出産・育児の不安や悩みをお持ちのママをサポートします!

出産・育児の不安を解決 ママ応援サイト

産後

マミートラックとは?語源を教えて マミートラックに塩漬けって?

投稿日:

Pocket

最近では女性の社会進出も活発化していくようになり、マミートラックとは?語源を教えて マミートラックに塩漬けって?

男女ともに社会で活躍するようになってきています。

スポンサードリンク

結婚や出産をきっかけに仕事を辞めるという女性も

徐々に減少傾向にあるようです。

 

しかしそれでもやはりいくつか問題点があるようです。

 

その問題の代表的なものが「マミートラック」と呼ばれるもの。

さらには「マミートラックに塩漬け」といった言葉まで出るようになりました。

 

これは最近になって話題にされるようになってきており、

出産後に友達が会社に復帰した時にも、

やはりこのマミートラックを感じたことがあるんだそうです。

 

しかしこの言葉について、あまり聞き覚えがないという方もいます。

 

そこで今回はこのマミートラックというのはどういう意味なのか?

その語源はどこにあるのか?マミートラックに塩漬けとは何なのか?

そんなマミートラックから脱出する方法についてご紹介いたします!

 

マミートラックとは?

ではマミートラックというのはどういう意味なのでしょうか?

これはいわゆるキャリアウーマンの女性が陥りやすい状態で、

出産前はバリバリ働いていた女性が、妊娠をきっかけに育児休暇へと入り、

育児休暇が明けた後に社会復帰した際に、

出世ができなさそうな部署へ配属され、出世はもちろん、

今後のキャリア形成を断念せざるを得ない状態になってしまうことです。

スポンサードリンク

確かに育児休暇明けであっても子供は突発的に風邪を引いてしまって、

ママが会社を休まざるを得ない状態になってしまいがちなので、

休みやすいようにという会社側の配慮でもあるのですが、

社会復帰した後の女性にとってはやや物足りなさを感じてしまうようです。

 

最初は仕方ないと思いながら働いていても、やがて

「子供を保育園に預けてまでこの仕事をする意味はあるのか」

と疑問に思うようになり、結局会社を辞めてしまい、

子供が生まれたばかりということで再就職も難しくなってしまうことで、

そのまま専業主婦もしくはパートの仕事をするようになる傾向にあるようです。

 

実は友達も仕事が大好きだったのですが、出産のために産休に入り、

そのまま育児休暇も取得しましたが、

復帰後は以前ほどの仕事が回ってこなくなり、

復職しない方が良かったのかなと悩んでいました。

 

まさにこれがマミートラックという状態というわけです。

女性の社会進出が進んでいてもこういった問題が背景に隠れていたんですね。

 その語源は?

では何故「マミートラック」と言われるようになったのでしょうか?

その語源についてですが、

 

仕事の昇進のためのステップアップができず、

まるで陸上のトラックを回っているかのように

同じような社会的地位を回っている

 

ということから、

この言葉ができたと言われています。

女性の社会進出が進み始めてきている中で、

こういった言葉ができるということは、それだけマミートラックの状態に陥っている人たちが多いということですよね。

 

もちろん会社側としても出産後も働けるようにと配慮はしているのですが、

どうしても休みがちになってしまうので、

重要な仕事は任せられないと思ってしまうのは仕方ないことです。

 

ですが、それがマミートラックの状況を作ってしまっているので、

なかなか解決できない問題となっているようです。

 

私たちの知らないところでこういった状況ができているということを

知っておくことが大事なんですね。

 

マミートラックに塩漬けってどういう意味?

そんなマミートラックという言葉ですが、もう一つ「マミートラックに塩漬け」

という言葉もよく使われるようになってきています。

これはどういう状況なのでしょうか?

 

育児をしながら仕事をすることができても、

やはり他の正社員とは同じ状況で働くことができないもの。

 

ですがやはり育児との両立で働いている女性にとっては、

「この会社で働かせてもらっているだけでもありがたいもの」

と思ってしまい、その現状で妥協する方も多いです。

 

そうなってくるとせっかく素質のある女性でも、

活躍する場が制限されてしまって、思うように社会進出ができないという状況に陥ってしまうというわけです。

 

この女性の心境をいわゆる「マミートラックに塩漬け」という言葉で

表現しているというわけです。

 

確かに子供が急に病気になったりすることも多いため、

急なお休みを取ることもある自分を快く雇ってくれるという状況になると

「働かせてもらっているだけありがたい」

と思ってしまうのも無理はありません。

 

本当はバリバリ活躍したいのにそれができないという状態で、

仕事を続けていくというのはやっぱり色々と考えさせられてしまいますね。

 

マミートラックからの脱出方法を教えて

ではこのマミートラックの脱出方法はあるのでしょうか?

このマミートラックを解決するためには、自分だけではなく

企業側からの協力も必要不可欠となります。

 

まず働くママ達に意識してほしいことが、

「昇進を焦らずにできることをやる」ということです。

 

確かに子供を育てながら仕事をするとなると、

大事な仕事を任されないといった状況に陥ってしまい、

その結果「昇進が遅れる!」と焦る気持ちが出てくるかもしれません。

 

しかし昇進というのは1〜2年で目指すものではなく、

これから十数年をかけて目指すものでもあります。

 

なので、今だからこそできる仕事というのを丁寧にすることが大事です。

産休や育休中の時のブランクをここで取り戻し、

ゆっくりと経験を積みながら昇進を目指すような気持ちで

仕事に向き合っていきましょう。

 

そして企業側の対処法としては、

 

「在宅ワークやテレワークなどを取り入れながら

出社をしなくても働ける環境作りをすること」

 

「評価方法を勤務時間ではなく、能力や結果で判断し、

短い時間でも成果が出たら良いという環境作りをすること」

 

 

です。

これはマミートラックだけではなく、両親の介護をしている人たちにも

十分に適用されるものなので、こういった環境作りは積極的に行っていきましょう。

 

まとめ

マミートラックに悩まされている女性というのは、私たちが想像している以上にたくさんいらっしゃいます。

私の身近にもマミートラックで悩んでいる友達がいたので、

他人事ではないなというのを改めて実感させられました。

 

そしてそのマミートラックを解決するためには、

本人だけではなく企業側からの協力も必要不可欠です。

 

育休に入る前から会社の人たちとじっくり話し合うようにして、

どのように働いていくかというのを詰めておくようにしていきましょう!

スポンサードリンク

-産後

Copyright© 出産・育児の不安を解決 ママ応援サイト , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.