子供がほしくてたまらないのに、

なかなか思うようにいかないときなどなおさらです。

 

私にも、生理が来るたびにがっかりしていた時期がありました。

妊娠検査薬の陰性のラインを見るたびに肩を落としていたことも何度あったことか・・・

スポンサードリンク

でも、妊娠検査薬で陰性判定が出た場合も、

妊娠している可能性があるということを知っていますか?

陰性判定が出ても、コーヒーやアルコールを飲むのはちょっと待って!!

 

妊娠検査薬の陰性とは?

そもそも、妊娠検査薬で陰性判定がでるのはどのようなときなのでしょうね?

調べてみました。

 

まず、妊娠が成立するということは、

あなたの体内の子宮内膜に受精卵が着床することです。

 

そうすると、hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)というホルモンが体内で分泌され、

赤ちゃんとあなたをつなぐ「絨毛」という糸ができはじめます。

 

妊娠検査薬は、あなたの尿の中のhCGの濃度によって、陰性か陽性かを判定するようになっています。

妊娠検査薬の説明書を見ると、

必ず「生理予定日の一週間後」から使うように書いてありますね。

 

妊娠して、hCGの濃度が一定量に達するのが、その時期以降になるそうです。

だから、生理が一週間遅れてもhCGの濃度が足りない、

つまり陰性反応が出た場合、妊娠している可能性は少ないといえます。

スポンサードリンク

妊娠検査薬のフライングとは?

あなたも、「フライング検査」という言葉を聞いたことがあるのでは?

妊娠検査薬のフライングとは、

妊娠検査薬を使う時期が早すぎたということです。

 

たとえ生理予定日がちゃんと分かっていても、その一週間を待てない気持ちはよく理解できます。

二、三日でも生理が遅れたら、赤ちゃんができたのでは!と期待してしまいますよね。

 

「フライング検査」とは、待ち切れずに早めに検査してしまうことです。

それでも陽性反応が出ることがありますが、

正確ではないので、やはり一週間待って検査することをおすすめいます。

一週間待ちましょうね。

こちらの動画も参考になります

陰性反応でも妊娠している場合がある

 生理予定日は間違っていませんか?

あなたの生理予定日、間違ってはいませんか?

生理周期は一般的に25日から38日といわれていて、個人差がかなりあります。

 

でも、自分の経験から自分の生理周期は大体分かるという人がほとんどだと思います。

それは通常は正しいのですが、

気温や体調によっても生理周期が変わってしまう場合があります。

 

そして、もしもあなたが赤ちゃんを熱望している場合など、

精神的ストレスもかかってしまうので、この場合も生理周期が変化してしまいます。

 

これらのことを考えると、基礎体温を把握して生理予定日を計算することが一番間違えにくいようです。

それでも早すぎることがあるので、

一度の陰性判定ではまだ妊娠している可能性はわずかながら残っているといえます。

水分、とりすぎてませんか?

尿中のhCGの濃度が妊娠の有無を調べるのが妊娠検査薬なので、

 

検査薬を使う前に水分をとりすぎていたら、尿中のhCGの濃度が薄まってしまいます。

 

このために陰性判定が出てしまう場合があります。

だから、検査薬を使う前は、水分をとりすぎてはいけません。

また、朝一番の濃い目の尿で検査するのもいいそうです。

 双子ちゃんがいる?

妊娠検査薬の判定基準には、hCG濃度の上限があります。

だから、hCG濃度が上がりすぎると、陰性判定を出してしまうそうです。

 

この、hCG濃度が上がりすぎる場合というのが、

あなたのおなかのなかに、双子ちゃんや三つ子ちゃんなどがいる場合です。

 

多胎児妊娠だった場合、

通常の妊娠より尿中のhCGホルモンの濃度が高くなるので、妊娠検査薬で陰性反応が出ることがあります。

 

再検査するにはいつ頃が良い?

妊娠検査薬で陰性が出ても、なにか体調がおかしい、妊娠しているのでは?と感じることがありますよね。

また、妊娠検査薬を二種類使ってしまって、違う判定が出ることもあります。

 

そんな時は、再検査を考えますね。

 

その場合、二、三日待ってからまた、

妊娠検査薬を使って検査するのがいいでしょう。

そして、最終的には産婦人科の受診をおすすめします。

 

まとめ

赤ちゃんができているかできていないか不安でいっぱいのあなた、

最後まで読んでくださってありがとうございます。

 

たとえ妊娠検査薬で陰性反応が出ても、妊娠している可能性はあるので、

自分の身体の変化を感じたら、再検査や、産婦人科の受診をお勧めします。

あなたの参考になったらうれしいです。

スポンサードリンク

 - 妊娠

  関連記事

妊娠中の肌トラブル 原因と改善法をご紹介 予防策も解説しています

お腹の中で新しい命を育んでいく妊娠。これから新しく人の親になるのだという感慨が、 …

妊娠中のストレス お腹の赤ちゃんに影響はある? 解消法を教えて

「ストレス」。 これを言ったことも聞いたこともない人というのはまず存在しないので …

妊娠糖尿病とは?判断基準と予防法を教えて 

妊娠中の検診は、毎回のように尿検査。 そのたびに、オシッコに糖が含まれていないか …

妊娠線の効果的な対策法 できやすい人の特徴、知っておきたい注意点をご紹介!

「妊娠線」……いったい何? と思われた方も多いのではないでしょうか。 「頭脳線」 …

妊娠の出生前診断 受けるメリットは?費用を教えて

結婚年齢が高くなってきているのに伴って、35歳以上で妊娠出産を経験する方が増えて …

妊婦の仰向けはいつ頃まで大丈夫?仰臥位低血圧症候群について教えて 

お腹の中で徐々に成長していく赤ちゃん。 子宮の中で大きくなっていく赤ちゃんは、お …

妊娠しやすい人の特徴は?体質改善の方法を教えて

結婚して、そろそろ赤ちゃんが欲しいのにできないと悩む方、少なくないことと思います …

妊娠中に猫を飼っても大丈夫?トキソプラズマの影響は?

自宅に猫を飼われている方も多いと思います。 よく猫は病気を持っていると言われてい …

妊娠中の肥満のリスク、出産への影響

妊娠中に太ってしまった方、 元々少し太っていた方などは、 肥満が出産に影響がある …

妊娠に効果的 手軽にできる温活のご紹介!

最近女性達の間で話題になっているのが「温活」というもの。 これは冷え性の方が体を …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です