出産・育児の不安を解決 ママ応援サイト

出産・育児の不安や悩みをお持ちのママをサポートします!

臨月の時期子宮口が痛い 原因は何?


そもそも、臨月とはどういう意味なのでしょうか?

漢字の成り立ちから調べてみると「臨む(のぞむ)月」なんですね。

そう見てみると、

これからいよいよ出産なのだという意気込みが、字面からも伝わってくるようです。

 

臨月は時期で言うと36週から39週までの1か月です(妊娠中は4週間、28日を1か月と数えます)が、

実を言うと36週は臨月でも正産期前なので、36週での出産は早産と称されます。

内臓の機能などができあがるとされているのが37週だからなのでしょうね。

 

さて、臨月にはいろいろと身体にもこの時期ならではの細かな変化が起きます。

子宮口が痛むのもその一つ。

安心できるお産のために、どんな理由でそうなるのか、一度調べてみるのもよいかもしれませんよ。

スポンサードリンク

臨月の子宮口の痛みは、胎動の変化

人によって違いますが、

臨月ごろになると子宮口の辺りが痛むことがあります。

子宮口が開く際にチクチクとした痛みが発生するのですが、

初産の人にはあまり見られず、経産婦に多い現象です。

 

またこの時期には、胎動が今までよりも回数が減ったり、弱く感じたりすることがあるかもしれません。

この2つの動きは連動していて、赤ちゃんが降りて、骨盤に頭がはまっているからこそ胎動が減りますし

(個人差があるので、最後までバタバタ元気に動く赤ちゃんもいます)、

赤ちゃんが下がり誕生の準備をしているからこそ、子宮口が開くのです。

関連記事はこちら

臨月で眠れないときの過ごし方 胎動が激しい 夜食を食べても大丈夫?

臨月の下痢はお産のサイン?おならもでやすい?

初産の臨月 有意義な過ごし方 運動、外出、運転は大丈夫?

恥骨や股関節も痛い

妊娠すると、女性ホルモンのリラキシンが分泌され、出産のために恥骨を緩める働きを始めます。

それが臨月になると、

お産の際赤ちゃんが通りやすいようにますますリラキシンの分泌量が増え、骨と骨のつなぎ目が緩くなります。

そこに赤ちゃんの体重がかかってしまうので、余計に痛みを感じてしまうのです。

 

また股関節も臨月になると足の付け根が痛くなりますが、

こちらは赤ちゃんが下がってきた時に骨盤の内側の神経が圧迫されるせいのようです。

 

トコちゃんベルトのようなものでガッチリ締めると少しは楽になるでしょう。
トコちゃんベルト 2 (M) H80〜88cm 送料無料

 

どちらにしても赤ちゃんが出産に向けて少しずつ準備している証拠です。

こちらの動画が参考になります↓

妊娠10ヵ月 臨月の胎動

 

 

出産に向けて赤ちゃんが動いている

妊娠後期には、逆子になってお母さんをヒヤヒヤさせた赤ちゃんもいることでしょう。

逆子体操をお母さんが一生懸命しているのを知ってか知らずか、

マイペースにくるっと回って、次の検診で「元に戻りましたよ」と先生に言われていても、

赤ちゃん本人はどこ吹く風なのでしょうね。

 

そんな風に、羊水の中で比較的自由に過ごしている赤ちゃんですが、

臨月になったら本能的に分かるのでしょう、頭を下げて骨盤のほうへ降りてくるのです。

その時、もしまだ逆子の状態でもあきらめないで下さい。

頭が骨盤にはまっていない限り、まだ回転の可能性は残っています。

スポンサードリンク

胎動を感じないと注意が必要

一般的に、臨月くらいになると胎動は以前ほどではなくなります。

もう赤ちゃんが大きくなっているので、

空いているスペースがお母さんのお腹の中になくなってきているのと、

出産に向けて上に書いたように頭を固定させてしまっているので動きにくくなっている

のが主な理由です。

 

ですが、赤ちゃんが生きて元気でいる以上、全く胎動がないということはありません。

臨月まできたから大丈夫と油断はなさらないで下さい。

100パーセント安全なお産は存在しないのです。

 

ごくごく低い確率(数千人に一人)でも、臨月に死産する可能性はゼロではありません

赤ちゃんの胎動や様子がどうか、こまめに気を配ってあげて下さい。

無事に生まれてくるかどうか気に病みすぎるのもよくないので、そのバランスは難しいところではありますが……。

まとめ

臨月。

出産予定日まで、あと4週間。

1週間過ぎれば正産期に入り、いつ陣痛が来てもおかしくない時期です。

ちょっとした身体の変化に敏感になりますよね。

ですが結婚式と一緒で、出産はゴールではありません。

 

そこから十数年、育児という生活がお母さんを待ち構えています。

胎動にはきちんと気を配りつつも、あちこち痛む自分の身体をいたわり、

時にはウォーキングなどしながら、ゆったりとした気持ちで陣痛の日を待ってみて下さいね。

スポンサードリンク

 - 出産

  関連記事

へその緒が首に絡んで逆子になっている!?無事に出産できる?

妊娠中、大きくなっていく子宮の中には、赤ちゃんと胎盤、そこから延びるへその緒(臍 …

友人に出産祝いを贈りたい 相場を教えて

赤ちゃん誕生。 その一報を聞いた時はやはり素直に「良かったね」と思うのではないで …

妊婦の仰向けはいつ頃まで大丈夫?仰臥位低血圧症候群について教えて 

お腹の中で徐々に成長していく赤ちゃん。 子宮の中で大きくなっていく赤ちゃんは、お …

芸能人に増えている!?水中出産って何?メリットとデメリットを教えて

皆さんは水中出産というのを聞いたことがありますか? 今この水中出産というのが、芸 …

予定日になっても陣痛が来ない 原因はストレス?経産婦?高齢?

予定日になっても陣痛が来ないと心配になりますよね。 周りからのプレッシャーも少な …

妊娠初期の陣痛は流産の兆侯?安全な腰痛と危険な腰痛の見分け方とは?

妊娠が判明すると、妊娠初期症状が出てきますよね。 その症状の中には安全なものと危 …

産後の生理再開の平均はいつ頃?予兆はある?

無事に終わったお産のあと、母乳を出すのに一苦労し(無理だったらミルクをあげ)、 …

臨月は運動した方が良い?破水が心配でどれ位運動した良いのか教えて

妊娠中だからといって、運動してはいけないわけではありません。 むしろ、お産やその …

シングルマザーです。妊娠や出産費用の負担を楽にする方法はある?

離婚や死別などでシングルマザーとなる方は増えてきていますよね。 赤ちゃんはできた …

安産祈願はいつ頃行くのが良い?人気があるスポットを教えて 

妊娠して週数を経過すると、徐々につわりも落ち着いてくるでしょう。 妊娠中に考える …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です