出産・育児の不安や悩みをお持ちのママをサポートします!

出産・育児の不安を解決 ママ応援サイト

子育て

赤ちゃんのくしゃみ、鼻水で涙目 外出しも大丈夫?お風呂は?

投稿日:2015年7月10日 更新日:

Pocket

気がついたら赤ちゃんがくしゃみをしていた。

鼻水を出して涙目になっているし、病院に連れて行く?

でももうかかりつけの医院は予約でいっぱいだからどうしよう、様子見?

 

熱も下がって、くしゃみや鼻水だけになってきてよかった。

そうそう、そろそろ食材が足りないから買い物に行きたい、これくらいなら抱っこひもで行けば大丈夫?

 

赤ちゃんの体調は突然に変わります。

ささいなことでも、ひどくならないか悩ましいですよね。

どれくらいならお風呂は大丈夫?

外出もしたいけど連れて行ったら余計ひどくならない?

赤ちゃんのくしゃみ、鼻水がどんなものか理解して、判断の助けにしてみて下さい。

スポンサードリンク

赤ちゃんの鼻の特徴は?

大人を、例えば

ドラえもんのスモールライトで小さくして、赤ちゃんサイズにしたとしても、赤ちゃんとは等身からして違う

だろうというのは想像がつくと思います。

関連記事はこちら

赤ちゃんが鼻水を出している時は病院に行く?緑色や黄色で症状を判断できる?

赤ちゃんが夜中に鼻づまりで眠れない 解消方法を教えて

新生児のくしゃみが多い 原因は?対処方を教えて

赤ちゃんは、汗腺の数などは小さい身体で大人と同じくらいあるのですが、

鼻は低く、鼻の穴も小さく、鼻腔が狭く粘膜も敏感という、

鼻水がたまりやすいのに排出しにくいという仕組みになっています。

 

その上、汗腺のように、鼻水の分泌量は大人に近いという、

鼻水鼻づまりをそもそも起こしやすい状態になっているのですね。

 こちらの動画が参考になります↓

赤ちゃんが咳・鼻水・くしゃみを出している場合

くしゃみ、鼻水が多い時の原因は?

赤ちゃんは、鼻毛がほとんどないので、空気中のゴミやほこりを吸い込んでしまい、

鼻の粘膜を刺激されて、よくくしゃみが出ます。

 

また、上に書いたように赤ちゃんの鼻はそもそも鼻水が出やすくなっており、

ちょっとした気温の変化で透明な鼻水が出てしまいます。

 

それぞれ、それほど深刻に考える必要はありませんが、量がいつもより多いなと感じた時は、

くしゃみの場合は冷えているかもしれませんので、衣服を調節してあげて下さい。

鼻水の場合は透明かどうか色を確認して下さい。

緑色や黄色でしたらウイルス性の風邪である可能性があります。

また、透明でさらさらした鼻水でもずっと止まらない場合はアレルギー性鼻炎の可能性もありますので、一度医師に診てもらったほうがよいでしょう。

スポンサードリンク

外出させても大丈夫?

透明な鼻水や少しだけのくしゃみの場合は、

上で書いたような原因で病気ではないので、おでかけに支障はありません。

 

風邪が治りかけの時も、それぞれ判断が分かれますが、赤ちゃんの機嫌がよいようなら散歩や買い物程度でしたら問題はないでしょう(赤ちゃんも外出は気分転換になりますが、くれぐれも時間は短めにして下さいね)。

ただし、児童館などの密閉された空間は避けたほうが無難です 。

 

もし「小児科に連れて行きたいけど、病院に行ってひどい風邪をうつされたらもっと大変」と思われる方は、赤ちゃんのご機嫌や食欲を確認して下さい。

ご機嫌で食欲旺盛ならば、慌てて病院に駆け込まなくても大丈夫ですが、長引くようでしたら一度受診のご検討を。

この鼻水吸引器は、サッと使えて便利です。
ママ鼻水トッテ[吸引器 鼻水対策]【あす楽対応】

 

お風呂に入れても良い?

赤ちゃんは新陳代謝が活発ですし、

なんでも口に入れようとするので手や口の周りが汚れ、細菌やウイルス感染の危険にさらされています。

ですので、できれば毎日お風呂に入れてあげたほうがよいです。

 

もちろん、体温と赤ちゃんのご機嫌を確認して、入浴時間は短めにし、着替える場所は暖かくしてあげて下さいね。

入浴は、お風呂の湿度が鼻の奥の鼻づまりを柔らかくし、赤ちゃんもリフレッシュできてご機嫌になることが多いです。

 まとめ

人生とは、ある意味選択の繰り返しです。

自分一人、もしくはご主人と二人ならば、どんな選択肢を選んでも大人ですし、

手を取り合って解決することもできるでしょうから、よほどのことでない限り特に意識することなく選んでいくかもしれません。

 

しかしこれが赤ちゃんに関することだと、その選択の重みが違うことをお母さんは感じ取ることはありませんか?

赤ちゃんはその命のすべてをお母さんに委ねていますから、絶対に間違いのないようにと、お母さんも気負ってしまう部分があるのでしょうね。

赤ちゃんの様子は常に観察しながらも、時には一緒に眠ったり、眠っている隙に気分転換などをしてみたりすると、あまり焦らずにすむのかもしれませんよ。

スポンサードリンク

-子育て

Copyright© 出産・育児の不安を解決 ママ応援サイト , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.