出産・育児の不安や悩みをお持ちのママをサポートします!

出産・育児の不安を解決 ママ応援サイト

家計

専業主婦が働くタイミングを決める前にチェックすべき3つのポイント

投稿日:

Pocket

専業ママのポイントは、家計に入るお金をいかにコントロールして上手にまわしていくかですよね。

いつか働くつもりなら、早く働くというのもひとつの手です。

子どもが成長するにつれて周りで働く人がだんだんとふえてくると、

「私も働かなくちゃ」

とプレッシャーがかかるような気持ちになるかもしれません。

 

でも、お金面からいうとそのプレッシャーというのはまったく関係なし。

自分が働きたいか、働きたくないかというのは周りのママたちに影響されることではないからです。

ただし将来、働かざるを得なくなったときのために、どんな制度があるのか知っておいたほうがよいでしよう。

働かないなら、入ってくるお金をいかにうまく配分するかということが重要になります。

マネープランや貯金簿をうまく活用して、やりくりしていきましょう。

 

「家をサロンにして、いつか教室 を開きたい」

と話す専業ママも少なくありませんが、ヨガやネイルサロンなど、そのときどきのブームのものは資金的な裏づけがなけ ればやめたほうがよいでしょう。

たとえ収入が目的でなくても、自分の貯蓄やご主人の給料から赤字分を補てんし続けるケースも少なくありませんから。

起業したいなら、まずはしっかりと資金計画を立てる必要があります。

スポンサードリンク

1.貯金できる5つのルールを徹底して何にどれぐらいお金がかかるのか把握しましょう

貯金できる5つのルールを実践して、 これから何にどれぐらいお金がかかるのかを把握しましょう。

それまでにいくら必要か、

足りなければどうやって貯めるのか、

あるいは働くのか、

一度じっくりと考えてみましょう。

2.金銭的に自由な老後を過ごすためいつか働くなら早く働き始めましょう

50代になると更年期などで不調を訴える人が増えてきます。

そのような女性の体の変化に合わせて、

早めに働き始めて、

かせいだお金をどう家計に落とすか、

どう教育資金にとっておくかを決めて、

早く仕事をやめるプランを立てましょう。

スポンサードリンク

3.貯金簿をつけて限られたお金をうまく配分しましょう

限られたお金をうまく配分するために “貯金簿”は必須のツー ルです。

大きなお金の流れがわからなければ、この先足りるか足りないか、働かなくてもやっていけるかどうか計画が立ち ませんから。

家計簿はつけなくても貯金簿は必ずつけるようにしましょう。

現在の預金や保険、ローン残高を一覧で書き出し、貯金の推移を追っていくシート。

夫と妻それぞれに分けて、半年~1年単位で書けばOK。

お金の流れが把握できれば、貯金もふえていくはず。(貯金簿のつけ方はこちらに詳しく解説されています)

まとめ

元気なうちに働き始めるのが、快適な老後を過ごすポイントですね。

ただ焦る必要はなく、今回ご紹介したポイントをチェックして万全の体制で望めると

長い目で見た場合、大きく差が出てきますよ。

スポンサードリンク

 

-家計

Copyright© 出産・育児の不安を解決 ママ応援サイト , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.