出産・育児の不安を解決 ママ応援サイト

出産・育児の不安や悩みをお持ちのママをサポートします!

乳児湿疹にステロイドは大丈夫?治らない場合は?副作用はリバウンドはある?


赤ちゃんの顔に赤いプツプツが!

と気づいたら、もしかしてそれは乳児湿疹かもしれません!

スポンサードリンク

可愛い赤ちゃんの無垢な顔に赤いポツポツができてしまったら、お母さんとしてはやはり悲しいですよね…。

 

赤ちゃんの肌は大人と比べてまだ皮膚も薄くてデリケートです。

だからこそ湿疹ができやすいのですね。

そこで今回は、乳児湿疹とはどのようなものか、その性質や原因、対処法についてお伝えしていきましょう。

 

赤ちゃんの大事なお肌を守るためにも、ぜひご参考にしてくださいね!

 

乳児湿疹とは?大人の湿疹とはどこが違う?

 

基本的には、乳児期にできる肌トラブル全般を「乳児湿疹」と呼んでいます。

湿疹は大人でもストレスやかぶれ、アレルギー反応によって出ることがありますが、赤ちゃんの顔にもできてしまうものです。

 

乳児湿疹は主に新生児期〜乳児期にかけて出ることの多い皮膚炎で、半年以内の湿疹は原因の特定が難しく、対処に困るものです。

 

乳児湿疹が出ると、赤ちゃんの肌触りはガサガサあるいはジュクジュクしてしまい、ベタつきを感じる事もあります。

 

乳児湿疹といっても、そのタイプは様々で、顔や体、手足など様々な部分に現れてきてしまいます。

 

症状はそれぞれ違うので、見極めが大変難しいです。

大人の人と比べて赤ちゃんは比較的湿疹を起こしやすいですが、それはどうしてなのでしょうか?

 

皮脂や汗が多いから

赤ちゃんのお肌は、まだ生まれたばかりなので代謝が非常に活発です。

また、お母さんの女性ホルモンの影響も大きく、皮脂分泌も激しいです。

 

といってもまだ毛穴は小さいので、皮脂が詰まりやすく、「乳児脂漏性湿疹」や「新生児ニキビ」もできやすくなります。

 

生後3ヶ月過ぎになると、ようやく赤ちゃんのお肌は皮脂分泌が落ち着いてくるので、乾燥にも弱くなってしまいます。

ドライスキンになってしまうと、赤ちゃんのお肌は乾燥に耐えかね、湿疹ができてしまいます。

これを「乾燥性皮膚炎」と言います。

 

ちなみに乳児湿疹はアトピーとはまた性質が異なり、長く続き、回復や悪化を繰り返していきます。

これが2~半年湿疹が続いた場合に、アトピーと診断されるようになります。

 

乳児湿疹を長引かせてしまうと、アトピーになってしまうのですね。

だからこそ早めの対処が必要です。

 

<湿疹が出やすい部分>

・首

・ひじ

・ひざ

スポンサードリンク

ステロイドを使用しても大丈夫?

 

皮膚の炎症と言えば、ステロイドの塗り薬がよく知られていますよね。

しかしステロイドは刺激が強いのではないかと心配なお母様も多いでしょう。

私も心配でステロイドに疑いを持っていたので、子供に湿疹が出た時も最初、すぐにステロイドに頼るのは不安でした…。

 

しかし乳児湿疹は原因が特定しにくいからこそ、症状の経過を見ながら対処していくしか方法がありません。

そのため、まずは【保湿】と【ステロイド系】の薬を使用して様子を見ていくのがいいでしょう。

 

ステロイド系の薬には、確かに強めの作用があるので、軽度の乳児湿疹の場合は使わない方がいいでしょう。

ただし乳児湿疹の症状が深刻だった場合、アトピーの時に処方される薬と同じようなものが出されます。例えば以下のようなものです。

・リドメックス

・リンデロン

・ロコイド

 

ステロイド系の薬は赤ちゃんの湿疹でも使えますし、効果も期待できるものですが、使い続けると皮膚も慣れてきてしまい、効果が落ちてしまう可能性があります。

 

また、使うのが当たり前になってしまうと、やめた時に湿疹がひどくなる恐れがあるので、

湿疹が本当にひどい時だけに塗るといいでしょう。

 

治らない場合はどうすれば良い?

 

なかなか乳児湿疹が治らないと厄介ですよね…。

まずは皮膚科医の言うことを十分に聞いて、処方された薬の中でも、湿疹を治療する事を優先に考えた処方薬を使って対処するといいでしょう。

そして【保湿】もしっかりやると尚良いです。

 

ステロイドなど、皮膚科でも処方されるような薬を使っても治らない場合には、保湿クリームを使って症状を見てみるのもいいでしょう。

 

例えば私のオススメは、アマゾンでも評判になっている【バックスベビーボディークリーム】です。

ステロイドを使うのが怖いので、私もこちらの保湿クリームを使ってみたのですが、意外と赤ちゃんの湿疹が緩和されます。

クチコミでも、このクリームを使って「乳児湿疹が治った!」という声も多いです。

 

ただしこのような保湿剤は治療薬とは違うので、刺激については確かにステロイドよりも安全かもしれませんが、保湿力はあくまでお肌のバリア機能を高めるためであり、直接湿疹を治してくれるわけではありません。

 

本当に治したい場合には、やはり皮膚科医の指示に従うのがいいでしょう。

お母さんの勝手な判断で対応してしまうと、乳児湿疹が慢性化してしまう、あるいは悪化してアトピー性皮膚炎にまでつながってしまう恐れがあります。

十分に気をつけましょうね。

 

乳児湿疹が治らないと、赤ちゃんも可哀相です…!

↓↓↓

 

副作用やリバウンドはある?

 

ステロイドの副作用について気にされるお母様は多いでしょう。実際、私もそうでした。

ステロイドは人工的に作られた薬剤で、副腎皮質ホルモンを含んでいます。

要するにホルモン剤なので、生まれたばかりのデリケート肌の赤ちゃんに使ってもいいのかどうか、とても心配ですよね…。

 

基本的には、ステロイド剤を赤ちゃんの肌に塗ったからといって、副作用が出てしまうわけではありません。

医師の指示に従って使えば、全く問題ないでしょう。

 

特に湿疹症状がひどい時に、ステロイドは副作用がありそうだから~という理由だけで使用しないでいると、場合によってはもっと症状が深刻化する恐れがあります…。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

赤ちゃんの時期に起こる特有の湿疹「乳児湿疹」についてご紹介してきました。

原因がわかりにくく、治療薬を使いながら探り探りでケアしていかなければいけないので、お母さんも悩むでしょう。

 

私もそうでしたが、赤ちゃんの湿疹症状がひどくて赤い湿疹が出ている時に、治療薬ではなく保湿剤を塗っていましたが、これでも解決しない事があります。

 

私はステロイドの作用が怖いからといって、化粧水や乳液を使ってひたすら保湿ケアしていましたが、改善は見られませんでした…。

 

どんなに自分なりに保湿ケアを重点的に頑張っていても、いっこうに湿疹が良くならないばかりか、かえってひどくなったみたいでした。

 

やはり医師に直接聞き、指示に従うのが一番の近道だったなと思ってます。

ステロイドは肌荒れを改善し、かゆみを緩和する働きがあります。

赤ちゃんは当然ですが、かゆい部分を「かいてはいけない」という事がわからないので、無意識のうちにかいてしまうのですよね。かゆさがひどければ尚更我慢できないでしょう。

ひどいと傷跡や肌荒れ原因にもなってしまうので、お母さんが正しくステロイドを使い、利用していあげなければいけませんね。

スポンサードリンク

 - 子育て

  関連記事

赤ちゃんの歯磨きはいつから?方法や注意点を教えて

離乳食が始まる頃、かわいい歯がようやく生えてきた…! 嬉しいけど、虫歯が心配…と …

卒乳の時期、タイミングはいつごろ?どんな方法がある?

赤ちゃんが産まれてママは赤ちゃんにおっぱいやミルクをあげながら育てていくのが当た …

乳頭混乱はおしゃぶりが原因? いつまで続く? 克服法を教えて

母乳とミルクを混合させている赤ちゃんがある日突然母乳を飲まなくなった!なんていう …

赤ちゃんのお腹に乾燥性湿疹 原因は? ケアの仕方を教えて

  多くの赤ちゃんにできやすいのが湿疹。 どんなに気を付けても湿疹がで …

赤ちゃんの抱き癖は問題ない? サイレントベビーになる方が怖いらしい

この記事の目次1 抱き癖は問題ない?2 抱き癖はいつからいつまで続く?3 泣いて …

危ない!意外と知らない赤ちゃんに危険なことを知っておきましょう

「1歳未満の赤ちゃんにハチミツをあげてはいけない」 もちろん知ってる! という方 …

赤ちゃんの発疹ができた!でも熱はないみたい どんな病気が考えられる?

毎日、赤ちゃんの様子を見ながら生活しているのに、突然赤ちゃんの体や顔にブツブツが …

赤ちゃんの人見知りはいつから?人見知りしない子もいる?原因と対策をご紹介

赤ちゃんが、お座りができるようになったので抱っこが楽になり、 一緒に外へ出かける …

赤ちゃんの頭のへこみが気になる 大泉門とは? へこみの原因と対策についてご紹介

思春期に親御さんと衝突した記憶はありますでしょうか。 自分と違い既存の考えに凝り …

今と昔では全然違う! 現代の子育ての常識を知っておこう

「授乳は3時間おきに」 「抱き癖がつかないように」 「日光浴させましょう」 など …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です