出産・育児の不安を解決 ママ応援サイト

出産・育児の不安や悩みをお持ちのママをサポートします!

流産後の妊娠はいつ頃?妊娠率に変化はある?妊娠率を高める方法を教えて


せっかく妊娠できたのに流産してしまった!

ご夫婦はとてもショックですよね…。

スポンサードリンク

妊婦さん全てが無事に子供を出産できる確率は、いまだ100%とは言えません。

現在の最新技術をもっても救えないのです。

 

しかし流産後でもまた妊娠できる可能性は十分あります。

むしろ流産後だからこそ妊娠しやすいという話もあります。

それは本当なのでしょうか・

 

流産後も子供を授かりたい時は、どのようなタイミングを選ぶのがベストなのかについても気になりますよね。

ここでご紹介していくので、ぜひご参考にしてみてくださいね。

 

流産後の妊娠は大体いつ頃が多い?

 

流産をすると妊婦さんにも大きな負担がかかってしまいます。

そのため「流産してもまた妊娠したい!」という時は、ある程度期間をおいてから性行為する必要があります。

 

流産後はお母さんも肉体的にだけでなく、メンタル的にもダメージが大きいので、最低でも一か月ほどあけておきたいです。

 

期間に余裕をもたせるなら一年以上でもいいでしょう。

どのくらいの期間あけるかは厳密な規定があるわけではありませんが、基本的には主治医が体調を診て指示してくれるでしょう。

最低でも1~3カ月は、性行為しないようにとドクターから指示される事もあります。

 

子宮の状態によって着床しやすいかどうかが変わります。

生理が毎月やってくるという事は、妊娠していいというサインなので、流産後でも妊娠できるという事です。

スポンサードリンク

流産後は妊娠率の変化がある?

 

流産後は妊娠しやすいと」という話を聞いたことありませんか?

 

流産は妊娠初期に起きやすい事故ですが、受精卵に異常がある事で発生するものです。

だから妊婦さんの身体に問題があって流産してしまうわけではないのです。

母体としては妊娠できる準備がちゃんと整っていたという事なので、また産める体なのです。

 

流産をしたら付属物や胎児を子宮から取り出して綺麗にするので、一度リセットされます。

だからこそ着床しやすいというのが、流産後に妊娠しやすい理由です。

 

ただし流産後、子宮の働きが回復する前に性行為をしてすぐ妊娠してしまうと、再び流産してしまう恐れがあるので、早すぎる子作りは控えましょう。

 

流産を経験された方でも多くの方が一年以内に再妊娠しているので、流産後だからといって妊娠率が下がってしまうわけではありません。

 

流産後、すぐに妊娠してしまうと流産の確率も高くなってしまうので、子宮の機能がまだ戻る前に妊娠しないように気をつけましょうね。

 

 

妊娠率を高める方法は?

流産後に妊娠しやすくするには葉酸を摂るのがおすすめです。

 

その理由は葉酸に以下のような働きがあるからです。

 

精子や卵子を若々しくする

・動悸や息切れ防止

・増血作用や

赤血球生成

・胎児の先天的な障害リスクを減らす

DNAを正常に保つ

・胃潰瘍防止

 

 

葉酸サプリメントなどで効率よくとるのもいいでしょう。

勿論、普段からストレスをためないようにメンタル管理しておく事も大切です。

肉体的・精神的ストレスがたまった状態だと、妊娠しにくくなってしまいます。

 

リフレッシュも大切

 

身体に疲れがたまっているのもいけませんが、精神的疲労も妊娠率が下がる原因となります。

 

ストレスが蓄積しないように、日常からリフレッシュの時間を作るようにしましょう。

自分がリラックスできる事をこまめに行っていくといいです。

 

えばゆっくり入浴する、ストレッチする、お散歩に行くなどもいいでしょう。

旦那さんと二人で楽しく外食するのでもいいです。

 

ちなみに私は、自分が好きな香りのアロマオイルを使ってバスタイムを楽しんでいました。

香りに癒されるのでとてもリラックスできます。

お風呂は血行も良くなって気持ちいいので、ストレス解消にぴったりです。

 

流産してから早く「妊娠したい!」と思うほどプレッシャーになってしまいます。

早く子供が欲しいという気持ちが強くてもなかなか妊娠できない時、お互いのストレスになっていくだけです。

夫婦間の仲も悪くなってしまう事があり、メンタル不調から疲れがたまっていき、妊娠率が低下してしまうかもしれません…!

 

そのためにもストレス解消してリフレッシュしていきましょうね。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

流産してしまうと、次はもう失敗したくないと思いますよね。

いつ子作りをしていいのか、タイミングについても敏感になってしまうでしょう。

 

厳密なルールがあるわけではありませんが、基本的には医師の指示に従うのがベストです。

 

しかしまた妊娠したいという気持ちが強すぎると、自分では気づかないうちに精神的疲労がたまってしまうので、リラックスする時間を積極的に作りましょう!

 

医師に告げられたタイミングで子作りしていても、なかなか子供ができない事もあるかもしれません。

そんな時でもリラックスできる時間が多ければ、メンタルも安定してきますよね。

 

心身ともに良好な状態の時に子作りできるよう、日頃からリフレッシュタイムを大切にしてくださいね!

スポンサードリンク

 - 妊娠

  関連記事

不妊治療と仕事の両立は可能? 

結婚してパートナーとの暮らしが落ち着いてきた頃、赤ちゃんんを望むのは自然な流れな …

妊娠中のストレス お腹の赤ちゃんに影響はある? 解消法を教えて

「ストレス」。 これを言ったことも聞いたこともない人というのはまず存在しないので …

臨月に吐き気や寒気がする原因は何?対策を教えて

臨月になると激しい吐き気や寒気に襲われてつらいこと、ありませんか? 妊婦さんであ …

妊娠中の自転車 乗っても大丈夫? 流産の危険性は? 注意点を教えて

妊娠すると、時期によっては飛行機は乗ってはダメって言いますよね。 自動車は大丈夫 …

逆子の胎動と普通の胎動の違いは?自覚症状はある?治し方を教えて

妊娠中の日頃の検診で、「逆子」と言われると、「帝王切開」を想像して怖くなるお母さ …

妊娠中の肥満のリスク、出産への影響

妊娠中に太ってしまった方、 元々少し太っていた方などは、 肥満が出産に影響がある …

陣痛中の胎動が激しく痛い 対処法を教えて

臨月に入ってくると、妊婦さんの体には様々な変化が見られるようになります。 例えば …

妊娠中つらい“つわり” 症状と対処法

妊娠初期に多くの方が経験するといわれるのが、「つわり」。 医学的には「妊娠悪阻( …

快適な妊娠生活を送るために自分でコントロールできる4つのポイント

前回の妊娠でつらい経験をされた女性は、 2度目の妊娠でも、また同じようにつらい経 …

妊婦はみんな眠い?いつまで続くの?対策を教えて

この記事の目次1 妊婦はみんな眠いの?2 妊娠初期、中期、後期 眠気の違い2.1 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です