出産・育児の不安を解決 ママ応援サイト

出産・育児の不安や悩みをお持ちのママをサポートします!

破水の見分け方を教えて 尿漏れやおりものとの違いをご紹介


妊婦さんがドラマなどに出てくると、事件に巻き込まれたり、そうでなくとも急に陣痛が始まって主役たちが慌ててかけずり回ったり……と、

「お約束」ではありますが、画的にドラマティックな盛り上げ役になりますよね。

その時に「破水」という台詞も聞くことがあるのではないでしょうか。

 

そんなこともあり、何となく誰でも聞きなじみはあるこの「破水」。

字面だけ見れば「破れた水」? 「破る水」? どんなものかちょっとはっきりしませんよね。

そんな破水について、今回はちょっと説明してみましょう。

スポンサードリンク

破水とは?

赤ちゃんはお母さんのお腹の中、卵膜に包まれ、羊水という水の中に浮かびながら日々大きくなっているのですが

(大きくなってきたら手を握ったり、目を開け閉めしたりして自分の体を使う練習もこの時からしているんですよ)、

その卵膜が「破」れ、中の羊「水」が外に出てしまうことを破水といいます

 

産まれる直前に起こるというイメージがありますが、実際は陣痛よりも前に破水が起こるケースも、ままあります。

破水した場合は赤ちゃんを守っている膜が破れた分、羊水が減って雑菌が入りやすくなり、赤ちゃんが感染症を起こすリスクが出てきます

 

破水と尿漏れの違い(体に起こる変化について)

陣痛よりも早く破水するのもそれなりにあることなので、赤ちゃんへのリスクを減らすためすぐかかりつけの先生に診てもらうべきですが、

診療時間外……例えば夜中だと破水とはっきりしないと行くのにためらいを覚えますよね。

臨月の時期だと子宮に膀胱が圧迫されて尿漏れすることもよくありますし(産院の方からしたら慣れっこの事態だとは思いますが)。

そこで簡単に違いをピックアップすると……

 

まず臭いです。

尿漏れは「尿」ですから、今までに意識したことがなくても自然と嗅いだことのあるアンモニア臭がしますが、

破水の場合は個人で臭いが違っていて、少なくともアンモニア臭ではありません。

そして尿漏れの場合は自分で締めるよう意識すれば止まるものですが、破水の場合は破れてしまっているので止まることがありません。

また、少しずつ出てくる場合もありますが、粘性のものが尿意もなく不意にドロッと落ちてきた場合は、見分けは比較的容易だと思います。

 コチラの動画も参考になります↓

破水して怖かった出産エピソード

破水とおりものの違い(体に起こる変化について)

おりものは、エストロゲン(女性ホルモン)が分泌されることで出るのですが、臨月になると通常よりもその量が格段に増加します。

なので、量や色、臭いなどの状態が変化するため、尿よりも破水と見分けがつきにくいです(子宮の上部からの高位破水ですと出る量も少なめなので余計に)。

ですが、

おりものの臭いもすっぱい酸性の臭い、破水の臭いは一般的にアルカリ臭が多いので、

そこで区別がつけられるでしょう(ただし無臭の破水の人もいますので、一概にこうだとは言い切れません)。

 

それでも分かりにくいことは確かなので、判断がつかなければかかりつけの産院に相談してみましょう。

お医者様もお母さんが不安なことは十分分かっていますし、ストレスをためこむことのほうがよくありません。

スポンサードリンク

破水した時の対処法

破水だと分かったら、もしくは疑わしいと思ったら、

  • まずかかりつけの産院に電話してから、
  • 清潔な下着に取り替え、
  • 量を判断してナプキンやタオルをあててタクシーで向かって下さい(量が少なく、産院が近いようでしたら歩きも可ですが推奨はいたしません)。

その時は後部座席にタオルを敷いて、横になって行って下さいね

(外出先で破水する可能性も考えて、この時期は下着とナプキン、タオルはバッグに常備しておいたほうがいいです)。

その際に絶対にしてはいけないのは、

「そのまま入院かもしれない、破水で濡れてしまったから」とお風呂に入ったり、シャワーを浴びたりすること。

膣内に細菌が入って赤ちゃんに危険が及びます

汗臭かろうと破水の臭いがしようと助産師さんもお医者様も気にしませんよ!

 

まとめ

臨月になってくると、お腹が重くて動くのに苦しく、横になってしか寝られないですが、

赤ちゃんが出られるくらい大きくなったのだなと実感できる時期ですね。

いつ分娩が始まるのかと、おりものやおしるしに過敏になってしまうことでしょう。

 

自然分娩の場合、赤ちゃんは母親の体のメカニズムとしてではなく、

自分のタイミングで出てくることが分かっています(その割に初産は時間がかかってしまうのは、赤ちゃんもお母さんも初めてのことだからしょうがないですよね)。

先に破水が来てしまったら、これから赤ちゃんが自分で出てこようとしているんだと思って、

慌てずに初めての共同作業を頑張ってみて下さいね。

スポンサードリンク

 - 妊娠

  関連記事

妊娠中の自転車 乗っても大丈夫? 流産の危険性は? 注意点を教えて

妊娠すると、時期によっては飛行機は乗ってはダメって言いますよね。 自動車は大丈夫 …

排卵日はオリモノが変化する?症状とチェックの仕方をご紹介

恋活、婚活、朝活、老活、終活などなど……。 一昔前に比べて、いろいろな活動が増え …

妊娠中つわりで痩せてしまった 赤ちゃんに影響はある? 発症リスクが高まる疾患と対策をご紹介

妊娠初期に酷い悪阻(つわり)に悩まされるお母さんは少なくないはずです。 悪阻のた …

多胎・双胎 妊娠 原因を教えて! リスクはある? 双子を産む確率を上げる方法は?

双子、三つ子、四つ子、五つ子、 自分が小さな頃は、同時に生まれる兄弟がそんなにた …

妊娠中つらい“つわり” 症状と対処法

妊娠初期に多くの方が経験するといわれるのが、「つわり」。 医学的には「妊娠悪阻( …

安産祈願はいつ頃行くのが良い?人気があるスポットを教えて 

妊娠して週数を経過すると、徐々につわりも落ち着いてくるでしょう。 妊娠中に考える …

不妊治療と仕事の両立は可能? 

結婚してパートナーとの暮らしが落ち着いてきた頃、赤ちゃんんを望むのは自然な流れな …

臨月は運動した方が良い?破水が心配でどれ位運動した良いのか教えて

妊娠中だからといって、運動してはいけないわけではありません。 むしろ、お産やその …

切迫流産の初期、中期の症状は?

赤ちゃんを授かったお母さんは、「無事に産まれてきますように」と無意識に、 頭のど …

快適な妊娠生活を送るために自分でコントロールできる4つのポイント

前回の妊娠でつらい経験をされた女性は、 2度目の妊娠でも、また同じようにつらい経 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です