出産・育児の不安を解決 ママ応援サイト

出産・育児の不安や悩みをお持ちのママをサポートします!

妊娠中つわりで痩せてしまった 赤ちゃんに影響はある? 発症リスクが高まる疾患と対策をご紹介


妊娠初期に酷い悪阻(つわり)に悩まされるお母さんは少なくないはずです。

悪阻のために食事もとれず、苦しい思いをしていることでしょう。

 

赤ちゃんのために食べなければと思う反面、食べては吐いてしまうことを繰り返してしまうことで、罪悪感を抱いていることと思います。

「食べないと、赤ちゃんが大きくなれない」「赤ちゃんに影響が出ちゃうのではないか?」

という心配が頭をよぎります。

悪阻で食べられなくなってしまった場合、赤ちゃんへの影響はどうなのでしょうか?

気になるところです。

スポンサードリンク

妊娠中に痩せる妊婦さんが増えている?

妊娠中に、それまでよりも体重が減っていく妊婦さんが、以前よりも増えているようです。

ただ、これは何も悪阻だけが理由ではないようです。

 

中学時代から始まる、女性の「痩せたい」とか「痩せていたい」が根底にあるようです。

現代の日本の若い女性は「痩せたい」思考が強いようです。

この思考は、妊婦さんになっても変わらないんだとか。

なので、たとえ悪阻がひどくなくても痩せている、あるいは痩せていく妊婦さんが増えているようです。

こちらの動画も参考になります↓

妊婦とダイエットの関係 先進国で一番痩せている妊婦は日本人!ホンマでっか

赤ちゃんに影響は?

妊娠中のお母さんが痩せていく現象は、少なからず赤ちゃんに影響を及ぼしているようです。

やせ思考のお母さんから生まれる赤ちゃんは、低体重で生まれるケースが多いようです。

極低体重で生まれたお子さんに起こりやすい障害については、次で述べたいと思います。

スポンサードリンク

発症リスクが高まる疾患を教えて

極低体重で生まれたお子さんに、どんな病気が多いのか?

現在妊娠中のお母さんにとっては、とっても気になるところですよね。

極低体重で生まれた赤ちゃん、お子さんには、障害が残るケースが多いようです。

 

一般的に言われているのは、

 

脳性麻痺や視力・聴力障害、学習障害、IQ低下、発達障害

などです。

 

産婦人科学会が公表している文書では、10~20%の範囲内で、

極低体重で生まれた赤ちゃ んに上記のような障害が出る可能性があるとしています。

また、運動能力の低下、斜視などの視力障害、近年話題の注意欠陥多動障害なども、見られてきているようです。

更に、妊娠中のお母さんが十分な食事を摂らないことで、その子供たちの生活習慣病発症が疑われています。

最も強く言われているのは、糖尿病です。

 

赤ちゃんがお腹の中にいる間に、お母さんが十分な栄養を摂らないでいると、赤ちゃんの体の中にある膵臓、

血糖値をコントロールしてくれるホルモンを分泌するところですが、ここが十分に発達しないことが疑われています。

そのために、生まれてきた赤ちゃんが成長した後、生活習慣病が発症するリスクが高まってしまうのです。

 対策はある?

つわりの酷いときは、食べたくても食べられない妊婦さんがほとんどの筈。

独特の匂いのあるもの、特有の味への抵抗感が強くなっていくかと思います。

この時期はとにかく、食べられそうなものはできるだけ食べておくことです。

 

実際、冷たい酸味のあるフルーツは、最も食べやすく吐きだしにくいという話も聞いたことがあります。

とにかく、食べることができそうなときは、食べられそうなものを、できるだけ量多く食べることが、一番の対策になるようです。

 

まとめ

妊娠中のお母さんの体重管理は、赤ちゃんへも影響します。

ただ、それがつわりで食べられないことと、自分自身が痩せていたいこととでは、つわりが終わった後の体重管理に影響するかと思います。

妊娠中の肥満はハイリスクと言われますが、妊娠中のやせもハイリスク妊娠と言われています。

つわりの間は、可能な時期に食べられそうなものを食べること、悪阻がおさまったら可能な範囲で食べることを意識してください。

スポンサードリンク

 - 妊娠

  関連記事

妊娠したのかも?知っておきたい妊娠検査の方法

月経が遅れている女性。 月経がないけれど特別に妊娠の兆候が見当たらない女性。 長 …

妊娠合併症とは? その種類と対処法をご紹介

この記事の目次1 妊娠合併症 どんなものがあって、どうしたらよいの?2 妊娠合併 …

臨月に吐き気や寒気がする原因は何?対策を教えて

臨月になると激しい吐き気や寒気に襲われてつらいこと、ありませんか? 妊婦さんであ …

破水の見分け方を教えて 尿漏れやおりものとの違いをご紹介

妊婦さんがドラマなどに出てくると、事件に巻き込まれたり、そうでなくとも急に陣痛が …

陣痛の痛みの逃がし方 どんな体勢がいい?呼吸法は?

約40週にわたる妊娠期間の最後にやってくる『陣痛』。 この痛みの恐ろしさゆえ、妊 …

妊娠中に猫を飼っても大丈夫?トキソプラズマの影響は?

自宅に猫を飼われている方も多いと思います。 よく猫は病気を持っていると言われてい …

妊娠しやすい体質へ 妊娠力アップ4つの方法

可愛い赤ちゃんを授かりたい!と思っている方にとって気になるのは、 「自分が妊娠で …

臨月の下痢はお産のサイン?おならもでやすい?

40週、約9か月間の妊娠期間を経て、赤ちゃんが産まれてきますが、最後の1か月間を …

妊娠中の生もの、食べても大丈夫?

妊娠中、つわりの時期には人によっては様々な食生活の偏りが出てきて、 それが収まっ …

妊娠の出生前診断 受けるメリットは?費用を教えて

結婚年齢が高くなってきているのに伴って、35歳以上で妊娠出産を経験する方が増えて …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です