出産・育児の不安を解決 ママ応援サイト

出産・育児の不安や悩みをお持ちのママをサポートします!

妊娠糖尿病とは?判断基準と予防法を教えて 


妊娠中の検診は、毎回のように尿検査。

そのたびに、オシッコに糖が含まれていないか、試験紙でチェックされます。

 

ある時を境に、オシッコに糖が混じるようになったら・・・? 

ショックですよね。

なぜ、そのようなことが起こるのでしょうか?

スポンサードリンク

 

妊娠糖尿病とは?

妊娠中にみられる、糖尿病に至らない程度に血糖値が高い状態のことを『妊娠糖尿病』と呼びます。

判断基準を教えて

糖尿病を判断する際には、採血直前の12時間食事をとらずに検査をする『空腹時血糖』と、

食後2時間での血糖値を検査する2時間値とでみる場合とがあります。

 

正常は、空腹時血糖が110未満、かつ2時間値が140未満の場合です。

一方で、空腹時血糖が126以上、または2時間値が200以上の場合は、糖尿病型と呼ばれます。

また、過去1~2か月の平均的な血糖値を反映する値というのがあります。

それが、HbA1Cと呼ばれるものです。

これが6.5(国際標準値)以上なら糖尿病と診断されます。

妊娠糖尿病の場合は、少し弱めの基準になっています。

経口ブドウ糖負荷試験というのがあります。

ブドウ糖を含んだドリンクを飲んでもらい、空腹時、ドリンクを飲んだあと1時間後、2時間後の血糖値を測定するというものです。

空腹時血糖が92以上、または2時間値153以上で妊娠糖尿病と診断されます。

 

予防法を教えて

血糖値をコントロールしているホルモンは、胃の後ろ側にある膵臓から分泌されるインスリンです。

妊娠中は、赤ちゃんにとっても糖分が必要であることから、

胎盤からインスリンの働きを鈍らせるようなホルモンが分泌されるため、血糖値が上昇し、妊娠中期以降になると特に血糖値のコントロールは困難になってきます。

予防法は、自宅で自分自身で血糖値を計るようにすることです。

 

また、積極的な運動がしにくくなってくる妊娠中では、運動で血糖値を下げようとすることよりも、

食事療法で血糖値を下げる方が効果的です。

 

目安としては、

妊娠初期では+50kcal

中期では+250kcal、

末期では+450kcal、

授乳期では+350kcal位が摂取カロリーとして進められています。

 

ただし、妊娠糖尿病は、肥満している妊婦さんに多いことから、肥満が心配になる妊婦さんの場合は上記には当てはまらず、

標準体重1kgあたり30kcal位を目安にして良いものと思います。

 

肥満している方以外では高齢妊婦の方、

家族に糖尿病の方がいらっしゃる場合、

過去の妊娠で高血糖を指摘された人では、妊娠糖尿病になりやすいと言われているので、注意してください。

スポンサードリンク

治療法と注意点は?

糖尿病とはいかなくても、高血糖状態が妊娠中初期からみられていると、

赤ちゃんが大きくなりすぎて巨大児になったり、

難産になったり、あるいは新生児低血糖を起こしたり黄疸などの合併症を起こす場合があるので、

血糖コントロールには注意しましょう。

 

治療法では、インスリン注射が用いられます。

妊娠中でなければ内服薬での治療も可能なのですが、内服薬の服用が赤ちゃんにとって安全か否か不明な点、

また妊娠中は厳格に血糖値をコントロールしなければいけないために、最も血糖値コントロール力の高いインスリン注射が用いられます。

ただし、急激に作用を発現すると低血糖を起こす場合もあったり、食事量が少ないのにインスリン注射量がいつもと同じだったりすると、

血糖値が低くなりすぎて倒れたりする場合があるので、注意しましょう。

こちらの動画も参考にしてください

8-1. 糖尿病女性の妊娠と、妊娠糖尿病【糖尿病3分間ラーニング】 

まとめ

特に、35歳以上の高齢妊婦さん、肥満している妊婦さんでは、妊娠糖尿病は恐ろしい病気です。

妊娠が終了しても、高血糖状態が改善せず、そのまま糖尿病になるケースも少なくないからです。

 

特に、ごはんやパンなどの炭水化物、砂糖が含まれている糖質などの食べ物は適量を押え、食べ過ぎないように注意しましょう。 

それが、自分のためでもあるし、赤ちゃんのためにもなるのですから。

スポンサードリンク

 - 出産, 妊娠

  関連記事

多胎・双胎 妊娠 原因を教えて! リスクはある? 双子を産む確率を上げる方法は?

双子、三つ子、四つ子、五つ子、 自分が小さな頃は、同時に生まれる兄弟がそんなにた …

妊娠したのかも?知っておきたい妊娠検査の方法

月経が遅れている女性。 月経がないけれど特別に妊娠の兆候が見当たらない女性。 長 …

切迫流産の初期、中期の症状は?

赤ちゃんを授かったお母さんは、「無事に産まれてきますように」と無意識に、 頭のど …

臨月の下痢はお産のサイン?おならもでやすい?

40週、約9か月間の妊娠期間を経て、赤ちゃんが産まれてきますが、最後の1か月間を …

妊娠中つわりで痩せてしまった 赤ちゃんに影響はある? 発症リスクが高まる疾患と対策をご紹介

妊娠初期に酷い悪阻(つわり)に悩まされるお母さんは少なくないはずです。 悪阻のた …

妊娠しやすい体質へ 妊娠力アップ4つの方法

可愛い赤ちゃんを授かりたい!と思っている方にとって気になるのは、 「自分が妊娠で …

赤ちゃんの胎動はいつから始まる?何してる?しゃっくりをする子もいる?

妊娠中の女性がママになることを実感する瞬間として、「胎動」がありますよね。 ポコ …

出産で入院準備するのはいつから?持っていって便利な物はある?

出産が初めてという妊婦さんは、恐らく入院準備するのがいつからかわからない方も多い …

妊娠中の肌トラブル 原因と改善法をご紹介 予防策も解説しています

お腹の中で新しい命を育んでいく妊娠。これから新しく人の親になるのだという感慨が、 …

臨月は運動した方が良い?破水が心配でどれ位運動した良いのか教えて

妊娠中だからといって、運動してはいけないわけではありません。 むしろ、お産やその …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です