出産・育児の不安や悩みをお持ちのママをサポートします!

出産・育児の不安を解決 ママ応援サイト

子育て

子供にしっかりと挨拶できるようにするおすすめの方法とは?

投稿日:

Pocket

子供だけでなく大人でもしっかりと挨拶できない人が増えてきたと感じています。

しっかりと挨拶できれば、それだけでその人の印象が良くなりますよね?

あいさつは人間関係を円滑にする、とても大切なものです。

親としては、ぜひ、できるようになってもらいたいですよね。

今回は、しっかり挨拶できるようになるおすすめの方法をご紹介します。

スポンサードリンク

恥ずかしがり屋の子もいる

あいさつができないことを気にして、子どもを叱る親もいます。

しかし、幼少期は恥ずかしさからあいさつができない年頃もあります。

まれに、この差恥心がまったくない子もいるので、そういう子と比べて

「うちの子だけ、なんで……」

と思うかもしれませんが、実際には、あいさつができずにモジモジする時期は多くの子に存在します。

まずは、自分の子の「できない」ところから目を離して、広く周りを見回してみてください。

きっと、同じようにあいさつができない子どもが多いことに気づくと思います。 

子供に挨拶を強制する前に親がお手本を見せましょう

あいさつができなくても、幼少期であれば、深刻に捉える必要はありません。

子育て経験者なら、恥ずかしくてあいさつできない子がいるのは知っています。

「すみません。恥ずかしがり屋で」

などと申し訳なさそうに言っておけば、角は立ちません。

あいさつができなかったからといって、

「おはようも言えないと、みんなに嫌われちゃ うよ!」

など、子どもを責めるような言葉は決して言わないでください。

責められると、子どもは萎縮し、あい さつ=イヤなこととして記憶され、あいさつへの苦手意識がさらに強まってしまいます。

そういう時は、叱るのではなく、親が笑顔であいさつして、お手本を見せ続け、

「おはようって言えたらステキだね」

などと、穏やかに促しましょう。

 

やがて、子どもも自然に真似してあいさつするようになります。

その時は、小さな声だったとしても、ぜひ盛大にほめてあげましょう。

まとめ

あいさつの習慣がない大きな子の場合は、

「あいさつは人間関係を円滑にするために大切」

だと必要性を伝えて身につけさせましょう。

また、あいさつができた時にほめられると、あいさつ=嬉しいことと記憶され、またしようと思うため、できた時にはしっかりほめましょう。

スポンサードリンク

-子育て

Copyright© 出産・育児の不安を解決 ママ応援サイト , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.