出産・育児の不安を解決 ママ応援サイト

出産・育児の不安や悩みをお持ちのママをサポートします!

臨月の下痢はお産のサイン?おならもでやすい?


40週、約9か月間の妊娠期間を経て、赤ちゃんが産まれてきますが、最後の1か月間を「臨月」と言いますよね。

この時期になると、ホルモンのバランスが改めて変化してくるので、体に様々な変化が出てきます。

スポンサードリンク

 出産が近いと下痢になったり、おならが出やすくなる?

臨月になると、それまでとは体調が変わってきます。

特に変化するのは、便通です。

 

便秘気味だった人は普通の便通に、普通の便通だった人は下痢気味になったりします。

自分がどうだったか、実は、あまりよく覚えていないのですが、

確かに便は緩かったような気がします。

 

私が一人目を妊娠していた時は、臨月は真冬の11月だったので、尚のことお腹が冷えて下痢しやすくなっていた気がします。

また、よくガスがたまり、おならが出るそうです。

たしかに、よく出てたな~。

 

これは、妊娠を維持するために分泌される黄体ホルモン(プロゲステロン)と呼ばれるホルモンの分泌が減るからだそう。

よく、月経直前に下痢をしたりガスがたまっておならが出そうになったりしませんでしたか?

ホルモンバランスの変化やその時の症状は、月経前の体の変化によく似ています。

スポンサードリンク

 下痢を軽減するため食習慣を見直す

出産を目の前に控えて下痢気味なんて…

出産するときに下痢をしやしないかとハラハラします。

陣痛の最中に、トイレに行かせてくれるので、大丈夫なんですけどね。

 

とにかく、臨月の下痢は何とかしなければいけません。

食生活で良い方法はないでしょうか?

 

まず、消化しやすい食べ物を摂取するようにしましょう。

うどんやお蕎麦、パスタやパンなどは消化しやすく、腸に負担がかかりません。

また、それらはできれば、温かい状態で食べるようにしましょう。

冷たいものを食べてばかりいると、腸が刺激されさらに下痢しやすくなってしまいます。

 

そして、食物繊維を含むものを、食べるようにしましょう。

特に、さつまいもの食物繊維はお腹に良いといわれます。

特に妊娠前に便秘がちだったかたは、できるだけ食べるようにしましょう。

そして、ヨーグルト!

腸内細菌のバランスを整えてあげましょう。

悪玉菌が増えると、ガスが溜まりやすくなります。

おならの回数が増えてしまいますものね。

関連記事はこちら

臨月で眠れないときの過ごし方 胎動が激しい 夜食を食べても大丈夫?

初産の臨月 有意義な過ごし方 運動、外出、運転は大丈夫?

初産の臨月 有意義な過ごし方 運動、外出、運転は大丈夫?

 

 陣痛と下痢の痛みの違い

下痢も酷くなると、お腹の痛みを伴います。

臨月ともなると、お腹の痛みは即「陣痛」を思い起こさせます。

 

では、下痢でのお腹の痛みと、陣痛とはどう違うのでしょうか?

 

陣痛は月経痛と同じように、恥骨のやや上あたりが痛みます。

 

何かで刺されたような、鋭い痛みを感じます。

 

一方

下痢の場合は、おへそのやや下あたりに痛みを感じるケースが多いようです。

 

出産後、下痢でお腹が痛くなったとき、たまに臨月での下痢や陣痛を思い出すことがあります。

 

こんな症状がでたら病院へ行きましょう

臨月になると現れる下痢ですが、この下痢に吐き気や嘔吐が伴ったら、ホルモンバランスの乱れによる下痢とは言えなくなります。

感染性の胃腸炎の可能性が高くなります。

頻回の下痢や食べてもすぐにはいてしまうような嘔吐であれば、胃腸炎を疑い病院を受診したほうがよいかと思います。

 

まとめ

臨月になると、様々な症状が出始めますが、下痢になると常にトイレがどこにあるか気になって仕方なく、外出が困難になる場合もあります。

おならが増えてしまうと、ところ構わず出てしまう可能性があり、我慢しようと思っても難しいことがほとんどです。

 

更に、食べるものが一つに偏ってしまうと、ガスには匂いがつきやすくなります。

食事内容を見直して下痢が酷くならないようにすること、さらにガスがたまらないようにすることを心がけてください。

スポンサードリンク

 - 妊娠

  関連記事

妊娠中のストレス お腹の赤ちゃんに影響はある? 解消法を教えて

「ストレス」。 これを言ったことも聞いたこともない人というのはまず存在しないので …

妊娠中つわりで痩せてしまった 赤ちゃんに影響はある? 発症リスクが高まる疾患と対策をご紹介

妊娠初期に酷い悪阻(つわり)に悩まされるお母さんは少なくないはずです。 悪阻のた …

破水しても陣痛はこない?原因は?対処法を教えて

陣痛は来ていないのに破水する事があります。 破水しているにも関わらず、陣痛が同時 …

妊娠中の風邪薬は大丈夫?おすすめの治療法は

妊娠中はできれば風邪をひきたくないですよね。 風邪をひいてしまうと母体だけでなく …

妊娠の出生前診断 受けるメリットは?費用を教えて

結婚年齢が高くなってきているのに伴って、35歳以上で妊娠出産を経験する方が増えて …

妊娠糖尿病とは?判断基準と予防法を教えて 

妊娠中の検診は、毎回のように尿検査。 そのたびに、オシッコに糖が含まれていないか …

陣痛の痛みの逃がし方 どんな体勢がいい?呼吸法は?

約40週にわたる妊娠期間の最後にやってくる『陣痛』。 この痛みの恐ろしさゆえ、妊 …

妊娠中の肌トラブル 原因と改善法をご紹介 予防策も解説しています

お腹の中で新しい命を育んでいく妊娠。これから新しく人の親になるのだという感慨が、 …

胎児の性別はいつ分かる?間違えたりはしない?

お腹に新しい命が宿って、だんだん大きくなっていくお腹を見ながら周囲の人々からかけ …

アーモンドは栄養満点 妊婦さんにもおすすめ!効能と注意点

アーモンドは栄養価が高い食べ物で、妊婦さんにもオススメの食材と言われています。 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です