出産・育児の不安や悩みをお持ちのママをサポートします!

出産・育児の不安を解決 ママ応援サイト

家計

妊娠・出産で公費でもらえる最新情報まとめ

投稿日:

Pocket

これから産む人も、二人目も考えている人も子どもを産むのも育てるのもお金がかかりますよね。

最近では公費でもらえるお金もふえていますので、最新情報をチェックしてもらい漏れのないようにしましょう。

妊娠検診費(14回分がタダになる)

誰がもらえる?

妊娠している人誰でも

いくらもらえる?

14回分の妊婦健診受診票のほか、超音波検査や歯科健診の受診票 がもらえる自治体もございます

どうやって もらえる?

市区町村役場に届け出 れば母子健康手帳と一緒にもらえます

 

妊娠すると、自治体から妊婦健診にかかる費用をカバーできる14回分の受診票が受け取れます。

自治体によっては 超音波検査や歯科健診等の受診票、タクシー券などを配布しているところもあります。

妊娠がわかったら、住んでいる地域の市区町村役場に届け出ましょう。

母子健康手帳といっしょにもらえるはずです。

※双子は追加でもらえるかも

双子の場合、14回にプラス5程度、追加助成している自治体がふえています。

助成が無制限、あるいは超音波が無制限というところも。

双子出産を予定している人は、お住まいの自治体の助成内容をぜひ調べてみることをおすすめします。

スポンサードリンク

出産育児一時金(誰でも42万円がもらえる!)

誰がもらえる?

健康保険に加入している人なら誰でも

妊娠 4カ月以上なら流産や死産でも対象になります

いくらもらえる?

子ども一人につき42万円

多胎の場合は人数分

どうやって もらえる?

自分の加入する健康保険の窓口に申請をします

 

直接支払制度を利用すれば退院時の窓口での支払いは差額分のみで済みます。(これがホント助かる!)

出産したら加入する健康保険から、子ども一人につき9万円の出産育児一時金がもらえます。

受け取りは健康保険から産院に直接支払われる直接支払制度です。

直接支払制度を設けていない産院なら、受取代理制度を利用するか産後申請をする必要がありますので注意して下さい。

退職6カ月以内なら、原則的に元の会社の健康保険にも請求できます。

受け取り方法はこの3つ

1.直接支払制度

直接支払制度健康保険から産院に直接支払われるので、退院時の支払いは42万円を超えた分だけ。

2.受取代理制度

産院に承認をもらった申請書を健康保険に提出することで、支払いは差額分のみになります。

3.產後申請

産後に健康保険に申請します。

カードでポイントを貯めたくて、あえてこの方法を選ぶ人も多いです。

スポンサードリンク

児童手当(0~2歳は1万5,000円もらえる)

誰がもらえる?

15才までの子どもを育てる親

いくらもらえる?

0~2才は1万5,000円

3~15時は1万円(第3子以降は小学生まで1万 5,000円)、

所得制限を超えたら5,000円

多胎の場合は人数分

どうやって もらえる?

自分の加入する健康保険の窓口に申請をします

絶対にもらいそこねないように出生届を出したときに手続きをしましょう!

中学校卒業までの子ども一人ひとりにもらえて、ずっと貯めれば200万円になる貴重な子育て資金。

もらい終わりが15歳の3月なので、4月生まれの子と3月生まれの子ではトータル支給額が変わることも知っておきたい。

注意点は締め切りを過ぎると、さかのぼってもらえないこと

出生届提出時に申請すれば確実です。

失業給付金の延長処置(妊娠中に退職されるママは絶対!)

誰がもらえる?

離職日以前に雇用保険の被保険者が6カ月以上ある退職する人

いくらもらえる?

延長申請後、再就職活動するときに基本手当日額×支給日数分の失業金が支給

どうやって もらえる?

退職日翌日から30日目のさらに翌日から1カ月以内に住所地のハローワークで延長申請をする必要があります

退職ママには失業給付金の受給期間が延長できる特別措置があります

雇用保険に加入している人が退職し、再就職活動中に支給されるのが失業給付金ですが、妊娠・出産・育児で退職した場合は働く意思がないとみなされて対象外に。

そこで子育てが一段落してから、また給付を受けながら就職活動できるように本来の1年間を含めて最長4年間延長できる特別措置が設けられています。

子どもが3才を過ぎたら

受給を申請して受給期間延長の4年は、もらい終わりが4年ということ。

多くの人が90日でもらい終えることを考えると、子どもが3才を過ぎたら再就職活動を始めて申請しましょう。

延長中に二人目を妊娠しても、再延長はできません

出産手当金(産休中に給料の67%がもらえる)

誰がもらえる?

会社の健康保険または共済組合に自分で加入している人

いくらもらえる?

産前42日(多胎は日)と産後56日の原則98日分について日給の67%×産体として休んだ日数

どうやって もらえる?

産休終了の57日目以降に、勤務先か健康保験、共済組合に申請しましょう

申請は産後57日目以降。産休あけまで無給になるのが一般的

会社員や公務員の場合、産休中は健康保険や共済組合からお給料がわりに出産手当金が支給されます。

給料が出る場合は支給額が調整されます。

注意したいのは申請が産後57日目以降なので、実際に受け取れるまでに時間がかかる点。

産休あけまで無給になるのが一般的です。

出産が遅れると、その日数分だけ支給額がアップ

予定どおりに出産すると98日分。

出産日以前2日間に出勤日があると、その分減額されるので予定日以前の出産は結果的に減額になります。

予定日より3日遅れたら、3日分が加算されて支給されます。

まとめ

上記のように出産するママ達には国から支給される補助金が沢山あります。

もったいないので、もらい忘れには注意しましょう。

スポンサードリンク

-家計

Copyright© 出産・育児の不安を解決 ママ応援サイト , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.