出産・育児の不安や悩みをお持ちのママをサポートします!

出産・育児の不安を解決 ママ応援サイト

出産

へその緒が首に絡んで逆子になっている!?無事に出産できる?

投稿日:

Pocket

妊娠中、大きくなっていく子宮の中には、赤ちゃんと胎盤、そこから延びるへその緒(臍帯)と羊水があります。

子宮の中で動き回っている赤ちゃんのことを考えると、

「へその緒がどこかに巻き付いたりしないのかしら?」と考えてしまうことがあります。
ただ、実際、体のどこかに巻き付くことはあるようです。

スポンサードリンク

へその緒が胎児の首に絡まる確率はどれくらい?

へその緒が胎児の体に巻き付くことを「臍帯巻絡(さいたいけいらく)」と言い、

そのうち、頸部に巻き付くことを「臍帯頸部巻絡(さいたいけいぶけいらく)」と言います。

 

胎児の20~25%程度に臍帯巻絡を認め、

そのうちの95%が臍帯頸部巻絡だそうです。

なので、さほど珍しいものではないようですね。

 

へその緒が首に絡まっている状態だと、赤ちゃんの首が絞めつけられるのでは?と心配になりますよね。

赤ちゃんは羊水の中でプカプカと浮かんでいて、

臍帯もその中で動いているので、首に絞めつけられることはないようです。

 

ただ、へその緒の首への絡まりの回数によっては、分娩時に赤ちゃんの死亡につながるケースもあるようです。

1回や2回、赤ちゃんの首に巻き付いているケースは、分娩時の危険はないようです。

なので、通常の経膣分娩が行われることが多いそうです。

 

また、経膣分娩で赤ちゃんの頭部が出てきたところで、頭部の色を見て、

チアノーゼという紫色にうっ血した状態になっている場合には、早急にへその緒を切る作業が行われます。

 

3~4回、首にへその緒が巻き付いているケースでは、新生児死亡に至ることが多いようです。

 

場合によっては、帝王切開を選択する場合もあります。

 

へその緒とは、胎盤を通して赤ちゃんとお母さんとの間で栄養素や酸素、さらには老廃物をやりとりする管として非常に重要です。

へその緒の中には、1本の太い臍静脈(さいじょうみゃく)、2本の細い臍動脈(さいどうみゃく)が通っています。

 

太い臍静脈は、赤ちゃんへ栄養や酸素を送り込むために、動脈血が流れています。

一方で、細い臍動脈は赤ちゃんが代謝した結果できた老廃物や二酸化炭素が含まれています。

静脈や動脈という名前は、心臓を中心につけられています。

 

赤ちゃんの心臓から出る血液はお母さんへ戻っていくので静脈血が、

赤ちゃんの心臓に入っていく静脈という血管は、お母さんから栄養素や酸素をもらうためのものなので動脈血が流れています。

通常、このへその緒そのものについてもねじれが生じていて、全く捻じれがない状態でも、捻じれが強すぎても、胎児への栄養供給に問題が生じるそうです。

 

こちらの動画では、へその緒を切る場面を見ることができます↓

誕生 へその緒を切る

原因は?

明確な原因は、現在のところ不明のようです。

しかし、胎動の激しい赤ちゃんに多く、またへその緒が長い場合にも臍帯巻絡は多いようです。

元気すぎる赤ちゃんほど、臍帯巻絡が多くみられるということになりますね。

スポンサードリンク

絡まないように予防する方法はある?

単純に考えられることは、胎児がおとなしくしてくれていること・・・

になってしまいます。

 

けれど、それは無理というものですし、胎動がなくなってしまうことは、赤ちゃんが生きているのかどうか、ママにとっても不安になりますよね。

ということで、臍帯巻絡を予防する方法が現在のところはないようです。

絡んでいると分かってからできることはある?

へその緒が首に巻き付いている状態を解く方法は、現在のところありません
超音波検査のカラードプラ法で、首への巻き付きの回数やへその緒の状態を確認することが必要になってきます。

 

まとめ

へその緒が首に巻き付くことは、さほど珍しいことではないようです。

また、へその緒が首に巻き付くのは、ママのせいではありません。

ある意味、元気の良すぎる胎児に認められるのですから、巻き付きの回数に気を付けながら赤ちゃんの様子を見ていくしかないのかもしれません。

スポンサードリンク

-出産

Copyright© 出産・育児の不安を解決 ママ応援サイト , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.