出産・育児の不安を解決 ママ応援サイト

出産・育児の不安や悩みをお持ちのママをサポートします!

無痛分娩はホントに痛くない?リスクとデメリットは?


医師から妊娠を確定してもらい、喜ぶ妊娠初期。

この時にはあまり意識することも少ないと思いますが、

大きくなってきたお腹をなでて胎動を感じた時、ふとこのお腹の子をどうやって産もうかと改めて意識する瞬間が来ると思います。

 

事前に帝王切開が決まっている場合はさておいて、自然分娩か水中分娩か、座位分娩かフリースタイルか、それとも無痛分娩か……。

現代のお産の選択肢は様々。

今回は、その中でも誰しも一度は興味を引かれるのではないかと思われる、

無痛分娩をピックアップしてみましょう。

スポンサードリンク

無痛分娩とは?

無痛分娩とは、陣痛の痛みを麻酔によって緩和させる出産方法です。

文字だけを見ると、

全く痛みがないのかと思われるかもしれませんがそうではありません。

また、和痛分娩(痛みを和ませる分娩)もあり、こちらは無痛よりも痛みを抑える程度は低いです。

 

麻酔をすることで、出産の実感がなくなるかという心配も出てくるかもしれませんが、

そんなこともありませんのでご安心を。

 

またお産がスムーズにいきますので、産後の体力回復が早いとも言われ、

妊娠高血圧症や心臓病など、合併症をもつお母さんは血圧降下を目的に選択されることもあるそうです。

欧米ではごく一般的な出産方法ですが、

日本では自然分娩のほうがまだまだ多いのが現状です。

 こちらの動画が参考になります↓

無痛分娩 動画 フクイ産婦人科クリニック

無痛分娩の流れを教えて

無痛分娩にも種類があり、

 

局部の硬膜外麻酔、

硬膜外麻酔に脊髄くも膜下麻酔の併用、

全身の静脈麻酔法、

吸入麻酔法

 

 

などですが、今回は欧米で一番スタンダードな硬膜外麻酔による流れを見ていきたいと思います。

 

硬膜外麻酔は子宮収縮や運動能力などを妨げず痛みだけを軽減させ、

いきみやすく赤ちゃんが通るのも分かるので産む実感も得やすいです。

無痛分娩は、

陣痛が始まってから麻酔を行う場合と、

計画出産で陣痛が始まる前に入院して麻酔を行う場合があります。

 

陣痛が始まってから麻酔を行う場合は、

事前に背中に麻酔薬を入れるためのカテーテルを入れ、

子宮口が4~5センチ開く頃までは自然分娩とほぼ一緒です。

(計画出産の場合は事前入院ののち、人工的に陣痛を起こし、麻酔と促進剤を使用しながらの出産となります)

 

そこまで開いたら、麻酔医がお母さんと赤ちゃんの状況を確認しながら麻酔を注入し、いきみやすいように陣痛の感覚は残します。

子宮口が全開になったら、会陰部にも麻酔を追加し、会陰の緊張をほぐすとともに赤ちゃんを通りやすくします。

切開が必要な場合でも痛みを感じることはありません。

赤ちゃんが下りてくるのがはっきりと分かり、眠ることなくご対面です。

スポンサードリンク

リスクとデメリットは?

麻酔を使うということで、母体、もしくは赤ちゃんへの影響を心配される方もいるのではないでしょうか。

まず、赤ちゃんへの影響ですがほとんどありません

 

局所麻酔でしたらお母さんの血液に麻酔が入らないので問題はないですし、

全身麻酔の場合でも、眠ったまま生まれることはありますが、ごく一時的なものなので安心して下さいね

 

お母さん本人への影響ですが、まず体質によっては麻酔が効きづらく、あまり痛みが軽減されない場合があります。

また、逆に麻酔が効きすぎてしまっていきみを感じられなかったり、陣痛が弱くなったりして促進剤を使用したり、

鉗子分娩や吸引分娩になる確率が高まることも。

血圧が低くなったり、尿が出にくい、後陣痛を強く感じたり、まれに頭痛が起きたりしますがこちらも一時的なものです。

 

費用の相場を教えて

高度な麻酔技術が必要になるのでお高めになるのでは、

と感じる方もいらっしゃると思いますが、産院によってですが、それほど極端に高くなるわけではありません。

 

無痛分娩の場合、自然分娩と同じ料金のところもあれば、数万~十数万円プラスされる産院もあります。

お産はいろいろとお金がかかるので、事前にしっかり確認してみましょう。

 

まとめ

妊婦検診に通っていると、そこの医師から「どこで産むの?」と割と早め(安定期そこそこ)に聞かれることもあるかと思います。

まだまだ早いのではと思っていても、

里帰り出産をするかどうか、どこの産院がいいのかと調べておくのも大事。

 

無痛分娩、水中分娩や座位分娩などを希望する場合、できる産院が限られてくるからです。

特に無痛分娩は、

麻酔に習熟した麻酔医の方がいるのか、

料金はどれくらいなのか

としっかり確認した上で決めたほうがよいと思います。

 

ただ、お産は何が起こるか分かりません。逆子が直らなかったり、局所麻酔にアレルギーがあったりすれば無痛分娩を希望していても自然出産となりますし、

前回帝王切開だった方も無痛分娩はできません。

ですが、

どんな方法でも、生まれてきたわが子にかける愛情はみな同じです。

安心して、それぞれの出産方法で頑張って下さいね。

スポンサードリンク

 - 出産

  関連記事

妊婦の仰向けはいつ頃まで大丈夫?仰臥位低血圧症候群について教えて 

お腹の中で徐々に成長していく赤ちゃん。 子宮の中で大きくなっていく赤ちゃんは、お …

稽留流産の手術 痛みはある?原因、費用、予防法まとめ

せっかく授かった命ですから、大事に育んで無事に産みたいし、産まれてもらいたい。 …

妊娠中の動悸や息切れ 原因と対策を教えて 

妊娠中、特にお腹が大きくなってくると、息切れや動悸が激しくなってきます。 赤ちゃ …

友人に出産祝いを贈りたい 相場を教えて

赤ちゃん誕生。 その一報を聞いた時はやはり素直に「良かったね」と思うのではないで …

妊娠初期の陣痛は流産の兆侯?安全な腰痛と危険な腰痛の見分け方とは?

妊娠が判明すると、妊娠初期症状が出てきますよね。 その症状の中には安全なものと危 …

出産祝い金の相場は?課税対象なの?夫婦共働きだともらえる額が増える?

無事に赤ちゃんが生まれたことをお祝いするという意味でもらえるのが、出産祝い金です …

へその緒が首に絡んで逆子になっている!?無事に出産できる?

妊娠中、大きくなっていく子宮の中には、赤ちゃんと胎盤、そこから延びるへその緒(臍 …

妊娠糖尿病とは?判断基準と予防法を教えて 

妊娠中の検診は、毎回のように尿検査。 そのたびに、オシッコに糖が含まれていないか …

安産祈願はいつ頃行くのが良い?人気があるスポットを教えて 

妊娠して週数を経過すると、徐々につわりも落ち着いてくるでしょう。 妊娠中に考える …

切迫早産の症状とは?自宅で安静する必要がある?

切迫早産の症状とは?自宅で安静する必要がある? 妊娠して早く赤ちゃんの顔が見たい …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です