出産・育児の不安を解決 ママ応援サイト

出産・育児の不安や悩みをお持ちのママをサポートします!

妊娠糖尿病とは?判断基準と予防法を教えて 


妊娠中の検診は、毎回のように尿検査。

そのたびに、オシッコに糖が含まれていないか、試験紙でチェックされます。

 

ある時を境に、オシッコに糖が混じるようになったら・・・? 

ショックですよね。

なぜ、そのようなことが起こるのでしょうか?

スポンサードリンク

 

妊娠糖尿病とは?

妊娠中にみられる、糖尿病に至らない程度に血糖値が高い状態のことを『妊娠糖尿病』と呼びます。

判断基準を教えて

糖尿病を判断する際には、採血直前の12時間食事をとらずに検査をする『空腹時血糖』と、

食後2時間での血糖値を検査する2時間値とでみる場合とがあります。

 

正常は、空腹時血糖が110未満、かつ2時間値が140未満の場合です。

一方で、空腹時血糖が126以上、または2時間値が200以上の場合は、糖尿病型と呼ばれます。

また、過去1~2か月の平均的な血糖値を反映する値というのがあります。

それが、HbA1Cと呼ばれるものです。

これが6.5(国際標準値)以上なら糖尿病と診断されます。

妊娠糖尿病の場合は、少し弱めの基準になっています。

経口ブドウ糖負荷試験というのがあります。

ブドウ糖を含んだドリンクを飲んでもらい、空腹時、ドリンクを飲んだあと1時間後、2時間後の血糖値を測定するというものです。

空腹時血糖が92以上、または2時間値153以上で妊娠糖尿病と診断されます。

 

予防法を教えて

血糖値をコントロールしているホルモンは、胃の後ろ側にある膵臓から分泌されるインスリンです。

妊娠中は、赤ちゃんにとっても糖分が必要であることから、

胎盤からインスリンの働きを鈍らせるようなホルモンが分泌されるため、血糖値が上昇し、妊娠中期以降になると特に血糖値のコントロールは困難になってきます。

予防法は、自宅で自分自身で血糖値を計るようにすることです。

 

また、積極的な運動がしにくくなってくる妊娠中では、運動で血糖値を下げようとすることよりも、

食事療法で血糖値を下げる方が効果的です。

 

目安としては、

妊娠初期では+50kcal

中期では+250kcal、

末期では+450kcal、

授乳期では+350kcal位が摂取カロリーとして進められています。

 

ただし、妊娠糖尿病は、肥満している妊婦さんに多いことから、肥満が心配になる妊婦さんの場合は上記には当てはまらず、

標準体重1kgあたり30kcal位を目安にして良いものと思います。

 

肥満している方以外では高齢妊婦の方、

家族に糖尿病の方がいらっしゃる場合、

過去の妊娠で高血糖を指摘された人では、妊娠糖尿病になりやすいと言われているので、注意してください。

スポンサードリンク

治療法と注意点は?

糖尿病とはいかなくても、高血糖状態が妊娠中初期からみられていると、

赤ちゃんが大きくなりすぎて巨大児になったり、

難産になったり、あるいは新生児低血糖を起こしたり黄疸などの合併症を起こす場合があるので、

血糖コントロールには注意しましょう。

 

治療法では、インスリン注射が用いられます。

妊娠中でなければ内服薬での治療も可能なのですが、内服薬の服用が赤ちゃんにとって安全か否か不明な点、

また妊娠中は厳格に血糖値をコントロールしなければいけないために、最も血糖値コントロール力の高いインスリン注射が用いられます。

ただし、急激に作用を発現すると低血糖を起こす場合もあったり、食事量が少ないのにインスリン注射量がいつもと同じだったりすると、

血糖値が低くなりすぎて倒れたりする場合があるので、注意しましょう。

こちらの動画も参考にしてください

8-1. 糖尿病女性の妊娠と、妊娠糖尿病【糖尿病3分間ラーニング】 

まとめ

特に、35歳以上の高齢妊婦さん、肥満している妊婦さんでは、妊娠糖尿病は恐ろしい病気です。

妊娠が終了しても、高血糖状態が改善せず、そのまま糖尿病になるケースも少なくないからです。

 

特に、ごはんやパンなどの炭水化物、砂糖が含まれている糖質などの食べ物は適量を押え、食べ過ぎないように注意しましょう。 

それが、自分のためでもあるし、赤ちゃんのためにもなるのですから。

スポンサードリンク

 - 出産, 妊娠

  関連記事

快適な妊娠生活を送るために自分でコントロールできる4つのポイント

前回の妊娠でつらい経験をされた女性は、 2度目の妊娠でも、また同じようにつらい経 …

友人に出産祝いを贈りたい 相場を教えて

赤ちゃん誕生。 その一報を聞いた時はやはり素直に「良かったね」と思うのではないで …

陣痛中の胎動が激しく痛い 対処法を教えて

臨月に入ってくると、妊婦さんの体には様々な変化が見られるようになります。 例えば …

臨月の下痢はお産のサイン?おならもでやすい?

40週、約9か月間の妊娠期間を経て、赤ちゃんが産まれてきますが、最後の1か月間を …

稽留流産の手術 痛みはある?原因、費用、予防法まとめ

せっかく授かった命ですから、大事に育んで無事に産みたいし、産まれてもらいたい。 …

排卵日はオリモノが変化する?症状とチェックの仕方をご紹介

恋活、婚活、朝活、老活、終活などなど……。 一昔前に比べて、いろいろな活動が増え …

妊娠初期の陣痛は流産の兆侯?安全な腰痛と危険な腰痛の見分け方とは?

妊娠が判明すると、妊娠初期症状が出てきますよね。 その症状の中には安全なものと危 …

つわりのピークはいつ?平均は?いつ終わるか気になるあなたへ読んで欲しい

大好きな人と結婚し、赤ちゃんができたときの喜びは、言葉には表しきれないものでしょ …

妊娠超早期の症状はいつから?代表的な症状をご紹介!

予定日になっても整理が来ず 「もしかして、妊娠したかも・・・?」 と考える。 妊 …

妊娠に効果的 手軽にできる温活のご紹介!

最近女性達の間で話題になっているのが「温活」というもの。 これは冷え性の方が体を …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です