出産・育児の不安を解決 ママ応援サイト

出産・育児の不安や悩みをお持ちのママをサポートします!

安産祈願はいつ頃行くのが良い?人気があるスポットを教えて 


妊娠して週数を経過すると、徐々につわりも落ち着いてくるでしょう。

妊娠中に考えることは、ともかく母子ともに健康であること、そしてお産が安らかであることでしょう。

日本には古来から、安産を祈願する風習がありました。

いったい、いつのことなのでしょう?

スポンサードリンク

 

安産祈願はいつ頃に行くのが良い?

神社へ行くと、安産のお守りなども頂戴することができます。

神社は「八百万の神々が祀られている場所」といわれ、

また菅原道真公のように「亡くなって神となった方々が祀られている場所」でもあります。

 

そんな神々に、安らかなお産と、赤ちゃんの健やかな成長を願うのが「安産祈願」です。

安産祈願は、妊娠から5か月目の最初の戌の日に行くのが良いとされています。

 

ただ、妊娠しても仕事を持ち毎日忙しく、

なかなかその日に安産祈願に行くことが難しい方もいらっしゃるでしょう。

なので、最近では、戌の日であればいつでも良いとされているようです。

 

あるいは、戌の日にこだわらず、妊娠5か月目に行けばそれでよいという方々もいらっしゃるようです。

また、大安か仏滅か、というところも気になるところですが、もし戌の日が仏滅だったとしたらどうするか?

戌の日であることが優先されるようです。

 

なので、仏滅であってもあまり気にしなくても良いようです。

もし、友引であれば、同じく妊娠しているお友達にも、良いお産の念をお伝えすることができるかもしれませんね。

安産祈願をし、そろそろ大きくなってくるお腹を腹帯で支え、

姿勢を保って腰痛などを予防しその後の妊娠期間も健やかに過ごすことが、安産祈願には含まれているのかもしれません。

 

 

戌の日に行くと良いといわれる理由は?

犬は子だくさんです。

一度に3~5匹程度の子犬を産みます。

しかし、お産が軽いのだそうです。

戌の日に良いとされるのは、これが所以だそうです。

 

服装は?

妊娠5か月だと、そろそろ下腹から膨らみ始めている時期かと思います。

そんな状態なので、スキニーのジーンズやタイトなスカートは、妊婦としても不向きと言えるのかもしれません。

無難なのは、ワンピースです。

 

マタニティウェアでももちろん結構です。

神社でお祓いをしてもらうときには、立ったり座ったりを繰り返すこともあるので、姿勢を変えることが楽にできる服装が無難かと思います。

神社によっては、お祓いを受ける場所へは裸足、あるいは備え付けのスリッパで上がるというところもあります。

 

特に、冬場に安産祈願を迎える方であれば、足元からお腹が冷えないように、靴下を履いていかれると良いかと思います。

ワンピースだと、脚からお腹にかけて空気が抜けていくので、冬場にはお腹が冷えやすい環境になります。

 

少しはやめかもしれませんが、腹帯や腹巻をして、お腹の冷えを予防していきましょう。

夏場では、エアコンが効いていて冷えるという場合もあります。

おおよその室温などをあらかじめ聞いておいてから、お伺いするのも良いかと思います。

スポンサードリンク

人気のスポットをご紹介

まずは、1517年建立の厳島神社

祈願料が3000円とリーズナブルで、腹帯をしていくと朱印を押してくれるそうです。

 

東京中央区にある水天宮も、安産祈願では有名な神社

なんでも、護符を切って飲むとお産が軽くなるのだとか。

また、水天宮の周囲には、マタニティグッズを扱っているお店も多いようで、

安産祈願の神社であることを物語っています。

こちらの動画も参考になります。

111028水天宮で安産祈願.AVI

 

最後に、長野県諏訪市にある諏訪大社

こちらにある柄杓は、底がありません。

柄杓の底がないことで、ここを水が通るように、お産が軽く済むようにという意味なのだそうです。

 

私も、下の子の安産祈願では、諏訪大社の分社へお参りしました。 

たしかに、安産でしたね。

 

まとめ

「産みの苦しみ」という言葉があるように、出産は苦しむものという印象が強いかと思います。

神様へ祈りを捧げ、母はお産を軽く、子は無事に生まれることを願って、どうぞお参りしてください。

スポンサードリンク

 

 

 - 出産, 妊娠

  関連記事

妊娠線の効果的な対策法 できやすい人の特徴、知っておきたい注意点をご紹介!

「妊娠線」……いったい何? と思われた方も多いのではないでしょうか。 「頭脳線」 …

陣痛中の胎動が激しく痛い 対処法を教えて

臨月に入ってくると、妊婦さんの体には様々な変化が見られるようになります。 例えば …

妊婦の仰向けはいつ頃まで大丈夫?仰臥位低血圧症候群について教えて 

お腹の中で徐々に成長していく赤ちゃん。 子宮の中で大きくなっていく赤ちゃんは、お …

妊娠したのかも?知っておきたい妊娠検査の方法

月経が遅れている女性。 月経がないけれど特別に妊娠の兆候が見当たらない女性。 長 …

臨月の“お腹が下がる”のはいつから?内診はいつから受ける?

妊娠37~40週目、つまり10か月目のことを臨月といいます。 この時期になると、 …

切迫流産の初期、中期の症状は?

赤ちゃんを授かったお母さんは、「無事に産まれてきますように」と無意識に、 頭のど …

出産の不安を取り除く方法は◯◯!

出産というのは女性にとって人生でも重要なイベントの1つ! 新しい家族が産まれると …

アーモンドは栄養満点 妊婦さんにもおすすめ!効能と注意点

アーモンドは栄養価が高い食べ物で、妊婦さんにもオススメの食材と言われています。 …

快適な妊娠生活を送るために自分でコントロールできる4つのポイント

前回の妊娠でつらい経験をされた女性は、 2度目の妊娠でも、また同じようにつらい経 …

卵子の冷凍が未婚女性に人気!?卵活とは

結婚よりも卵子の凍結保存を希望する女性が増えていると言われています。 いまでは格 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です