出産・育児の不安を解決 ママ応援サイト

出産・育児の不安や悩みをお持ちのママをサポートします!

妊娠線の効果的な対策法 できやすい人の特徴、知っておきたい注意点をご紹介!


「妊娠線」……いったい何? と思われた方も多いのではないでしょうか。

「頭脳線」や「生命線」、「結婚線」のような手相の線? 子どもを何人授かるのかその線で見られるのか?

 

そんなふうに思う方もいらっしゃるかもしれませんね。

そんな妊娠線について、今回は説明していきたいと思います。

スポンサードリンク

妊娠線はどうしてできるの?

妊娠線は妊娠後期、お腹が大きくなってきた時にお腹やお尻、太もも、バストや二の腕にできる亀裂です。

お腹が大きくなるということは、表面積が大きくなることでもあります。

 

肌の表面にある表皮は伸びるのですが、

表皮の下にある真皮や皮下組織の一部は伸びにくいのでお腹の大きさについて行けず線状の亀裂が生じます。

痛みはありませんが、かゆみが生じる場合がありますのでかきむしることがないように気をつけて下さい。

妊娠線の予防対策を教えて

妊娠線は、お腹が大きくなってきた時……つまり体重増加することによってできます。

赤ちゃんには大きくなってほしいですが、お母さんまで余分な肉をつければ妊娠線ができる可能性はより高くなりますので

(それに過度な体重増加は産道が狭くなるので、出産の時に赤ちゃんもお母さんも大変です)、

体重のコントロールを心がけて下さい。

 

あと、肌の柔軟性を保つために、早くから予防クリームを塗っておいたほうがいいでしょう。

その際には、お腹だけではなく、ウエストやお尻、二の腕に太ももも忘れずに。

スポンサードリンク

妊娠線ができやすい人の特徴を教えて

皮下脂肪が厚い人は皮下組織が余計に伸びにくくなりますからできやすいです。

急激に腹囲が増えた人や小柄でお腹が比較的大きくなった人もその分皮膚が伸びるのでできやすく、多胎妊娠をした人は子宮が大きくなった分、乾燥肌の人も肌の柔軟性が乏しいのでやはりできやすいでしょう。

また、2人目以降の妊娠でも、子宮が大きくなりやすいので急激に腹囲が増え、妊娠線が出やすいですね。

 コチラの動画も参考になります↓

助産師の妊娠線オイルの塗り方~お腹の妊娠線~

 

妊娠線予防の注意点を教えて

ずっと妊娠線が出ていなかったのに、出産直後、

または母乳をあげる時期に胸が張ってできてしまった、という人もいます。

 

ですが出産後は現実問題としてお母さんの体調はボロボロですし(床上げの時期まで、家事をするのは本当に無理だと思います)、

赤ちゃんの睡眠時間も一定しないので、まず生活の全てが赤ちゃんありきで回り、妊娠線ケアどころではなくなってしまうでしょう。

なので、体重コントロールと予防クリームでのマッサージを以前からやっておくのがよいのですが、マッサージには注意が必要です。

効果的なのですが、お腹やバストを刺激することによって子宮の収縮を促すことがあるからです。

その場合は直ちに中止して、頻繁にお腹が張るようならかかりつけの医師に相談して下さい。

 

まとめ

いろいろと書いてきましたが、妊娠線に限らず妊娠・出産には「これさえしておけば大丈夫!」という絶対的マニュアルはありません。

つわりも妊娠線も体質により全く出ない人もいればスイカのように出てしまう人もいます。

ですが、妊娠線は消えませんが、しばらくしたら薄くなってあまり目立たなくなるものです。

 

日頃の育児に追われて手入れもすっかり忘れ、しばらくしてから「あら妊娠線どれだったかしら」などと思うことも。

作らないようきちんと予防をしつつも、いざできてしまったら「母の勲章!」と開き直るのもありかもしれませんね。

スポンサードリンク

 - 妊娠

  関連記事

妊娠したのかも?知っておきたい妊娠検査の方法

月経が遅れている女性。 月経がないけれど特別に妊娠の兆候が見当たらない女性。 長 …

破水の見分け方を教えて 尿漏れやおりものとの違いをご紹介

妊婦さんがドラマなどに出てくると、事件に巻き込まれたり、そうでなくとも急に陣痛が …

妊娠超早期の症状はいつから?代表的な症状をご紹介!

予定日になっても整理が来ず 「もしかして、妊娠したかも・・・?」 と考える。 妊 …

妊娠中の肥満のリスク、出産への影響

妊娠中に太ってしまった方、 元々少し太っていた方などは、 肥満が出産に影響がある …

妊婦の仰向けはいつ頃まで大丈夫?仰臥位低血圧症候群について教えて 

お腹の中で徐々に成長していく赤ちゃん。 子宮の中で大きくなっていく赤ちゃんは、お …

妊娠中のストレス お腹の赤ちゃんに影響はある? 解消法を教えて

「ストレス」。 これを言ったことも聞いたこともない人というのはまず存在しないので …

妊娠に効果的 手軽にできる温活のご紹介!

最近女性達の間で話題になっているのが「温活」というもの。 これは冷え性の方が体を …

妊娠しやすい体質へ 妊娠力アップ4つの方法

可愛い赤ちゃんを授かりたい!と思っている方にとって気になるのは、 「自分が妊娠で …

陣痛中の胎動が激しく痛い 対処法を教えて

臨月に入ってくると、妊婦さんの体には様々な変化が見られるようになります。 例えば …

胎児の性別はいつ分かる?間違えたりはしない?

お腹に新しい命が宿って、だんだん大きくなっていくお腹を見ながら周囲の人々からかけ …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です