出産・育児の不安を解決 ママ応援サイト

出産・育児の不安や悩みをお持ちのママをサポートします!

赤ちゃんの愛情不足のサインとは?見逃せない3つの特徴


赤ちゃんの成長や行動というのは見ていて本当に飽きないですし、

ずっと見ていたくなるような魅力がありますよね。

スポンサードリンク

私の娘もついこの間までしていなかった仕草を、

急にするようになったりして驚くこともたくさんあります。

しかしそんな赤ちゃんには当たり前だと思っているような行動が、

実は愛情不足のサインである可能性があるのをご存知でしょうか?

 

「そういえば私は最近赤ちゃんのことを真正面から構っているかな?」

と考えると、正直ちょっと自信がなかったりしますよね。

 

愛情不足が積み重なってしまうと、子供が大きくなった時に、

親に対して表情を見せなかったりすることもあるんだそうです。

 

そこで今回は赤ちゃんが愛情不足であるということを表現するサインに、

どのようなものがあるのかというのを調べてみました。

 

赤ちゃんが発している愛情不足のサインをしっかり見逃さないようにして、

自分の子供に愛情が足りているのかどうかを判断し、

楽しく育児をしていってみてくださいね。

赤ちゃんには愛情が大切

 

 

赤ちゃんは0歳〜1歳になるまでの間は、「自分がどんな存在で、どんな扱い方を受けるのか」というのを学んでいる時期だと言われています。

 

この過程というのが、人格形成にも深く関わっており、パパやママがどうやって接しているのかによって赤ちゃんの人格にも影響が出ます。

 

例えばパパやママがいつも笑顔で赤ちゃんに話しかけていれば、ニコニコと笑顔を見せてくれる子供になってくれますし、「可愛い可愛い」と愛情たっぷり受け取った赤ちゃんは、自分を大切にする子供になります。

 

明るく誰にでも思いやりを持てるような子供に育てるためにも、パパやママからの愛情は必要不可欠というわけです。

 

そして赤ちゃんにとっても、やはり愛情たっぷり与えてくれるパパママがいる空間が心地よいものになり、そこから信頼関係と安心できる場所として認識するようになります。

 

赤ちゃんが愛情不足になってしまっていると、生後6ヶ月頃から成長に少しずつ影響が出るとも言われています。

 

特に影響があるとされているのが「愛情遮断性低身長」というもので、愛情不足によって成長ホルモンが思うように分泌されず、身長が伸びないといった症状が出てきます。

 

子供の成長のため、そして人格形成のためにもしっかりとした愛情を与えてあげましょう。

スポンサードリンク

愛情不足のサイン1 わがままを言う

 

 

では次に愛情不足だとどのようなサインを出すのかをご紹介します。

 

まず「頻繁にわがままを言うようになる」というもの。

 

赤ちゃんの頃からママやパパとスキンシップを取っていきながら、オキシトシンという愛情ホルモンと呼ばれているものが分泌されます。

 

このオキシトシンというホルモンは、心をリラックスさせることができる効果があり、考え方や気分転換を上手にすることができるようになります。

 

しかし愛情不足によってこのオキシトシンが分泌されていない状態だと、ちょっとしたことで怒りっぽくなってしまったり、わがままをたくさん言うような子供に育ってしまいます。

 

私も愛情不足によってワガママになりやすいということを聞いたことがあったので、なるべく娘とはスキンシップを取るようにしています。

 

やっぱりスキンシップを重ねていけばいくほど、娘もよく笑ってくれるようになりますし、楽しそうにしてくれているので見ていても嬉しい気持ちになりますね!

 

今後も引き続きいっぱい笑って話しかけてあげたいなと思います。

 

愛情不足のサイン2 悪さやイタズラがひどい

 

 

赤ちゃんというのは本当に寂しがり屋さんです。

なのでママやパパに構ってほしいという気持ちから、様々なイタズラをするようになります。

 

ある程度成長すると、ママやパパの持ち物を隠したり、触ってはダメだと言われているのを知っているのに敢えて触るといったような行動を取るようになります。

 

何度言っても同じようなイタズラをする場合は愛情不足の可能性もあります。

基本的に赤ちゃんから子供まで、こういったイタズラをするのは構ってほしいからという理由が一番大きいです。

 

私の娘もやっぱりコードやティッシュなどをついつい触ってしまうことが多いのですが、やっぱりそういう時は構ってほしいという気持ちである場合がほとんどのようでした。

 

そういった行動を取った後には、注意した後になるべくオモチャなどでたっぷり遊ぶようにしています。

そうすると、いつの間にか遊び疲れて眠ってしまったりするので、赤ちゃんにとっても良いものなのかなと思います。

 

ついつい家事が忙しかったり、息抜きでスマホやパソコンなどをいじっていたりすると赤ちゃんも寂しい気持ちになってしまって、構ってほしいといった行動を取るようになります。

 

時間に余裕ができたら、子供にどんどん構ってあげるようにしましょう。

 

愛情不足のサイン3 おねしょや夜泣きを頻繁にする

 

 

基本的に赤ちゃんの夜泣きというのは成長過程の一環でもあるので、今すぐに対処しなくてはならないというわけではありません。

 

あまりにも激しい夜泣きをするのであれば、根気よく抱っこをしてあげて気持ちを落ち着かせてあげて不安な気持ちにさせないようにしたり、昼間に刺激をあまり与えないようにしたりすることで対処できます。

 

ただ、気になるのは子供のおねしょについてです。

 

大体3歳頃になるとおねしょをしなくなると言われていますが、ある時突然おねしょをするようになると愛情不足のサインだと考えられます。

 

ママにものすごく怒られた時や、下の子にばかり構ってしまったりすると、おねしょをしてしまうようです。

 

子供の心理としては「ママに嫌われたくない」という思いが働き、それがかえって子供にとってのストレスになり、おねしょをすると言われています。

 

なので、そういった様子が見られたら、叱るだけではなくしっかりと愛情を与えてあげることも忘れないようにしてください。

 

まとめ

 

 

忙しい毎日を過ごしていると、ついつい子供に対して十分に構ってあげられなくなってしまうこともあります。

 

私も娘が寝ている間に家事など済ませようとしますが、起きてしまうと泣いてしまったりするので、家事をしながら赤ちゃんを構うといった状況になってしまい、100%赤ちゃんに構ってあげられないといったことも多々あります。

 

しかしこういったことが積み重なってしまうと愛情不足として様々なサイン

出すんですね。

 

いきなり100%赤ちゃんに注げるようになるわけではありませんが、できるだけ赤ちゃんを優先にして構ってあげたいなと改めて思います。

スポンサードリンク

 - 子育て

  関連記事

赤ちゃんの抱き癖は問題ない? サイレントベビーになる方が怖いらしい

この記事の目次1 抱き癖は問題ない?2 抱き癖はいつからいつまで続く?3 泣いて …

赤ちゃんが寝る時、どうしてバンザイの姿勢?

この記事の目次1 赤ちゃんがバンザイの姿勢で寝る理由は?2 胎児の頃の姿勢の反動 …

新生児が夜でも寝ない原因は?対処法を教えて

新生児が夜でも寝ない原因は?対処法を教えて 家に赤ちゃんが来た新しい生活。 昼間 …

赤ちゃんの冬服のポイントは?枚数は?

赤ちゃんの服装について悩むママも多いです。 特に「暑い」「寒い」と意志表現をしな …

赤ちゃんの人見知りはいつから?人見知りしない子もいる?原因と対策をご紹介

赤ちゃんが、お座りができるようになったので抱っこが楽になり、 一緒に外へ出かける …

赤ちゃんのイヤイヤ期はいつまで? 上手な接し方を教えて

育児をしている時にママがぶつかってしまう壁の一つに子供のイヤイヤ期があります。 …

自閉症かも?赤ちゃんの症状はここをチェック 特徴的な症状とは?

産まれてきた赤ちゃん、お母さんは自分が産んだ赤ちゃんの育て方に責任を感じています …

乳児湿疹が耳にも出来た アトピーとの違いは?

ほとんどの赤ちゃんにできてしまって、ママ達を悩ませるのが乳児湿疹。   …

へその緒の保管方法を教えて どんなケースに入れる?保管する理由と場所を教えて

へその緒は、赤ちゃんがママのお腹の中で、ママとつながっていた証。 そんなへその緒 …

乳児湿疹にステロイドは大丈夫?治らない場合は?副作用はリバウンドはある?

赤ちゃんの顔に赤いプツプツが! と気づいたら、もしかしてそれは乳児湿疹かもしれま …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です