出産・育児の不安を解決 ママ応援サイト

出産・育児の不安や悩みをお持ちのママをサポートします!

赤ちゃんのアトピー 原因は何?ステロイド、腸、遺伝まとめ


人間は、痛みよりも痒みに弱い生き物だといいます。

あまりに強い痛みは別として、ちょっとした痛みなら我慢することもできるのに、

蚊にさされたりしてできた痒みには耐えきれず、つい搔いてしまったことはありませんか?(その後の薬はしみますよね)

 

痛みとは違い、痒みは「ひっかき反射」というものを引き起こすそうで、

搔かずにはいられないのが本能なのですね。

ですが、痒みを伴う症状の場合、搔けば搔くほど皮膚がボロボロになるのは周知の事実。

 

大人なら少しは我慢しようと努力できたり薬で抑えられたりできても、赤ちゃんには難しいでしょう。

赤ちゃんにとって一番身近ともいえる痒みを伴う皮膚炎―――アトピー

その原因は何なのか、治すことはできるのか、そもそも防げるのか。

我が子の笑顔のために、一度しっかり調べてみるのもいいかもしれません。

スポンサードリンク

 赤ちゃんのアトピー、どんな症状?

アトピーは年齢によって症状が変わってくるのですが、

赤ちゃん(乳児アトピー性皮膚炎)の場合、

比較的初期段階から顔を中心に頭や耳にジクジクとした湿疹が出ます。

 

また、体に貨幣状(円形)の湿疹が出るのが特徴。

耳やひじ、ひざなどの関節部分にできることもあります。

ちなみに、赤ちゃんに湿疹が出ればすべてアトピーというわけではありません。

乳児湿疹はほとんどの赤ちゃんに出ますし、こちらは患部を清潔に保てば自然に治る湿疹ですので、

まず慌てずに医師の診察を受けましょう。

原因は、ステロイド?

アトピー性皮膚炎と診断されると、赤ちゃんでもステロイドが処方されることがあります。

塗ると症状がよくなりますが、止めてしまうとまたアトピーが再発してしまうことが多いです

 

また、強いステロイドを使い続けると、副作用としてステロイド皮膚炎など、

新たな症状を発症してしまう恐れもあり、アトピー性皮膚炎に似た症状が出ることも。

ステロイドはよく効く薬ですが、強い薬には必ず副作用があります。

薬に頼りすぎないよう気をつけ、きちんと医師の指示通りの量を塗ることが大切です。

原因は、腸からくる?

サバンナで生まれた草食動物の赤ちゃんなどは、生まれてすぐに立ち上がったりできますが、人間の赤ちゃんはそうはいきません。

どこもかしこも未熟です。

そう、内臓も。

 

アトピーの炎症を抑える副腎皮質ホルモンなどは、胆汁に分解されて腸管に入り、

腸内細菌の作用を受けて再び腸管から吸収されて働きに出ます。

 

ですが、腸内環境がうまく整っていないと免疫反応が過剰になってしまい、

特定の食べ物を食べるとアレルギー症状を起こしてしまうようになり、

そこからアトピー性皮膚炎になってしまう場合があるのです。

スポンサードリンク

親の遺伝でアトピーになる?

ご自分の赤ちゃんの顔を、まずはじっくり見てみましょう。

もしくは、親御さんの顔でも構いません。

似ている部分もあれば、似ていない部分もありますよね?

遺伝とはそういうものです。

 

たとえ親御さんがアトピーだったとしても、そのお子さんが100パーセントアトピーになるとは限りませんし、

逆に親御さんがアトピーを発症していなくてもお子さんがアトピーになる可能性はあります。

 

アトピーは、アトピー体質だから発症するというだけでなく、アトピー素因を持つ人が環境や食事でなる場合もあるからです。

 

ご自分がアトピーだから子どももなってしまうかも、と悲観なさらないで下さいね。

こちらの動画が参考になります↓ 

大人、子供、赤ちゃんのアトピー性皮膚炎の原因をガイドラインに沿って詳しく解説!!

 

 

アトピーにならない対策を教えて

現在、こうすれば絶対アトピーにならない、という確実な方法が確立されているわけではありません

ですが、お母さんと赤ちゃんの腸内細菌のバランスは似てくるそうです。

可能であれば、妊娠中から腸内細菌のバランスが取れるような食生活に切り替えるべきでしょう。

 

ヨーグルトや乳酸菌飲料、オリゴ糖を含む食品(はちみつやとうもろこし、玉ねぎなど)、根菜、芋類、緑黄色野菜、豆類などを積極的にとって腸内の善玉菌を増やしてみて下さい。

そして、アレルゲン(アレルギーの原因物質)の一つである

ダニやほこり、カビを減らすためにこまめに掃除をしたり、乾燥を防ぐために症状が出る前から赤ちゃんの保湿を始めたりすることも大事な対策です。

乳児性アトピーは、大人のものとは違い、

2歳くらいまでに症状が軽くなったり治ったりすることが多いです。

それまでの間だと、適切な対処をしながらがんばって下さいね。

スポンサードリンク

 - 子育て

  関連記事

乳腺炎ってどんな病気?原因や治療法を教えて

授乳中のママにとって身近な病気と言われている乳腺炎。 私の友達も1度乳腺炎になっ …

赤ちゃんの沐浴 頻度と温度は?いつまで?

沐浴という言葉は、水で身体を洗い清めるという意味があります。 宗教色が強い言葉な …

乳児湿疹が耳にも出来た アトピーとの違いは?

ほとんどの赤ちゃんにできてしまって、ママ達を悩ませるのが乳児湿疹。   …

哺乳瓶の消毒はいつまで必要?2ヶ月ではまだ早い?

この記事の目次1 そもそもどうして哺乳瓶の消毒が必要?2 2ヶ月ころまで必要とい …

自閉症かも?赤ちゃんの症状はここをチェック 特徴的な症状とは?

産まれてきた赤ちゃん、お母さんは自分が産んだ赤ちゃんの育て方に責任を感じています …

赤ちゃんが鼻血を出した!原因と鼻血の止め方

この記事の目次1 赤ちゃんの鼻血の原因は?2 鼻血の止め方を教えて2.1  (1 …

赤ちゃんの冬服のポイントは?枚数は?

赤ちゃんの服装について悩むママも多いです。 特に「暑い」「寒い」と意志表現をしな …

赤ちゃんが抱っこした状態でないと寝てくれない!いつまで続く?対処法を教えて

毎日毎晩、抱っこしないと眠らない赤ちゃん。 日々体重か増えていくのは幸せの重みだ …

赤ちゃんのストローデビューはいつからが良い?どうやって練習する?

生まれたばかりの赤ちゃんは、栄養のすべてを母乳やミルクから取ります。 でも、成長 …

幼稚園の選び方のコツ これだけはおさえておきましょう

子供が産まれて育児にずっと専念しているうちに、あっという間にもう幼稚園児! いく …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です