出産・育児の不安を解決 ママ応援サイト

出産・育児の不安や悩みをお持ちのママをサポートします!

陣痛促進剤とは?副作用や痛みは?費用について教えて


陣痛がなかなか来ない時や、破水しているのに陣痛が来ない時は「陣痛促進剤」を使って、出産の準備を整えていく対処法があります。

しかし陣痛促進剤には陣痛を促すメリットはあるものの、危険な面もあわせもっているので、ここでよく確認していきましょう

スポンサードリンク

陣痛促進剤とは?

 

陣痛促進剤は、早い話が「子宮の収縮を強化してくれる薬」のことです。

名前からご想像できる通り、陣痛を促すために使うものです。胎盤機能が低下している時にも使われます。

陣痛がなかなか来ない時や、破水しているのに陣痛が来ない時などに陣痛促進剤を使うと、正常な陣痛がやってくるようになり、身体を出産モードにしていけます。

妊婦さんによっては、予定日を過ぎているのになかなか出産できないという人も多いでしょう。私もそうでしたが、陣痛促進剤のおかげで無事出産する事ができ、助かりました。

 

ちなみに陣痛促進剤には2種類あります。

 

 

・プロスタグラディン

・オキシトシン

 

 

そして陣痛促進剤が使われる時は、次のような状況の時です。

 

 

・計画出産したい!

・なかなか本陣痛がこない!

・予定日を過ぎても自然に陣痛が来ない!

・破水したのに陣痛が来ない!

 

副作用はある?

 

陣痛促進剤によって副作用が出る恐れもあります。

代表的な症状としては次のようなものが挙げられます。

 

・胎児仮死

・過度の陣痛

・母体の大量出血による死亡

・子宮破裂

 

 

不幸にも出産による事故で亡くなってしまう妊婦さんもいて、その中には陣痛促進剤によって亡くなる方もいます…。

 

陣痛促進剤を使うと子宮収縮が強くなり、胎児が酸欠状態になってしまう事があります。

こうなると脳性麻痺が発生し、死に至らなくても後遺症になる恐れも出てきます。無事出産できたとしても間もなく死亡してしまう事もあり、決して油断できません。

 

陣痛促進剤を使って効き過ぎてしまい、子宮破裂が起こる事によって胎児が死亡し、子宮摘出しなければならないケースも有り得ます。

 

このように、陣痛促進剤の副作用や事故のリスクを考えると、陣痛促進剤は100%安全なものとは言い切れず、陣痛が来ないからといって安易に使えないものだという事がわかりますね。

 

陣痛促進剤の痛みはどれくらい?

 

陣痛促進剤を使うとどれくらい痛くなるのか?については、そもそも痛みの感じ方には個人差があるので、はっきり表す事はできません。

 

私が使った時の体験から言いますと、陣痛促進剤を用いた時の方が、子宮口が開くまでの痛みが激しくなった気がしました。

 

陣痛促進剤を使うという事は、まだ準備できていない子宮を人工的に無理やり収縮させるので、痛みが強くなってしまう可能性は十分考えられます。

 

ただし個人差があるので、そこまで痛くなかったという妊婦さんもいるので一概に言えません。

 

一つ言えるのは、陣痛促進剤を使ったとしても、出産の痛みは変わらないという事です。

使っても使わなくても、お産は説明しようがない程痛いです。

 

陣痛促進剤の費用は?

 

陣痛促進剤をどれくらい使うか、内容はどういったものかによってもかかる費用は変わってきますが、

一般的に10000円以上はかかるものと考えておくといいでしょう。

 

薬がなかなか効果なくて、投薬量が増えればもっとかかってしまう事もあります。

 

もしもトラブルでやむを得ず陣痛促進剤が使われた場合には、ちゃんと保険適用されるのでご安心ください。

 

ただし自然分娩を促す目的で使うのであれば、保険適用されないでしょう。個人契約している医療保険も、使える場合と使えない場合があります。

 

このへんが私も少しややこしかったのですが、お金の事なので事前にしっかり問い合わせて確認しておきました。

 

皆さんも誤解ないよう、あらかじめ保険会社に確かめておくといいですよ。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

私は副作用のリスクもなく、陣痛促進剤を使って無事出産できました。

陣痛促進剤を使うケースは決して珍しい事ではありませんが、副作用のリスクも十分考えられます。

また、費用についても保険が効く場合と効かない場合があるので注意が必要ですね。最低でも10000円以上はかかると考えましょう。

 

陣痛促進剤には高い効果もあれば、状況によってはハイリスクが生じる恐れもあります。

最悪死に至るケースもあるので怖いですが、肝心なのは妊婦さんも赤ちゃんも無事出産をクリアする事です。

 

私は陣痛促進剤を使った事で母子共に出産を乗り越える事ができたので、結果的に使って良かったと思っています。

 

勿論自然に産めるのがベストですが、もしも無理な場合には我慢せず、陣痛促進剤を活用した方がいいでしょう。

いずれにしても、陣痛促進剤のリスクなども考慮した上で、主治医と必要性についてじっくり話し合ってみてくださいね。

スポンサードリンク

 - 出産

  関連記事

妊娠初期の陣痛は流産の兆侯?安全な腰痛と危険な腰痛の見分け方とは?

妊娠が判明すると、妊娠初期症状が出てきますよね。 その症状の中には安全なものと危 …

出産で入院準備するのはいつから?持っていって便利な物はある?

出産が初めてという妊婦さんは、恐らく入院準備するのがいつからかわからない方も多い …

妊娠中葉酸はいつまで飲めばいい?摂取期間を教えて

この記事の目次1 葉酸とは?2 葉酸はいつからいつまで摂取すればいい?2.1 い …

無痛分娩はホントに痛くない?リスクとデメリットは?

医師から妊娠を確定してもらい、喜ぶ妊娠初期。 この時にはあまり意識することも少な …

シングルマザーです。妊娠や出産費用の負担を楽にする方法はある?

離婚や死別などでシングルマザーとなる方は増えてきていますよね。 赤ちゃんはできた …

予定日になっても陣痛が来ない 原因はストレス?経産婦?高齢?

予定日になっても陣痛が来ないと心配になりますよね。 周りからのプレッシャーも少な …

産後の生理再開の平均はいつ頃?予兆はある?

無事に終わったお産のあと、母乳を出すのに一苦労し(無理だったらミルクをあげ)、 …

初産の臨月 有意義な過ごし方 運動、外出、運転は大丈夫?

初産、これからおこる陣痛、出産、子育ての不安や楽しみを感じながら過ごしていること …

へその緒が首に絡んで逆子になっている!?無事に出産できる?

妊娠中、大きくなっていく子宮の中には、赤ちゃんと胎盤、そこから延びるへその緒(臍 …

陣痛の始まりから痛みの長さは?間隔はどれくらい?腰が痛くなる

「鼻からスイカを出すような痛み」。 陣痛の痛みを表す例えといえばこれが代表的だと …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です