出産・育児の不安を解決 ママ応援サイト

出産・育児の不安や悩みをお持ちのママをサポートします!

切迫早産の症状とは?自宅で安静する必要がある?


切迫早産の症状とは?自宅で安静する必要がある?

妊娠して早く赤ちゃんの顔が見たいとは思うけれども、あまり早く出てき過ぎるのも問題なんです。

切迫早産について、まとめてみました。

スポンサードリンク

 

切迫早産の症状を教えて

正期の出産週数は37週0日から41週6日までで、これ以前に出産することを早産といいます。

また、正期産以前に出産しそうになる、早産一歩手前の状態になることを、切迫早産といいます。

 

正期産では、子宮口である子宮頸管が開き、赤ちゃんと羊水を守っている羊膜が破れて破水が起こり、

定期的な子宮収縮が起こることで赤ちゃんが押し出されます。

 

切迫早産ではこれらのうち、子宮口の開大、破水、子宮収縮が起こることで赤ちゃんが出てきそうになります。

その原因は、子どもが奇形である場合や多胎(双子以上の妊娠)、羊水過多症、頸管無力症、最も多いのが膣の感染です。

治療法は切迫早産の原因や症状によって異なります。

 

頸管無力症であれば子宮頸管縫縮術といって、子宮口を縫合することで閉じる方法です。

この場合、出産は帝王切開になります。

 

また、定期的な子宮収縮が起こり切迫早産となっている場合は、子宮収縮を抑える薬が用いられます。

膣内感染が認められた場合は、抗生物質を使用、また赤ちゃんに感染が及ばないよう、早期に出産し治療が行われます。

 

さて、本題の切迫早産の症状について。

出産時と似たような現象が起こるため、症状も出産直前と似たような症状を呈します。

子宮の定期的な収縮が繰り返されるので、軽い陣痛のような症状が見られます。 

つまり、下腹部痛と腰から骨盤にかけての重たさ、痛みを自覚します。

また、子宮口が開くので、陰部の不安定な感覚が得られ、場合によっては『おしるし』という、

出血を伴う症状が見られる場合があります。

 

予防する方法は?

切迫早産の原因の中で予防が可能なのは、『感染』のみかもしれません。

下着は清潔なものを使用し、妊娠期間中の性生活には特に注意が必要かもしれません。

また、定期的に医師を受診し、状況を確認していただくのも、必要な予防法となります。

 

 

入院する期間はどれくらい?

切迫早産を起こした妊娠週数によって、入院期間はまちまちです。

妊娠週数34週以前に生まれた赤ちゃんでは、呼吸機能の発達が未熟で、

産まれてきても自力での呼吸が難しいといわれています。

 

そのため、切迫早産を起こした週数から最低在胎34週までは母胎内に赤ちゃんが残るよう、治療が施されます

なので、入院期間は、切迫早産を起こした週数から34週までの間、ということになるでしょうか。

 

子宮口の開大がさほどでもなければ外来でも治療は可能ですが、

子宮口の開大が見られる場合は、入院して24時間点滴と安静が要求されます。

点滴の内容は、子宮収縮を抑制するお薬で、自律神経のうちの交感神経を刺激するお薬のため、少々副作用を伴うようです。

スポンサードリンク

 入院費用は?

入院費用に含まれるのは、

・治療費 

  ・食事代、場合によっては病衣代 

  ・差額のベッド代(個室などを利用した場合) 

となります。

 

食事代と差額ベッド代は、基本的にはすべて自己負担となります。

治療費を合わせた金額は、一日当たり総額で1万円くらいになるでしょうか。

実際に払う金額は、自己負担割合によって変わるため、

2割負担の方であれば1日あたり3千円程になるでしょう。

まとめ

何等かの原因によって引き起こされる切迫早産

その大部分が、感染を原因としているようです。

感染であれば、多くの場合予防が可能かもしれません。

 

早産で生まれた赤ちゃんは、体も小さく、しばらくは治療器の中で育てられます。

すぐにはママは赤ちゃんとは対面できないんですよね。

 

そのため、予防できるものはできる限り予防するように努めましょう。

元気な赤ちゃんの顔を見るためにも。

スポンサードリンク

 - 出産

  関連記事

破水しても陣痛はこない?原因は?対処法を教えて  

陣痛は来ていないのに破水する事があります。 破水しているにも関わらず、陣痛が同時 …

芸能人に増えている!?水中出産って何?メリットとデメリットを教えて

皆さんは水中出産というのを聞いたことがありますか? 今この水中出産というのが、芸 …

初産の臨月 有意義な過ごし方 運動、外出、運転は大丈夫?

初産、これからおこる陣痛、出産、子育ての不安や楽しみを感じながら過ごしていること …

友人に出産祝いを贈りたい 相場を教えて

赤ちゃん誕生。 その一報を聞いた時はやはり素直に「良かったね」と思うのではないで …

出産の入院準備 便利・必要な物リストをご紹介

お腹がいよいよ重くなってきて出産する産院も決まり、 赤ちゃんは順調、あとは産むだ …

臨月の“お腹が下がる”のはいつから?内診はいつから受ける?

妊娠37~40週目、つまり10か月目のことを臨月といいます。 この時期になると、 …

妊娠糖尿病とは?判断基準と予防法を教えて 

妊娠中の検診は、毎回のように尿検査。 そのたびに、オシッコに糖が含まれていないか …

妊娠初期の陣痛は流産の兆侯?安全な腰痛と危険な腰痛の見分け方とは?

妊娠が判明すると、妊娠初期症状が出てきますよね。 その症状の中には安全なものと危 …

出産の不安を取り除く方法は◯◯!

出産というのは女性にとって人生でも重要なイベントの1つ! 新しい家族が産まれると …

妊婦の仰向けはいつ頃まで大丈夫?仰臥位低血圧症候群について教えて 

お腹の中で徐々に成長していく赤ちゃん。 子宮の中で大きくなっていく赤ちゃんは、お …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です