出産・育児の不安を解決 ママ応援サイト

出産・育児の不安や悩みをお持ちのママをサポートします!

不妊治療と仕事の両立は可能? 


結婚してパートナーとの暮らしが落ち着いてきた頃、赤ちゃんんを望むのは自然な流れなのではないでしょうか。

けれど、どんなに頑張っても赤ちゃんができないことで悩むカップルは、10組に1組の割合でいるそうです。

不妊治療はどのように行われて、仕事との両立が可能なのかどうか、調べてみました。

スポンサードリンク

不妊治療と仕事の両立は可能?

不妊治療には、いくつかのステップがあります。

まず、タイミング法

経膣的に卵巣を観察して排卵期を正確に予測したり、オリモノの粘液の状態を診て卵胞の状態を診ることで、性交渉の時期を決めるものです。

 

また、採血により排卵期を正確に予測する方法もあります。

血液中のホルモンの量を調べることで、排卵の時期を特定することができます。

この場合、病院へ行く日程を指定される場合が多いため、お仕事を持っている方は急にお休みをとらなくてはならないため、

職場へのうしろめたさが感じられるかもしれません。

 

フーナーテストというものもあります。

排卵日にセックスしたあと、子宮内の精子の数や進入度を調べるというものです。

これも排卵日という指定と、翌日には必ず病院へ行かなければいけないということでは、お休みの取り方も考えなければいけません。

また、排卵が十分でない場合は、排卵誘発剤の注射や内服が行われます。

これについても、いつでも、という訳にもいかず、受診の日程や時間を指定される場合もあるようです。

 

職場へ不妊治療をしていることを伝えられるのであれば、

急なお休みが必要だったりお休みが多くなることへの理解は得られやすいかもしれません。

ただし、上司や職場スタッフからの理解が得られる場合に限られるでしょう。

お仕事が忙しい方、時間の調整がつきずらい方でしたら、仕事との両立は大変ですよね。

 

こちらの動画も参考にしてください

不妊 ミドルエイジクライシス 不妊治療どう向き合うか 先の見えない不妊治療

 

 不妊治療ってどれくらい費用がかかる?

不妊治療には、いくつかのステップがあることはお話ししました。

その中には、保険診療が適用になるものとならないものがあります。 

タイミング法などは、保険診療内なので、3割負担ですみます。

 

タイミング法でうまくいかない場合は、人工授精が行われます。

男性側の精子を取り出し、女性の子宮内へ放出するという方法です。

この場合、10万から20万程度かかります。 

 

体外受精という方法もあります。

卵子と精子双方を取り出し、体外で受精させる方法ですが、

これですと、20~30万円ほどかかるのが相場のようです。

 

さらに、顕微授精というものもあります。

顕微鏡下で卵子に精子を注入した後、子宮内へ戻すという方法です。

これでは、30~50万円程かかります。 

一般的に大学病院などでは多少安くなる傾向があるようですが、

それでもこれくらいの金額はかかるようです。

不妊治療とストレス

不妊治療にはストレスを伴います。

不妊とは

「健康な男女が子供を望んで性行為を行ているにも関わらず2年以上赤ちゃんができない状態」

といわれているように、不妊に関する要素がある方々が受けていらっしゃいます。

 

そのためか、すぐには不妊治療が成功しないケースが少なくないようです。

なかなか妊娠ができないストレスは、非常に大きいものでしょう。

 

また、お仕事をしている方なら、お仕事を休まなければいけないストレスも加わります。

忙しい時期に急にお休みを取ることのストレス、うしろめたさ、そこまで頑張っているのであれば妊娠しなければいけないというプレッシャーが更にストレスを増幅していきます。

ストレスも不妊につながる要素です。

けれど、なかなか緩和が難しいというのが実情なのでしょう。

スポンサードリンク

 高齢の場合は両立が難しい?

卵子も精子も、あなたの年齢と共に老化していきます。

また、食生活によっても卵子の元気度というものは変化していきます。

 

妊娠が難しくなっていくのは、そういったことも関係するかもしれません。

ただ、高齢の場合、ある程度社会的地位が確立されてきているため、

急なお休みが対外的な交渉のためにとれなかったりする傾向が高いのではないでしょうか。

 

そういった意味では、高齢での不妊治療は難しいのかもしれません。

また、女性の場合、更年期に近づくと排卵期が予測しずらかったりする場合もあるため(生理の間隔が一定化しない)、

本当に急なお休みが増える可能性があります。

 

まとめ

不妊に悩む人は少なくありません。

ましてや、お仕事を持っている方なら、尚のことお休みを取ることが難しいケースが少なくないので、お仕事との両立は大変になっていくかもしれませんね。

スポンサードリンク

 - 出産, 妊娠

  関連記事

出産の不安を取り除く方法は◯◯!

出産というのは女性にとって人生でも重要なイベントの1つ! 新しい家族が産まれると …

臨月で眠れないときの過ごし方 胎動が激しい 夜食を食べても大丈夫?

妊娠週数37週、お腹の中で大きくなった赤ちゃんのおかげで膨らんだ重たいお腹。 既 …

友人に出産祝いを贈りたい 相場を教えて

赤ちゃん誕生。 その一報を聞いた時はやはり素直に「良かったね」と思うのではないで …

妊娠中つらい“つわり” 症状と対処法

妊娠初期に多くの方が経験するといわれるのが、「つわり」。 医学的には「妊娠悪阻( …

陣痛中の胎動が激しく痛い 対処法を教えて

臨月に入ってくると、妊婦さんの体には様々な変化が見られるようになります。 例えば …

臨月の“お腹が下がる”のはいつから?内診はいつから受ける?

妊娠37~40週目、つまり10か月目のことを臨月といいます。 この時期になると、 …

妊娠の出生前診断 受けるメリットは?費用を教えて

結婚年齢が高くなってきているのに伴って、35歳以上で妊娠出産を経験する方が増えて …

陣痛促進剤とは?副作用や痛みは?費用について教えて

陣痛がなかなか来ない時や、破水しているのに陣痛が来ない時は「陣痛促進剤」を使って …

妊娠中の動悸や息切れ 原因と対策を教えて 

妊娠中、特にお腹が大きくなってくると、息切れや動悸が激しくなってきます。 赤ちゃ …

出産で入院準備するのはいつから?持っていって便利な物はある?

出産が初めてという妊婦さんは、恐らく入院準備するのがいつからかわからない方も多い …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です