出産・育児の不安を解決 ママ応援サイト

出産・育児の不安や悩みをお持ちのママをサポートします!

予定日になっても陣痛が来ない 原因はストレス?経産婦?高齢?


予定日になっても陣痛が来ないと心配になりますよね。

周りからのプレッシャーも少なからずあるでしょうし、

ご主人が立ち会いを希望している場合は、毎日毎日その仕事の調整にアタフタすることもあるでしょう。

 

実家から既におばあちゃんに来てもらっているのに、全然陣痛がないなどということだってありますよね。

一体なぜなのか、気をもむ前にちょっと調べてみましょう。

スポンサードリンク

出産予定日になっても陣痛が来ない

そもそも、字のごとく出産予定日はあくまで「予定日」です。

「予」め「定」めた「日」ですが、予定は未定であり決定(確定)ではありません。

正確に言えば、予定日ではなく、この日までに生まれてくるかな、という「予想日」です。

 

むしろ、予定日ぴったりに生まれてくる子どものほうが少ないと言えます(約20パーセント)。

赤ちゃんは妊娠37週以降になれば肺などの内臓機能もほぼ整っているのでいつ生まれても問題ない状態です。

 

また、妊娠41週までは胎盤機能にも問題はないので赤ちゃんにトラブルが起きることもありません。

その間(37~41週)を正産期と言い、大多数のお母さんはこの間で赤ちゃんを産んでいますので、

予定日という言葉にあまり振り回されないようにしましょう。

 

原因はストレス?

いろいろな心配事の種として、ある意味(悪い意味での)魔法の言葉のようになっている「ストレス」ですが、

快ストレスであれ不快ストレスであれ、それだけ心と身体は密接につながっているということなのでしょう。

不快ストレスを感じると、交感神経が優位になってしまい、免疫力が下がり、身体が無意識にこわばってしまいます。

 

お産は身体を開かなければいけないのに、真逆ですよね。

それが、ストレスが原因と言われる由縁でしょう。

出産予定日が近くなると、周りの方から「まだなの?」と声をかけられ、

それが善意からのものでも、お母さんからしたらやはりプレッシャーに感じてしまいます。

それを防ぐためにも、予定日を遅くずらして教えたり、正産期(約1か月)だけを教えたりして自衛しておくことも大切かもしれません。

 経産婦だから?

経産婦の方は一度産道が開かれているので、

陣痛が始まったら出産にかかる時間は初産の方よりも短いです。

 

なので、経産婦の場合は出産予定日よりも早く陣痛が始まるのではないかというイメージがありますが、あくまでイメージ

1番目は予定日より早く、2番目は遅かった……などという話もよく耳にするところです。

 

ただ、最初のお子さんがお母さんの体質の問題で予定日よりも遅かった場合は、次のお子さんも遅い可能性は高いです。

なので、その場合は遅いかもしれないと最初から織り込み済みで、あまり気に病まず上のお子さんとスキンシップをしてあげて下さい。

スポンサードリンク

高齢のため?

35歳以上の高齢出産(高齢初産)にはいろいろとリスクがあります。

妊娠高血圧症にかかりやすく、また産道が硬くなり骨盤が開きにくくなります。

また、陣痛とは出産時の子宮の激しい収縮のことを言いますが、高齢出産だとそれが弱く(微弱陣痛)、それに加え産道の硬さや骨盤の開きにくさで出産が長引き出血量も増え、緊急帝王切開に切り替わることもあります。

この陣痛が弱いために、出産の日程自体が遅れることがあるようです。

もちろん、それでも何事もなく無事に元気な赤ちゃんを出産しているお母さんはたくさんいます。

ですが、20代のお母さんよりも、どうしてもリスクが生じる可能性が高いのだということは、頭の隅にいれておいてもよいかもしれません。

 

【 うろうろ和歌山 】 高齢出産 について 和歌山県 和歌山市 関戸 岩橋産婦人科 女医 岩橋栄

 

 

 

まとめ

事前に帝王切開と決めていない限り、いつ生まれるかを決めるのは赤ちゃん自身です(赤ちゃんが出すホルモンの分泌によって陣痛が引き起こされるという説もあるのです)。

予定日を過ぎても赤ちゃんが生まれないのは、お母さんのお腹の中が居心地いい証拠。

いつかは必ず赤ちゃんは生まれてきますし、医師も問題がないか検診でチェックしています。

周りの声に過敏にならず、どうかゆったりとした気持ちでその日を待って下さい。

赤ちゃんと一心同体でいられるのは、お腹の中にいる今だけなのですから。

スポンサードリンク

 - 出産

  関連記事

芸能人に増えている!?水中出産って何?メリットとデメリットを教えて

皆さんは水中出産というのを聞いたことがありますか? 今この水中出産というのが、芸 …

破水しても陣痛はこない?原因は?対処法を教えて  

陣痛は来ていないのに破水する事があります。 破水しているにも関わらず、陣痛が同時 …

初産の臨月 有意義な過ごし方 運動、外出、運転は大丈夫?

初産、これからおこる陣痛、出産、子育ての不安や楽しみを感じながら過ごしていること …

出産で入院準備するのはいつから?持っていって便利な物はある?

出産が初めてという妊婦さんは、恐らく入院準備するのがいつからかわからない方も多い …

出産の入院準備 便利・必要な物リストをご紹介

お腹がいよいよ重くなってきて出産する産院も決まり、 赤ちゃんは順調、あとは産むだ …

臨月の“お腹が下がる”のはいつから?内診はいつから受ける?

妊娠37~40週目、つまり10か月目のことを臨月といいます。 この時期になると、 …

帝王切開の費用が気になる! 保険の活用方法をご紹介

「帝王切開」。 どこでと限定はされませんが、何となく聞き覚えがある言葉ですよね。 …

里帰り出産の場合、出生届はどうするの?必要な手続きと書類を教えて

結婚して家を出ていた場合(今は昔に比べれば娘夫婦が同居する家は多くなっていると思 …

へその緒が首に絡んで逆子になっている!?無事に出産できる?

妊娠中、大きくなっていく子宮の中には、赤ちゃんと胎盤、そこから延びるへその緒(臍 …

妊娠初期の陣痛は流産の兆侯?安全な腰痛と危険な腰痛の見分け方とは?

妊娠が判明すると、妊娠初期症状が出てきますよね。 その症状の中には安全なものと危 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です