出産・育児の不安を解決 ママ応援サイト

出産・育児の不安や悩みをお持ちのママをサポートします!

夏の赤ちゃん 肌着は着せる?外出時と部屋にいるときは?


夏は大人でも大量の汗をかきます。

そんな大人よりもはるかに汗っかきな赤ちゃん。
暑い日は大人でも肌着などを着ると、厚着になって汗をより多くかくような感じがしますが、赤ちゃんではどうすればよいのでしょうか?

スポンサードリンク

夏の赤ちゃん、肌着を着せる?

赤ちゃんは汗っかきです。

肌着を着せ、その上からお洋服を着せたりすると、見ている大人も暑そうで、かわいそうになってきますよね。

 

けれど、赤ちゃんの体を見てみてください。

お肉がぷくぷくで、あちこちが皺になっています。

そんなところに汗をかいて、十分にそれを拭い取らないと、垢がたまったり汗疹(あせも)ができてしまいます。

 

赤ちゃんの肌着には、夏には赤ちゃんの汗を吸い取るという、大事な役割があります。

肌着が汗を吸い取ってくれるので、汗疹ができやすい部分でも汗疹ができずに済む場合があります。

 

また、夏場は外が暑い分、建物の中などは冷房でとても冷えています。

肌着を着せずに洋服一枚では、少々寒すぎないでしょうか?

肌着の上から一枚、お洋服を着せてあげることで、肌着が冷房の寒さから体を守ってくれます。

コチラの動画が参考になります↓

【動画HowTo】赤ちゃん、子どものあせも対策のコツ

肌着で外出はOK?

最近の肌着は、随分とおしゃれになってきました。

かわいい絵柄の肌着も増えてきています。

なので、肌着のみでの外出も有りかも・・・

 

ただ、肌着のみで困るのは、脚のみをかくす肌着というものがないこと

できることなら、脚にかく汗も、吸い取れるものがよいですよね。

スポンサードリンク

夏の肌着はどんな種類が合う?

肌着で最も良いのは、綿素材のもの。

ごわつかず、赤ちゃんの肌に優しいのです。

 

カバーオールやラップクラッチなどで綿素材のものなら、

かわいくて脚も覆ってくれるし、暑いときは裾を開けてあげると、涼しくなります。

脚を覆ってくれることで、脚にかく汗も吸い取ってくれます。

 

また、肌着については素材は綿にこだわりましたが、形にもこだわりました。

冬場に着ることの多いコンビ肌着にしたり、プレオールのような形の肌着を見つけて着せてました。

 

私の赤ちゃんは少し大きめだったので、外出時にベビーカーに乗せても、足が少しだけベビーカーから出てしまっていたのです。

直射日光に当たるのは、とても暑くて、汗もかくので、あえて足を隠せるものを選んでいました。

足は隠せるのに、風通しはよいので、暑い日でも比較的ぐずらなかった記憶があります。

 

必要な枚数と材質を教えて

私の場合、外出時間の長さと外の気温に応じて、持つ肌着の枚数を計算していました。

25度以上になる場合は、2時間程度で肌着が汗で濡れるので、出かける時間の長さの半分が肌着を持つ枚数でした。

ただ、気温が30度以上になる場合は、1時間程度で汗でびしょびしょになってしまうので、少し多めに持っていましたね。

 

素材は綿にこだわりました。

 

化繊のものでは、赤ちゃんの肌には刺激が強かったり、摩擦で肌を傷めたりする可能性があります。

また、敏感な赤ちゃんなら、湿疹がでる場合もあります。

綿の肌着ならやわらかくて、赤ちゃんの肌への刺激も少ないかと思います。

 

まとめ

夏は暑いので、大人でもできることなら裸で過ごしたいと思うものです。

けれど、気温がさほど高くないのであれば、直射日光があたる場合は暑いのですが、日蔭へ行くと意外と涼しかったりします。

 

そんな、体感温度の変化に柔軟に対応できるほど、赤ちゃんの体温調節は発達していないので、

裸のままで日蔭へ行くと逆に冷えてしまう可能性だってあります。

 

また、汗をそのままにしておくことで、汗疹のブツブツができて、見ていてかわいそうになってくることもあります。

オシャレで快適な肌着をみつけて、できれば積極的に着せてあげるようにしましょう。

スポンサードリンク

 

 - 子育て

  関連記事

夏の赤ちゃんの水分補給はどうする?母乳だけで大丈夫?

赤ちゃんは、体の70~80%が水分と言われています。 水分の代謝も活発で、たくさ …

赤ちゃんのお腹に湿疹が出来る 原因は何?予防と対策をご紹介

赤ちゃんは、毎日何度もよく泣きますよね。 それでしか意思表示ができないのですから …

赤ちゃんの「寝ぐずり」がひどい いつまで続く?とっておきの寝かしつけ法をご紹介

この記事の目次1 赤ちゃんの「寝ぐずり」の原因は?2 いつまで続くの?3 寝かし …

新生児のくしゃみが多い 原因は?対処方を教えて

赤ちゃんのくしゃみ、多くないですか? くしゃみする赤ちゃんのお顔、かわいいのです …

赤ちゃんの愛情不足のサインとは?見逃せない3つの特徴

赤ちゃんの成長や行動というのは見ていて本当に飽きないですし、 ずっと見ていたくな …

育児用ミルクっていつまで?卒業する時期を教えて

育児用ミルクを使っている方にとって気になってくるのが、いつまで与えていれば良いの …

自閉症かも?赤ちゃんの症状はここをチェック 特徴的な症状とは?

産まれてきた赤ちゃん、お母さんは自分が産んだ赤ちゃんの育て方に責任を感じています …

母乳とは何が違う?赤ちゃんに粉ミルクを与える時のルール

赤ちゃんを育てるのに母乳が大事とは聞くけれども、やむを得ない理由であげられないマ …

産後クライシスで離婚の危機!いつまで続く?原因と乗り越え方

赤ちゃんが産まれた家庭は、外から見ればとても幸せに見えるかもしれません。 けれど …

乳頭混乱はおしゃぶりが原因? いつまで続く? 克服法を教えて

母乳とミルクを混合させている赤ちゃんがある日突然母乳を飲まなくなった!なんていう …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です