出産・育児の不安を解決 ママ応援サイト

出産・育児の不安や悩みをお持ちのママをサポートします!

臨月に吐き気や寒気がする原因は何?対策を教えて


臨月になると激しい吐き気や寒気に襲われてつらいこと、ありませんか?

妊婦さんであれば大体が経験する症状です。

赤ちゃんが生まれる前には、いつもと違った症状が出て厄介ですよね…。

スポンサードリンク

当ページでは、臨月に吐き気や寒気が生じる理由についてお伝えしていきます。

また、少しでもその症状が和らぐようにとおすすめの対策法も一緒にご紹介していますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

 

臨月時の吐き気はどうして起こるの?主な原因2撰

 

臨月に起こる吐き気は「後期つわり」と呼ばれる事もあり、つわりの時と同じような激しい吐き気に襲われます。

 

妊婦さんによっては,妊娠初期はつわりがなかったのに、臨月だけ気持ち悪くなる人もいるので、その人によって様々です。

ここでは、臨月に吐き気が強くなる原因について、主なものを2つに分けてご紹介しましょう。

 

子宮が大きくなるから

赤ちゃんは子宮内でグングン発育していくため、子宮もそれにつられて大きくなっていきます。

臨月になっても子宮の成長は止まりません。

 

このように子宮が拡大していくと、腸や胃を圧迫してしまうため、妊娠後期から臨月にかけて吐き気に悩む妊婦さんが増えてしまうのです。

勿論これには個人差があるので、臨月になっても吐き気を催さない人もいます。

 

ホルモンバランスが大きく変わるから

出産を目前に控えた臨月に突入すると、ホルモンバランスがかなり変化してきます。

女性ホルモンのバランスが大きく変わると、いつもと違って体調が崩れる妊婦さんも多いです。

その変化の中に「気持ち悪い」といった症状があります。

 

妊娠後期になると女性ホルモンの分泌の大きく変わり、黄体ホルモンの分泌量が減り、卵胞ホルモン(別名:エストロゲン)の分泌が増えてきてしまいます。

 

このような変化が生じるのは、お腹の中の赤ちゃんが育ちやすくするためです。

しかしこれによって胃腸内の筋肉が緩んでしまうため、胃酸が逆流しやすく吐き気が起こりやすくなるのです。

スポンサードリンク

寒気の原因って何?

 

臨月になって急激に寒気が出てきた…という体験談も多いです。

しかし間違えないようにしなければいけないのは、寒気があるからといって出産の前兆というわけではないところです。

 

確かに出産が近づいてくると、体調はかなり変化していつもと違う様子になります。

寒さの原因も一つだけではないので、必ずしも寒気がある=出産のサインというわけではありません。(単なる風邪など)

 

貧血が原因

寒さの原因は貧血のせいである場合もあります。

妊娠中は血液が大量に作られますが、実は赤血球の量はあまり増えません。

そのため、血液濃度が薄くなり、貧血を起こしやすくなってしまうのです。

 

貧血は寒気と共に動機や息切れ、めまいなどを引き起こしてしまいます。

また、貧血になると赤ちゃんに十分な栄養がいかなくなってしまうので発達障害になるリスクもあるでしょう…。

臨月の貧血を甘くみては危険なのですね。

 

激しい温度差が原因

妊娠すると高い温度を保とうとして平熱が上がります。

多くの場合、妊娠初期に大量に分泌される黄体ホルモンのせいですが、これによって体内温度が高くなり、外気との温度差で寒さを強く感じることがあります。

 

つまり、ホルモンバランスによって生じる温度差が原因ということですね。

外に出る時にはしっかり厚着して寒さ対策しましょう!

 

対策には何があるの?

【吐き気がひどい時】

服に気をつける

気持ち悪い時に締め付けるような衣服を着るのはすすめられません。

妊娠後期は特にお腹も出てきているので、ゆるやかなマタニティウェアが適しているでしょう。

 

ピタっとフィットした衣服を身につけてしまうと吐き気が悪化する恐れがあります。

下着もきつめのものより余裕あるものを選びましょう。

 

食べられるものを食べる

とにかく気持ち悪くて何もできない!、気持ち悪いのがなかなか治らない場合には、

自分が食べたいと思うものを、食べられる時に食べておきましょう。

 

特に温かくて消化の良い食べ物がおすすめです。

以下のような胃腸に優しい食べ物を積極的にとりましょう。

 

・雑炊

・うどん

・にゅうめん

・おかゆ

 

 

食後すぐに横にならない

気持ち悪い時、食後すぐに寝てしまうのは控えましょう。

まだ胃が食べ物の消化をしているので活発な状態です。

 

そんな時に寝てしまうと、胃酸が逆流して逆流性胃腸炎を引き起こす可能性があります。

逆流性胃腸炎になると気持ち悪くなってしまうので気をつけましょうね。

 

目安としては、食後2時間あけて、横にならなくてもできる活動をしてみるといいでしょう。

 

【寒さ対策】

食事からアプローチ

寒さを和らげるためにも、食生活で体が温まるような食材をたくさんとりこみましょう。

特に以下のような食材がおすすめです。

 

・たまねぎ

・にら

・ごま

もち米

・小豆

・にんじん

・オレンジ

・ライチ

鶏肉

・とうがらし

・ピーマン

・ブロッコリー

しょうが

・にんにく

 

 

反対に体を冷やす食材は控えるようにしましょうね。

 

・しめじ

・レタス

・はまぐり

あさり

・マヨネーズ

・バター

・コーヒー

・牛乳

緑茶

・白菜

・トマト

・豆腐

きゅうり

・こんにゃく

 

勿論、偏らずに栄養バランスを考えて食べていく事が大切です。

特定の食材ばかり食べないようにしましょう。

 

足湯がおすすめ!

寒気対策には足湯も効果的です。

足を温めることで全身がポカポカになってきます。

血行も改善されてくるでしょう。

 

足湯するなら最低15分間やってみると、寒さ対策として効果的です。

寝る時も靴下をはいて寝るなどして、足が冷えないように工夫してみてくださいね。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

臨月特有の吐き気や寒さの原因として考えられるものをご紹介してきました。

吐き気は精神的ストレスによって悪化してしまう事もあるので、出産を控えた臨月は、とにかく不安解消できるような趣味に集中してみましょう。

 

リラックスして休憩する事も大事です。

不安になりすぎるとお腹の中の赤ちゃんにとってもよくありません…。

お散歩する、映画を観るなどして上手に気分転換してみてくださいね!

スポンサードリンク

 - 妊娠

  関連記事

妊娠中のストレス お腹の赤ちゃんに影響はある? 解消法を教えて

「ストレス」。 これを言ったことも聞いたこともない人というのはまず存在しないので …

妊婦はみんな眠い?いつまで続くの?対策を教えて

この記事の目次1 妊婦はみんな眠いの?2 妊娠初期、中期、後期 眠気の違い2.1 …

妊娠合併症とは? その種類と対処法をご紹介

この記事の目次1 妊娠合併症 どんなものがあって、どうしたらよいの?2 妊娠合併 …

妊娠中つらい“つわり” 症状と対処法

妊娠初期に多くの方が経験するといわれるのが、「つわり」。 医学的には「妊娠悪阻( …

臨月の下痢はお産のサイン?おならもでやすい?

40週、約9か月間の妊娠期間を経て、赤ちゃんが産まれてきますが、最後の1か月間を …

妊婦の仰向けはいつ頃まで大丈夫?仰臥位低血圧症候群について教えて 

お腹の中で徐々に成長していく赤ちゃん。 子宮の中で大きくなっていく赤ちゃんは、お …

臨月で眠れないときの過ごし方 胎動が激しい 夜食を食べても大丈夫?

妊娠週数37週、お腹の中で大きくなった赤ちゃんのおかげで膨らんだ重たいお腹。 既 …

臨月は運動した方が良い?破水が心配でどれ位運動した良いのか教えて

妊娠中だからといって、運動してはいけないわけではありません。 むしろ、お産やその …

アーモンドは栄養満点 妊婦さんにもおすすめ!効能と注意点

アーモンドは栄養価が高い食べ物で、妊婦さんにもオススメの食材と言われています。 …

妊娠したのかも?知っておきたい妊娠検査の方法

月経が遅れている女性。 月経がないけれど特別に妊娠の兆候が見当たらない女性。 長 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です