出産・育児の不安を解決 ママ応援サイト

出産・育児の不安や悩みをお持ちのママをサポートします!

切迫流産の初期、中期の症状は?


赤ちゃんを授かったお母さんは、「無事に産まれてきますように」と無意識に、

頭のどこかでは常に考えているのではないでしょうか。

なぜなら、自然妊娠でも、10%~15%は流産してしまうという事実があるからです。

 

周りの方からも、そんな悲しい知らせを聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回のテーマは「切迫流産」

流産の上に「切迫」―――「緊張した状態になる、差し迫った状態に陥る」そんな意味の言葉がつく流産がどんなものなのかを理解してみて下さい。

その兆候が自分にも見受けられたらどう対処すればよいかを知ることで、

悲しい別れを防ぐことができるかもしれません。

スポンサードリンク

切迫流産とは?

「流産」という言葉がついているので誤解されやすい切迫流産ですが、

実態としては「流産になりかけ」の状態です。

ほかの流産では妊娠の継続はほぼ不可能ですが、

切迫流産はまだ子宮内に赤ちゃんがいるため、妊娠の継続の可能性が残っています。

赤ちゃんの心臓が動いていれば、ほぼ継続し、無事に産まれてくるでしょう。

医師の診察を受けて切迫流産と分かっても、悲観的になりすぎずにその指示に従って下さい。

 切迫流産初期の兆候、症状

切迫流産の兆候としては、

少量の出血や下腹部の痛み、重い生理痛のような不快感などがあげられます。

妊娠初期の出血症状は、切迫流産に限らず、

絨毛膜下血腫や胎盤剥離、頸管ポリープなどもありますので、

見分けて適切な処置をしてもらうためにも医師の診察を受ける必要があります。

 

その時はできれば自分の足で歩かないほうがいいでしょう。

ですが時間外に救急病院に駆け込むような緊急性はありませんので、

その日は安静にしてから翌日産院に向かって下さい(もちろん、大量の出血や激しい痛みの場合は重篤な病気の場合がありますので別です)。

スポンサードリンク

 切迫流産中期の兆候、症状

時期としては、12週以降22週未満での切迫流産が該当します。

症状は、初期流産と同じく出血や下腹部の痛み、不快感です。

ただ中期のほうが初期よりも、比較的お腹の張った感じがはっきりするでしょう。

 

ちなみに、22週以降は上に切迫がつく、つかないに関わらず、

同じ症状でも「流産」ではなく「早産」となります。

その週が、赤ちゃんが生存できるかどうかの境目になるからです。

 

22週になればもう5ヶ月を過ぎ安定期に入っていますが、それでも無理は禁物です。

全般的に、お産に絶対安全な期間はないのだと、思っておいて下さいね。

こちらの動画が参考になります

切迫流産/ミルメディカル 家庭の医学 動画版

 

おすすめの対処法は?

防ぐためには体を動かしすぎないこと。

重い物を持ったり、激しい運動をしたりするのは妊娠初期は厳禁です。

ただし、全く体を動かさないのもよくありませんので軽いウオーキング程度はしておきましょう

 

それでも、もし切迫流産になってしまったらどうすればいいか。

 

受診後安静。

 

これにつきます。

実際、妊娠10週未満だと投与できる薬もほぼありませんし、10週を超えたとしても少量の出血や軽いお腹の張り程度なら安静を指示されるくらいです。

お仕事をされてる方は、可能ならばお休みするか、半日くらいの軽めの仕事にしてもらって下さい。

ですが、「私専業主婦だし、産婦人科いつも混んでるし、それなら診察してもらわなくても家で寝ていればいいのかも」とは思わないで下さいね。

疑いがある時はきちんと医師に確定してもらい、適切な指示をもらったほうがいいですし、症状によっては入院しなくてはならないからです。

それに、ご主人も奥さんがただ安静にしていたら、ひょっとするとゴロゴロダラダラしているだけだと思って、

思わぬ夫婦の危機になるかもしれませんよね?

「切迫流産で、こういう症状だからお医者様に安静にと言われている」

と理詰めで説明すれば、ひょっとしたら自主的に家事を受け持ってくれるかもしれません。

 

まとめ

夫婦いろいろなライフスタイルがあると思います。

そこに赤ちゃんが加わる生活はどんなものだろうと妊娠中はお二人で胸躍らせる日々ではないでしょうか。

ですが、妊娠とは病気ではありませんが決して無理のできるものではありません。

 

お母さんが働いていても、切迫流産になったり、つわりが重かったりして入院したりする可能性は往々にしてあるのです(もちろん、元々健康体の方だとしても、です)。

お二人で無理のない生活設計を立て、どんな状況になろうともお母さんが安心して出産できる状況を作っておくのも大切なことの一つではないでしょうか。

スポンサードリンク

 - 妊娠

  関連記事

破水しても陣痛はこない?原因は?対処法を教えて

陣痛は来ていないのに破水する事があります。 破水しているにも関わらず、陣痛が同時 …

妊婦の仰向けはいつ頃まで大丈夫?仰臥位低血圧症候群について教えて 

お腹の中で徐々に成長していく赤ちゃん。 子宮の中で大きくなっていく赤ちゃんは、お …

妊娠中の肥満のリスク、出産への影響

妊娠中に太ってしまった方、 元々少し太っていた方などは、 肥満が出産に影響がある …

破水の見分け方を教えて 尿漏れやおりものとの違いをご紹介

妊婦さんがドラマなどに出てくると、事件に巻き込まれたり、そうでなくとも急に陣痛が …

妊娠中つわりで痩せてしまった 赤ちゃんに影響はある? 発症リスクが高まる疾患と対策をご紹介

妊娠初期に酷い悪阻(つわり)に悩まされるお母さんは少なくないはずです。 悪阻のた …

妊娠の出生前診断 受けるメリットは?費用を教えて

結婚年齢が高くなってきているのに伴って、35歳以上で妊娠出産を経験する方が増えて …

妊娠中の旅行は行っても大丈夫?安定期は?保険に入るべきなの?

前々から予定していた旅行の時期に、妊娠してしまった・・・! 妊娠中に、急遽、遠方 …

臨月で眠れないときの過ごし方 胎動が激しい 夜食を食べても大丈夫?

妊娠週数37週、お腹の中で大きくなった赤ちゃんのおかげで膨らんだ重たいお腹。 既 …

多胎・双胎 妊娠 原因を教えて! リスクはある? 双子を産む確率を上げる方法は?

双子、三つ子、四つ子、五つ子、 自分が小さな頃は、同時に生まれる兄弟がそんなにた …

流産後の妊娠はいつ頃?妊娠率に変化はある?妊娠率を高める方法を教えて

せっかく妊娠できたのに流産してしまった! ご夫婦はとてもショックですよね…。 ス …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です