出産・育児の不安を解決 ママ応援サイト

出産・育児の不安や悩みをお持ちのママをサポートします!

臨月は運動した方が良い?破水が心配でどれ位運動した良いのか教えて


妊娠中だからといって、運動してはいけないわけではありません。

むしろ、お産やその後の子育てに必要な体力をつけておくためにも、体調が良い時は運動した方がいいでしょう。

スポンサードリンク

しかし臨月に入って運動による破水が心配で、どの程度の運動ならしていいのか分からないという妊婦さんも多いようです。

 

いよいよ出産へのカウントダウンが近づいてくると、不安に感じる事もあるでしょう。

特に初めての出産をご経験する妊婦さんでしたら尚更です。

 

できることなら、何のトラブルもなく安産で済ませたいものですが、それには臨月の過ごし方によって左右されてきます。

臨月中の運動は、安産に向けた大事な鍵を握っているからです。

運動のやり方次第では、妊婦さんの体に大きな負担がかかり、破水する可能性もあるので注意が必要です。

そこで、臨月中の運動方法についてご説明していきましょう。

 

臨月中は運動した方がいい?

 

実は臨月には適度に運動した方が安産できると言われています。

体重管理のために運動する目的もありますが、実際は出産時産後にも大きく影響してきます。

 

陣痛は子宮という筋肉が収縮する事によって発生しますが、ここで筋肉が衰えてしまっているとうまく収縮されず、陣痛が長くなってしまいます。

陣痛が長ければ赤ちゃんも苦しむことになります。

 

このような状況を回避するためにも、運動が必要なのです!

スポンサードリンク

おすすめの運動を教えて

 

臨月中にやる運動として、安全でおすすめのものを2つご紹介します。

 

・マタニティスイミングorヨガ

 

マタニティスイミングとは、妊婦さんのための水泳です。

水の浮力は意外にも負担が軽いため、妊娠中でもおすすめなのです。

 

本格的に泳ぐわけではなく、水の中をただ歩くだけの運動もあるので、泳げない人でもできる運動です。

 

また、ヨガのポーズは妊娠後期でお腹が大きい妊婦さんでもできるので、マタニティ・ヨガにもぜひトライしてみてくださいね。

↓↓↓

 

 

 

・スクワット

 

スクワットは、ひざが床と平行になるまで腰をおろしていく動作です。

単純な動きですが、これが実は結構大変です。

一回だけならいいものの、何回も続けて行うとなるとそれだけ筋力、体力を使います。

 

足をしっかり開いておけば、お腹が大きくても邪魔になりません。

疲労がたまっている時や、妊娠前に運度不足だった人は、少しずつスクワットで体を慣らしていくといいでしょう。

 

破水が心配なので注意点を教えて

 

臨月の運動は確かにおすすめですが、心配なのが破水です。

陣痛がまだ起きていないのに破水してしまうと、母子共に感染してしまい、非常に危険です。

 

赤ちゃんの羊水が減ってしまい、緊急事態になる恐れもあります。

これを避けるためにも、破水を招く激しい運動は避けましょう。

 

適度な運動は必要ですが、無理しすぎないようにしましょうね。

妊娠中は安静している期間も長いため、運動する時は少しずつ体を慣らしていき、様子を見ながら安全に運動していきます。

 

臨月前の運動し過ぎには要注意

 

臨月より前に運動を積極的に行っていると、子宮が収縮してしまい、早産のリスクが出てくるので、臨月までは安静にしておき、いつ産まれても大丈夫な状態が整ってから、積極的に運動する習慣をつけましょう。

 

運動不足は難産になる可能性も…

 

スムーズに安産で出産するには、体力、柔軟性、筋力が求められます。

この力を養うためにも適度な運動が必要になってくるのです。

出産はかなりの体力を使いますし、力が弱いと出産中に十分な力が出ず、難産になってしまいます。

 

柔軟性がなければ子宮口が開きにくくなり、骨盤や股関節が開きにくくなっているため、身体を万全な状態にしておくといいでしょう。

スポンサードリンク

まとめ

 

 

いかがでしたか?

臨月にどうして運動が必要なのか、どんな運動なら安全か、分かっていただけましたでしょうか。

妊娠中は運動を避けた方がいいと勘違いしがちですが、実は適度な運動は安産に必要不可欠な要素だったのですね。

 

無理して激しい運動をしなければ、破水の心配はありませんが、万が一破水してしまった場合は、早急に病院へ連絡して受診しましょう。

破水すると分娩が早まる可能性もあるため、至急病院で対応してもらう必要があります。

スポンサードリンク

 

 - 妊娠

  関連記事

妊娠初期・後期の貧血の症状 原因、予防法、赤ちゃんへの影響まとめ

妊娠がわかって、喜びで気分が盛り上がっているのに、何だか体調がそれに追い付かない …

臨月で眠れないときの過ごし方 胎動が激しい 夜食を食べても大丈夫?

妊娠週数37週、お腹の中で大きくなった赤ちゃんのおかげで膨らんだ重たいお腹。 既 …

妊娠の初期症状は風邪と似ている!? 違いの見分け方をご紹介

「何となく胃腸風邪っぽくて調子が悪い……ここのところストレスばっかりだったから免 …

妊娠の出生前診断 受けるメリットは?費用を教えて

結婚年齢が高くなってきているのに伴って、35歳以上で妊娠出産を経験する方が増えて …

妊娠中の自転車 乗っても大丈夫? 流産の危険性は? 注意点を教えて

妊娠すると、時期によっては飛行機は乗ってはダメって言いますよね。 自動車は大丈夫 …

妊娠中の旅行は行っても大丈夫?安定期は?保険に入るべきなの?

前々から予定していた旅行の時期に、妊娠してしまった・・・! 妊娠中に、急遽、遠方 …

妊娠糖尿病とは?判断基準と予防法を教えて 

妊娠中の検診は、毎回のように尿検査。 そのたびに、オシッコに糖が含まれていないか …

不妊治療と仕事の両立は可能? 

結婚してパートナーとの暮らしが落ち着いてきた頃、赤ちゃんんを望むのは自然な流れな …

妊娠中つわりで痩せてしまった 赤ちゃんに影響はある? 発症リスクが高まる疾患と対策をご紹介

妊娠初期に酷い悪阻(つわり)に悩まされるお母さんは少なくないはずです。 悪阻のた …

妊娠合併症とは? その種類と対処法をご紹介

この記事の目次1 妊娠合併症 どんなものがあって、どうしたらよいの?2 妊娠合併 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です