出産・育児の不安を解決 ママ応援サイト

出産・育児の不安や悩みをお持ちのママをサポートします!

妊娠中の風邪薬は大丈夫?おすすめの治療法は


妊娠中はできれば風邪をひきたくないですよね。

風邪をひいてしまうと母体だけでなく、胎児にも影響がありそうで心配ですよね。

風邪をひいてしまうのは、免疫力が低下しているからでもあります。

スポンサードリンク

妊娠中は風邪をひきやすい?

免疫力はもともと私たちの体の中に備わっているもので、細菌から体を守り、感染症を防いでくれます。

しかし妊娠中の体は免疫力が低下しやすいと言われています。

 

これにはホルモンバランスが関係しています。

赤ちゃんの遺伝子の半分は男性のものなので、ママのホルモンバランスが崩れてしまうのです。

 

妊婦さんにとって、赤ちゃんは通常なら体内にいないはずの異物と同じです。

そしてママの免疫力が強いと、異物として赤ちゃんを攻撃してしまいます。

そのために流産や早産のリスクが高まってしまうのです。

 

このようなリスクを下げるため、赤ちゃんを拒絶反応から守ろうとして、妊娠期はあえて免疫力低下させてしまいます

これによって風邪になりやすいのです。

スポンサードリンク

風邪は赤ちゃんに影響を与える?

風邪をひいてしまうと下痢やくしゃみ、鼻水や咳が出てきてしまいますよね。

そのような時、赤ちゃんにはどのような影響があるのでしょうか?

熱が上がって母体の体温が上昇してしまうと羊水の温度も上がるため、赤ちゃんの体温や心拍数もグンと上がります。

微熱程度なら問題ありませんが、もしも高熱がずっと続いてしまった場合は要注意です。

 

また、妊婦さんはくしゃみや咳をするたびにお腹に力が入ってしまうので、お腹が張ってしまうでしょう。

風邪のせいで流産や早産する心配はあまりありませんが、長引く咳や下痢は普通よりも子宮が収縮しやすく、

子宮口が開いてしまう可能性があるので注意しましょう。

薬を飲まずに風邪を治す方法は?

薬を飲まずに風邪を治す方法は、難しいことではなく、心がける事はごく基本的な事です。

ご飯をしっかり食べる!

つわりがあるとなかなか食事がとれないでしょうが、風邪の時は栄養摂取が必要です。

とにかくしっかり食べて体力をつけます。

特にビタミンCは風邪に有効です。

しかし中には避けた方がいい食べ物もあります。↓

・チーズ

栄養価が高いので一見風邪に良さそうですが、チーズを選んでしまうと種類によっては流産や死産の危険性があるので控えた方がいいです。

チーズ自体が危険な食べ物というわけではありませんが、チーズによってはカビがはえていても食用のものがあり、胎児に影響してきます。

 

・卵、大豆、肉

これらは全て高タンパクで確かに栄養価は高いですが、食べ過ぎるとアレルギー原因になります。

食べてはいけないというよりも、食べ過ぎに気を付けた方がいいです。

 

・とりあえず寝る

軽度の風邪であれば、ぐっすり眠る事で治りが早くなるでしょう。

ちなみに私は風邪になった時、いつもこの方法で治っています。

病院や薬に頼らなくてもたいてい寝る事で治ってしまいます。

体を温かくして、水分を横においてたっぷり寝てくださいね。

↓↓↓

 

妊婦さんが使って良い薬と悪い薬とは?

 ・市販薬は使わない事

風邪をひいてしまったからといって、すぐに市販薬を飲んでしまうのはいけない、というのはご存知の方も多いでしょう。

特に妊娠初期は大事な時期なので、胎児に何か悪影響があっては困ります。

自己判断で市販薬を選ばないようにしましょうね。

 

・医師から処方された薬ならOK

市販薬は控えた方がいいですが、ドクターが妊娠中の事を考慮して出してくれた安全な薬は、使っていいでしょう。

薬を飲まないで風邪を治すのが一案ですが、医師に処方された場合は素直に飲むようにしましょうね。

免疫力が著しく落ちている場合には、自然治癒はなかなかうまくいきません。

悪化して重症になってしまう事もあるでしょう。

 

おすすめの風邪の予防法

風邪ウイルスは200種類以上にものぼり、風邪とよく似た症状でのウイルス感染症は多数です。

特に妊娠期は母体を守ることが重要です。

日頃から予防しておかなければなりませんね。

 

【妊娠中の風邪で注意すること】

 

・体を温める

・栄養価の高い食事

・水分をたっぷりとる

・十分な睡眠

・市販の栄養ドリンクは飲まない

・ビタミンCをとる

・鼻腔を広げて呼吸を楽にする

・加湿で喉を常に潤わす

・人ごみを避ける

・室内でもマスクする

・うがい、手洗い

 

上記はどれも基本的な事ですが、風邪ウイルスに感染しないようにするためにも、徹底させましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

妊娠中は風邪に限らず、様々な細菌やウイルスから母体を守らなければいけません。

 

一週間以上きつい状態が続いてしまうと細菌に感染する恐れもあり、最悪肺炎に発展してしまいます。

こんな時は早めに病院へ行きましょう。

 

一番いけないのは無理してしまう事です。

自力で治せない時には病院に頼るようにしましょうね。

スポンサードリンク

 - 妊娠

  関連記事

妊娠中の肥満のリスク、出産への影響

妊娠中に太ってしまった方、 元々少し太っていた方などは、 肥満が出産に影響がある …

妊娠中の生もの、食べても大丈夫?

妊娠中、つわりの時期には人によっては様々な食生活の偏りが出てきて、 それが収まっ …

妊娠で仕事を辞めたい。上司にいつ頃報告する? どうやって辞めたらいいの?

待ち望んだ妊娠、赤ちゃんができた方、おめでとうございます。 赤ちゃんができたこと …

つわりのピークはいつ?平均は?いつ終わるか気になるあなたへ読んで欲しい

大好きな人と結婚し、赤ちゃんができたときの喜びは、言葉には表しきれないものでしょ …

妊娠しやすい人の特徴は?体質改善の方法を教えて

結婚して、そろそろ赤ちゃんが欲しいのにできないと悩む方、少なくないことと思います …

陣痛中の胎動が激しく痛い 対処法を教えて

臨月に入ってくると、妊婦さんの体には様々な変化が見られるようになります。 例えば …

不妊治療と仕事の両立は可能? 

結婚してパートナーとの暮らしが落ち着いてきた頃、赤ちゃんんを望むのは自然な流れな …

臨月は運動した方が良い?破水が心配でどれ位運動した良いのか教えて

妊娠中だからといって、運動してはいけないわけではありません。 むしろ、お産やその …

妊娠線の効果的な対策法 できやすい人の特徴、知っておきたい注意点をご紹介!

「妊娠線」……いったい何? と思われた方も多いのではないでしょうか。 「頭脳線」 …

妊娠合併症とは? その種類と対処法をご紹介

この記事の目次1 妊娠合併症 どんなものがあって、どうしたらよいの?2 妊娠合併 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です