出産・育児の不安を解決 ママ応援サイト

出産・育児の不安や悩みをお持ちのママをサポートします!

高齢妊娠はリスクが高い?主なリスクと回避法


女性の社会進出に伴って、結婚年齢の上昇から初めての妊娠の年齢が徐々に上昇してきているように感じます。

『高齢出産』や『高齢妊娠』に関して心配になる方も多いことでしょう。

そこで、高齢出産について考えてみたいと思います。

スポンサードリンク

高齢妊娠とは?

初産婦、経産婦を含めて、分娩予定日に35歳以上になっている場合を、『高齢妊娠』あるいは『高齢出産』と呼びます。

その中で、特に35歳以上で初産の場合を「高齢初産」と言います。

以前は、分娩予定日に30歳以上の場合を高齢妊娠と呼んでいましたが、徐々にその年齢が引き上げられ、

現在では35歳以上になっています。

こちらの動画も参考になります↓

【 うろうろ和歌山 】 高齢出産 について 和歌山県 和歌山市 関戸 岩橋産婦人科 女医 岩橋栄

主なリスク

高齢妊娠や高齢出産が問題となる理由、リスクには、いくつかあります。

まず、卵巣の機能低下や卵子の老化、遺伝子異常に伴い、胎児が遺伝的疾患を持って生まれてくる可能性の高さです。

特に21トリソミーと呼ばれるダウン症は、

35歳以上の出産では高率で、35歳以上だと40分の1、25歳以上の1250分の1や30歳以上の900分の1と比較しても非常に高率で発症するといえるでしょう。

ただ、35歳以上の妊娠でも40分の39は正常な赤ちゃんが生まれるということであり、

高齢妊娠だから必ず遺伝子病を持って生まれてくるという訳ではありません。

 

次にあげられるのが、子宮内膜の発育不足です。

特に、受精卵の着床などに重要な子宮内膜が十分に発育してくれないと、流産や早産の危険性が高くなりますが、

これが高率で発生しやすいのが35歳以上と言われているのです。

 

これは初産婦、経産婦ともに言えることであり、初産だから起こりやすいという訳ではありません。

このため、35歳以上になると、妊娠にしくくなるというのが、最大のリスクであるといえるかもしれません。

 

また、年齢が上昇すると母体側で生活習慣病を発症しやすくなりますが、

この生活習慣病に伴い、妊娠期間中の妊娠高血圧などの合併症を発症しやすくなります。

前置胎盤などの妊娠異常、合併症が多いのも、35歳以上と言われます。

スポンサードリンク

リスク回避法

35歳以上になると、必ず妊娠しにくくなるとか、遺伝子病をもって産まれてくるという訳ではありません。

事実、分娩時には40歳を過ぎていた筆者ですが、元気で健康な赤ちゃんを妊娠し出産することができています。

それでも、リスクを回避できる方法があれば、安心できますよね。

 

卵子の老化による遺伝子病を予防するのであれば、卵子の凍結保存という方法があります。

若いうちに卵子を採取し、凍結保存、人工授精という方法も検討されます。

また、生活習慣病に由来する妊娠高血圧などの合併症を予防するためには、規則正しい食も含めた生活習慣が求められます。

 

男性が高齢な場合のリスクは?

高齢妊娠の場合において、卵子は老化して精子は老化しないということはあるのか?

答えは「No」です。

精子も老化する危険性を持っています。

これにより遺伝子病を持った赤ちゃんの出生率が高くなる危険性は孕んでいます。

 

まとめ

高齢出産は確かに多くの危険をはらんでいます。

けれど、悪いことばかりでもありません。

母親が高い年齢になることで

人間としての幅が広がり、子供とゆったりと接することができることで、心豊かな子供を育て上げることができる

という考え方もあります。

また、高齢出産で生まれたお子さんではIQが高い傾向にあるとも言われています。

母親の人間的な幅の広さ、興味や関心の広さは、ともに育っていく赤ちゃんの人間性にも大きく影響します。

どんな子であろうと、自分を選んで生まれてきてくれる子は素晴らしいと信じると、

妊娠や出産の恐怖は打ち消すことができるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

 - 妊娠

  関連記事

妊婦の仰向けはいつ頃まで大丈夫?仰臥位低血圧症候群について教えて 

お腹の中で徐々に成長していく赤ちゃん。 子宮の中で大きくなっていく赤ちゃんは、お …

妊娠中の肌トラブル 原因と改善法をご紹介 予防策も解説しています

お腹の中で新しい命を育んでいく妊娠。これから新しく人の親になるのだという感慨が、 …

臨月の下痢はお産のサイン?おならもでやすい?

40週、約9か月間の妊娠期間を経て、赤ちゃんが産まれてきますが、最後の1か月間を …

快適な妊娠生活を送るために自分でコントロールできる4つのポイント

前回の妊娠でつらい経験をされた女性は、 2度目の妊娠でも、また同じようにつらい経 …

妊娠に効果的 手軽にできる温活のご紹介!

最近女性達の間で話題になっているのが「温活」というもの。 これは冷え性の方が体を …

妊娠中の子宮筋腫、大丈夫?手術したほうが良い?

妊娠がわかって、超音波検査を受けてみたら子宮筋腫が・・・ 妊娠の継続は大丈夫なの …

妊娠中の動悸や息切れ 原因と対策を教えて 

妊娠中、特にお腹が大きくなってくると、息切れや動悸が激しくなってきます。 赤ちゃ …

妊娠線の効果的な対策法 できやすい人の特徴、知っておきたい注意点をご紹介!

「妊娠線」……いったい何? と思われた方も多いのではないでしょうか。 「頭脳線」 …

破水の見分け方を教えて 尿漏れやおりものとの違いをご紹介

妊婦さんがドラマなどに出てくると、事件に巻き込まれたり、そうでなくとも急に陣痛が …

妊娠中葉酸はいつまで飲めばいい?摂取期間を教えて

この記事の目次1 葉酸とは?2 葉酸はいつからいつまで摂取すればいい?2.1 い …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です