出産・育児の不安や悩みをお持ちのママをサポートします!

出産・育児の不安を解決 ママ応援サイト

家計

教育資金贈与の非課税制度とは?知っておきたい3つのポイント

投稿日:

Pocket

学校の授業料や入学金などを対象に、子ども一人につき1,500 万円までの贈与が非課税になる「※教育資金の一括贈与に係る非課税制度」。

いったいどんなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

 

教育資金の一括贈与に係る非課税制度

おじいちゃん、おばあちゃんが孫に対して教育資金を1,500万円まで非課税であげられる制度です。

祖父母や親から30才未満の子どもや孫への 教育資金の贈与が、贈与を受ける側一人あた り1,500万円まで非課税になる優遇制度。

対象となる教育資金は、

学校の授業料や入学金、 学用品など。

贈与を受けるには金融機関へ領収書を提出する必要があります。

メリット

通常、1年間で110万円を超え る贈与には贈与税がかかることもありますが、教育資金にかかるものなら1,500万円を上限に非課税で贈与を受けられます。

一括で受け取れるのもメリットの一つです。

デメリット|

30才までに使い切れなかった場合。

残ったお金に贈与税がかかってしまいます。

親の両親から多額の資金を出してもらうことで、教育に口を出されたり、親のきょうだい間で不公平が生じたりする可能性もあります。

 

今回は、教育資金贈与の非課税制度について知っておくとお得な情報をご紹介します。

スポンサードリンク

1.わざわざ制度を使わなくても良いケースもある?

年間110万円までは非課税なので、制度を使わずに何年かかけて 1,500 万円分をもらうことも可能。

「元気なうちにまとめてあげたい」という気持ちが強い祖父母も多いです。

2.習い事も教育資金の対象になるの?

習い事も含まれますが、500 万円 までが限度です

テキストやグローブなど指導者を通さずに自分で専門店で購入したものは対象外ですので注意が必要です。

1,500 万円の対象は、授業料や入学金など学校に直接支払うものです。

3.「結婚・子育て資金の一括贈与制度」と併用しても大丈夫?

結婚式代や出産費用を対象に 1,000 万円まで非課税で贈与できる 「結婚・子育て資金の一括贈与に 係る贈与税の非課税措置」との併用も可能。

対象範囲が重なる部分での払い出しはダメ。

どちらか一方で使った領収書は使えませんので注意が必要です。

スポンサードリンク

ジュニアNISAを使う選択肢もありです

子ども名義で年間80万円まで非課税で投資できるジュニアNISAの資金をおじいちゃん、おばあちゃんに出してもらい、将来の 教育資金にあてるのもあり。

年間110万円の贈与税非課税枠がふえるわけではありませんが、祖父母にとっては相続税対策にもなります。

子どもが18才になるまで払い出せないので学資保険がわりにもなります。

まとめ

祖父母からの支援は、とても助かりますよね。

そんな大事なお金だからこそルールを守って最大限に活かすようにしましょう。

スポンサードリンク

-家計

Copyright© 出産・育児の不安を解決 ママ応援サイト , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.