出産・育児の不安や悩みをお持ちのママをサポートします!

出産・育児の不安を解決 ママ応援サイト

産後

産後の頭痛や吐き気に困っている!原因と対策を教えて

投稿日:

Pocket

出産を終えて、さあ育児を頑張ろうと思っていた矢先に頭痛や吐き気。

頭痛は、すべてに対するやる気をそぎ、動く気力まで奪ってしまいます。

 

また、吐き気があると食欲がわかず、せっかく母乳で育てようと思っていても、

なかなか必要な栄養がとれなくなってしまいます。

 

どうしたらよいのでしょうか?

スポンサードリンク

産後に目の奥が痛くなり頭痛がする原因は?

産後に起こりやすい頭痛には、2つの原因があるようです。

一つは、出産時の出血による貧血です。

出産では、大量の出血を伴います。

酷い人では輸血しながら出産を迎える人もいるとか。

それくらいひどい出血なのです。

これによって起こる頭痛。

 

二つ目は骨盤のゆがみによって起こる頭痛です。

骨盤のゆがみや、骨盤の後ろ側にある関節(仙腸関節)の緩みによって、

それより上にある脊椎全体にストレスがかかり、頸の部分で神経や血管を圧迫する結果起こる頭痛。

後者で起こるのは、緊張性頭痛といわれます。

 

神経や血管の圧迫だけではなく、脊椎の不安定性により首周辺の筋肉が緊張している結果、

そこからつながっている頭の上にある筋肉までも緊張し痛みを出してしまうというものです。

 

産後に起こりやすいといわれる、目の奥が痛くなりやすい頭痛は、どちらかというと前者が原因です。

片頭痛とも言います。

 

頭の奥というよりも目の奥が、何か鋭いものを押しあてられているように痛みます。

片頭痛は、急激に脳の血管が広がって血流がよくなることで起こるといわれています。

片頭痛を起こすと、吐き気を伴います。

 

また、片頭痛は、ストレスによっても起こりやすいといわれています。

産後、赤ちゃんを育てながら、しんどさ、ストレスを抱えている人は多いかと思います。

そういった場合にも、片頭痛が起こるといわれています。。

 

こちらの動画も参考にしてください↓

産後の頭痛の改善.flv

対処法を教えて

骨盤のゆがみによって起こる頭痛の場合は、骨盤ベルトを使用するなどして仙腸関節をまずは締めてあげましょう。

赤ちゃんが産まれてからのママさんは、椅子に腰かけて母乳やミルクを与える機会が多いものです。

その際、赤ちゃんの顔を見ながら授乳することが多いのではないでしょうか。

 

座ったまま前かがみの姿勢を取って授乳しながら赤ちゃんの顔を覗き込む。

首が前にでて首のまわりの筋肉が緊張します。

これによって緊張性頭痛が起こることもあります。

 

このような場合は、首の付け根、ここにツボがありますが、そこを両手の親指でぐっと押しててあげましょう。

すこしすっきりしてきますよ。

 

また、片頭痛の場合はどうでしょうか?

頭の血流が急激に良くなることで片頭痛が起こるといわれていますので、体の方の血流もよくしてあげましょう。

お風呂にゆっくりと入ってみるのはどうでしょうか?

緊張性頭痛もそうですが、体の血流がよくなることで頭の血流が急激によくなるのを少しですが抑えてくれます。

スポンサードリンク

頭痛と吐き気、両方する場合の対処法は?

片頭痛に吐き気を伴う方は結構多いはず。

この両方を良くする方法はないものでしょうか?

 

たとえば、血流をよくするようなコーヒーなどカフェインが含まれているものは避けましょう。

またカフェインを含んでいるチョコレートなども控えましょう。

 

頭痛が激しくて吐き気も伴うとき、屋外や建物の中でも人のざわつく声や、

髪を握りつぶすときのような高周波数音も耳に衝き、痛みや吐き気を助長する場合があります。

できるだけ静かな環境でソファなどで横になり、ゆったりとした気分で過ごすのが一番です。

 

まとめ

出産後、多くの方が頭痛に悩まされます。

ただ、出産前、妊娠前に頭痛などが強かった人は、妊娠すると頭痛がでないという場合もあります。

 

産後は慣れぬ育児でストレスがたまり、それが原因で頭痛を起こすっ人があるほど。

なので、時間を見つけて、あるいは赤ちゃんをご主人や母(義母)などにお願いしてゆったりとお風呂に使ったり、のんびり過ごすことをお勧めします。

スポンサードリンク

-産後

Copyright© 出産・育児の不安を解決 ママ応援サイト , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.