出産・育児の不安を解決 ママ応援サイト

出産・育児の不安や悩みをお持ちのママをサポートします!

ベビーサインってどうするの?いつから始めてどう教える?


「赤ちゃんは泣くのが仕事。泣くしかできないのだから、そこから読み取っていくしかない」

これが、おばあちゃん世代の共通した認識ではないでしょうか。

「慣れてくるとなんで泣いているのか分かるようになる、そうなったら一人前だ」

確かに仰るとおりです。

 

ですが、

近年は赤ちゃんからの仕草を教えることで、簡単な意思疎通を図る試みが出てきています。

それがベビーサイン

赤ちゃんからのサイン、それはいったいどんなものなのか調べてみませんか?

スポンサードリンク

ベビーサインとは?

ベビーサインは、

90年代中頃からアメリカで始まった育児法で、2000年代から日本でも導入されています。

赤ちゃんにとって、口を使って話すのは実は難しいことですが(言葉を発するには口、喉、頬の筋肉、そして言語の知識が必要です)、

手や指の発達は比較的早く、ある程度赤ちゃんの意思で動かすことができます。

 

ですから、手指を使ったサイン(共通言語)を赤ちゃんに教えることで、

言葉を覚えるよりも前に親子のコミュニケーションをとることができるのです。

 

いつから始める?

ベビーサインは手指を使いますので、

赤ちゃんが自分で手をある程度自由に動かせるようになる6か月(お座りができ、指さしをするようになる頃)が1つの目安となります。

ですが、その前でも後でも構いません。

 

とはいえ、2歳半も過ぎれば、個人差もありますが話し言葉も出てくるので、

ベビーサインを改めて始めるにはタイミングが遅いでしょう。

 

生まれてすぐに始める方もいますが、あまりたくさんのベビーサインを見せても赤ちゃんは覚えきれませんので、

お母さんたちがイライラしてしまうこともあるかもしれませんね。

 

どちらにしても、赤ちゃんはお母さんのことをいつでもしっかり見ているので、お母さんがやりたいタイミングで始めるとよいでしょう。

なにせ、必要な道具は何もありません。手のひら1つですむのですから。

スポンサードリンク

 どんなサインがあるの?教え方を教えて

ベビーサインは、ベビーでも覚えやすいように単純化されたサインです。

その種類は200以上と豊富で、中には自らオリジナルのサインを作るお母さんもいます

 

牛の乳を搾るように手をグーパーにしながら下ろす「おっぱい」や、五本指をすぼめて口元に持っていく「食べる」

ごちそうさまのように両手を合わせる「おしまい」に、両腕を突き出す「抱っこ」など…。

教えるお母さんにも覚えやすいサインですね。

 

教える時も特にベビーサインの時間などを設ける時間はありません。

赤ちゃんの様子を見ながら、

日常生活の場面に合わせて「これは手で表現するとこうなるよ」と語りかけながら何度も手の動きを見せてあげて下さい。

サインをしてくれない時はどうする?

ベビーサインはその赤ちゃんにとっては初めての「言葉」です。

自分の気持ちの赴くままに手をバタバタさせるものではないので、まず覚えるのに時間がかかります。

この動きに意味があるのだ、と赤ちゃんが理解するまで、ゆったりした気持ちで取り組んでみて下さい。

 

また、赤ちゃんに見えないと意味がないので、ベビーサインをする時は手の動きも赤ちゃんの視界に入るようにしましょう。

もし、赤ちゃんがお母さんの手を目に入れない場合は、

気分が乗らないという立派なサインですので無理に視界に入れようとせず、またタイミングを見て下さい。

こちらの動画が参考になります↓

ベビーサインを始めよう☆赤ちゃんとお手てでコミュニケーション☆

 

まとめ

親子でベビーサインができると、赤ちゃんの欲求が分かり、迅速で的確な育児ができますし、

お父さんも育児に参加しやすくなるメリットがあります

 

また、自分の意思をベビーサインで伝えることによって、人とのコミュニケーションを楽しめるようになり、

サインを教わる時点で、ものには名前があるのだと理解するため、言葉もよりスムーズに習得できるようになるでしょう。

 

このようにいいことづくしのベビーサインですが、

親もたくさんのサインを覚えないといけないので、育児で疲れ果てて諦めてしまったり、

自分の赤ちゃんがよその赤ちゃんに比べて覚えが悪かったりしてストレスをため込んでしまうことがあります。

 

そういう時は、身近でよく使いそうなものに搾って、少しずつ教えていくのがよいでしょう。

また、同じ月齢の赤ちゃん同士でも、比較はしないようにしましょう。

覚えるスピードもまた、その子の個性ですよ。

スポンサードリンク

 - 子育て

  関連記事

幼稚園の選び方のコツ これだけはおさえておきましょう

子供が産まれて育児にずっと専念しているうちに、あっという間にもう幼稚園児! いく …

赤ちゃんが中耳炎の時にお風呂は大丈夫?治療法と予防法を教えて

赤ちゃんは本当に様々な病気にかかってしまいがち。 どんなにママやパパが気をつけて …

赤ちゃんの沐浴 頻度と温度は?いつまで?

沐浴という言葉は、水で身体を洗い清めるという意味があります。 宗教色が強い言葉な …

赤ちゃんの歯磨きはいつから?方法や注意点を教えて

離乳食が始まる頃、かわいい歯がようやく生えてきた…! 嬉しいけど、虫歯が心配…と …

保育園に通うことで得られるメリットこんなにある!

「三歳児神話」という言葉があります。 「三歳までは母親が育児に専念するべきで、そ …

母乳が出ない原因とは?遺伝、食事、マッサージまとめ

出産前に、助産師さんから母乳(おっぱい)マッサージをするよう指導されたお母さんは …

赤ちゃんの愛情不足のサインとは?見逃せない3つの特徴

赤ちゃんの成長や行動というのは見ていて本当に飽きないですし、 ずっと見ていたくな …

赤ちゃんがお風呂で泣いてしまう! その原因と対処法

この記事の目次1 はじめに2 お腹が空いている3 体調が悪い4 お風呂の最中、嫌 …

赤ちゃんの歩き始めが遅い 練習法はある?遅い子はO脚になりやすい?

親としては赤ちゃんの成長については常に気になってしまうもの。 成長は個人差がある …

赤ちゃんの発疹ができた!でも熱はないみたい どんな病気が考えられる?

毎日、赤ちゃんの様子を見ながら生活しているのに、突然赤ちゃんの体や顔にブツブツが …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です