出産・育児の不安や悩みをお持ちのママをサポートします!

出産・育児の不安を解決 ママ応援サイト

産後

産後の骨盤矯正はいつから始める?骨盤ベルト、整体での矯正方法

投稿日:

Pocket

出産後の骨盤矯正、いまでは常識になりつつあります。

けれど、なぜこの時期に骨盤矯正が必要なの?と思うママさんも多いはず。

そんな、産後の骨盤矯正について、まとめてみました。

スポンサードリンク

産後の骨盤矯正はなぜ必要?

あまり気づかないのですが、骨盤には、3つの関節があるんですよ。

そのうち骨盤矯正の面で最も気にかけられているのが、腰のあたりにある2つの関節。

仙腸関節といいます。

 

骨盤のゆがみでズレを生じるのはこの関節です。

この二つの関節の間にあるのが仙骨という骨。

この骨は、腰椎につながっています。

仙骨の傾きは、腰椎の反り返りの角度に大きく影響します。

そしてかつ、腰椎の反り返りの角度は、それより上の背骨の構造に大きく影響します。

上半身全体の状態のカギになるのが、この仙骨や腰椎と言っても過言ではありません。

 

ところで、なぜ産後の骨盤矯正が必要になるのでしょうか?

出産のとき、赤ちゃんの頭が通るようにこの仙腸関節が緩むのです。

 

実際には、全身の関節が、出産に関係するホルモンの影響で、少しずつ緩んでいきます。

そして、この関節は、産後6か月をかけてゆっくりと閉じていきます。

その時にゆがみやズレが残ったままで閉じてしまうと、

骨盤の中に納まっている内臓などの血流が悪くなったり、

姿勢が悪くなることで体調を崩しやすくしてしまうのです。

 

加えて、骨盤のゆがみを生じると、全身の右と左の筋力のバランスも悪くなります。

また、上半身の姿勢も悪くなって、肩こりや頭痛が起こることもあるのです。

産後の骨盤矯正は、とても必要なのですよ。

スポンサードリンク

いつから始めればいい?

産後2か月頃から始めると良いといわれています。

産後すぐでは、出産の疲れがのこっていたり、初産のママでは子育ての疲れがあったり。

 

また、悪露(おろ)がまだでている時期なので、悪露を出し切ってしまってからの方が良いかと思います。

産後2か月目からなら、体調も安定し、出産の疲れも癒えてくるころだと思いますので、この頃から始めるとよいでしょう。

 

こちらの動画を参考にして下さい↓

ベビカム「産後ママにおすすめ!骨盤矯正エクササイズ」

骨盤ベルトで矯正できる?効果は?

骨盤ベルトも矯正力はありますが、できることなら体操も合わせて行うとよいでしょう。

整体で矯正する

最近は、産後のママの骨盤のゆがみを専門に見てくれる整体が増えてきています。

骨盤そのものを動かして矯正してくれるもの、脚を動かしながら骨盤を矯正する方法。

姿勢も一緒にみてくれて、かつ筋肉のアンバランスも一緒にみてくれるもの。

整体での矯正も良いですよ。

骨盤が矯正されるとどう体に良い?

骨盤が矯正されると、どうなるのでしょうか?

まず、見た目の脚の長さが同じになるので、歩いているときにどちらか一方に傾くということがなくなります。

体の下支えをする脚のバランスがよくなります。

 

次に上半身です。

先ほどもお話ししましたが、骨盤にある仙骨という骨。

上半身にある背骨の角度に影響します。

骨盤矯正、つまり仙骨角度が矯正されると、上半身の姿勢がよくなります。

このことで、猫背を予防することができるので、猫背からくる肩こりを予防できます。

肩こりはひどくなると、筋肉性の頭痛を招くことがあるほど。

 

加えて、骨盤矯正が十分に行われないと、

上半身にある内臓の重さが、骨盤内にある腸や子宮などの臓器に重くのしかかります。

すると、血流が悪くなり、そこから臓器の機能不全を起こすことがあります。

 

腸が十分に動いてくれなければ、便秘になることがあります。

また、子宮に腸などの内臓の重さがすべてかかれば、酷いときには月経不順を起こすことだってあり得るのです。

骨盤を矯正することは、全身にとって必要なことなのです。

産後、6か月以内にできるだけ骨盤矯正を行って、体調も基に戻しましょう。

スポンサードリンク

-産後

Copyright© 出産・育児の不安を解決 ママ応援サイト , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.