出産・育児の不安を解決 ママ応援サイト

出産・育児の不安や悩みをお持ちのママをサポートします!

ワンオペ育児とは?何が問題なの?解決策を教えて


「ワンオペ」とはよく飲食店で使われる言葉ですね。

店をほぼ一人で回している状態を意味していて、「ワンオペレーション」と呼ばれています。

この言葉がネット上にも広がり、ニュースでも耳にするようになってきましたよね。

スポンサードリンク

最近ではそこから派生し、育児用語としても使われています。

「ワンオペ育児」などと表現されますが、これはどういう内容のものかご説明していきましょう。

ワンオペ育休とは?

 

ワンオペ育休とは、パートナーの病気など何らかのやむを得ない状況によってたった

一人で育児活動を行う事です。

 

もしも旦那さんが単身赴任になっても、子供がまだ小さければ、奥さんまで一緒になってついていくのは難しいですよね。親子そろって移動できるご家庭は少ないです。

 

また、お子さんの学校を変えたくないという理由もあるようですね。

 

ただし単身赴任になってしまうと、専業主婦のお母さんばかりに負担がかかってしまう事にもなります。

 

特に共働きだと、お母さんは仕事や家事をこなしながら育児もするなど、手いっぱいになってしまいます。これでは朝から晩までワンオペ状態になってしまいます…。

スポンサードリンク

問題点は何?

 

ワンオペには問題点があります。ここでは4つに分けて問題点をご紹介しましょう。

 

・具合が悪くても病院に行けない

 

家庭を守るのに奮闘するママは、自分が病気になってもなかなか受診する暇がないです。

外で働くママさんであれば、職場に理解がなければなかなか休みにくいでしょう。

そのため、ママ自身の健康も犠牲になってしまう事があるのです。

 

・とにかく大変!

ママ一人で育児や家事、仕事を全て一人でこなすのはとにかくハードです。

夫が単身赴任している期間、ママ仕事と家庭を両立する必要がありますが、これに育児活動が加わってしまうので状況は複雑です。

 

しかしこれら三つを同時に行う事は難しく、ママの睡眠時間など自分の時間を削るしかありません。

 

・自分の時間がないからストレスがたまる

 

当然ですが、ママには自分の時間というものがありません。

たとえ仕事で疲れていても育児を優先しなければなりませんし、一方で夫の事も考えなければなりません。

ママ友とおいしいご飯を食べに行きたくても、子育てに追われてなかなか時間がとれません。

 

・誰にも頼れない

 

ワンオペママは孤独です。

延長保育を使ってみたら?という声もありますが、残念ながらワンオペ育児ママには時間がないので、誰かに相談しても頼っている時間がありません。

旦那さんもそばにいないので、そもそも頼る人がいないのです。

こちらの動画も参考にして下さい

<夫単身赴任>急増する「ワンオペ育児ママ」 過酷な日々

 

解決策はある?

 

ワンオペ育児が大変だというのは百も承知でしょう。

しかしいつまでも大変だ!といっていても拉致があきません。

 

ワンオペ育児を解消するには、できる限りママの負担を減らしていく事を念頭において考えます。

 

・休日だけでも夫と過ごす

 

離れている旦那さんとただメールや電話で連絡を取り合うだけでなく、休日に会うのがいいでしょう。

旦那さんの居場所が海外など遠すぎる場合には難しいですが、もしも行ける範囲であれば

可能です。

 

休日に旦那さんのもとへ行く事で、ママも日頃の鬱憤が晴れるでしょう。

大好きな人と一緒にいてリフレッシュもできるはずです。といっても、旦那さんも疲れているかもしれないので、毎週末ではなく隔週にしてもいいですよね。

 

息抜きの時間があると子育てにも弾みがつくのではないでしょうか?

 

もしも旦那さんと会えなければ、休日に子供を連れてご実家に帰るのも、良い気分転換になるでしょう。

旦那さんとマメに連絡を取り合う事で、少しでもストレスが解消されていくはずです。

 

最近ではラインやスカイプを使えば無料通話もできるようになり、相手の顔も見れるので距離が近く感じます。

 

会えなければ旦那さんと密に連絡をとる事で、離れていても支え合う事ができるでしょう。

 

単身赴任をやめる

 

実現が難しいかもしれませんが、旦那さんの単身赴任が解消されれば、家にお母さんとお父さん両方いる事になるので自然とワンオペ育児も解消されるでしょう。

 

もしも本当にどうしようもないくらいママが疲れてしまった場合は、単身赴任をやめられないのか検討してみます。

 

ご家庭あっての仕事なので、選択肢として全くないわけではないでしょう。

 

身近な支援に頼る

 

・延長保育を利用する

 

延長保育を利用すると少し変わってくるかもしれません。

延長といっても30分~1時間程度なので気休めに終わってしまうかもしれませんが、利用しないのと利用するのとでは、負担が違ってくるのではないでしょうか。

 

短時間でも隙間時間が延長されればそれだけママの負担も軽減されますよね。

保育園ならファミリーサポートとは違ってちゃんとプロがお子さんの相手をしてくれるので安心です。

延長保育を選ぶとお金がかかってしまいますが、この延長保育料を負担してくれる市町村もあります。

 

ひょっとするとあなたが住んでいる市町村でも、延長保育の利用料を負担してくれる可能性があるので、事前にぜひ確認してみましょう。

 

・ファミリーサポートに預ける

 

仕事をしていないママでも、お子さんをファミリーサポートに預ける事ができます。

ママが単純に自分の時間が持ちたいという理由だけでも預けられるので、病院やデート、その他一人の時間にしかできない事ができるでしょう。

 

ただし、ファミリーサポートで預かってくれる会員は保育士さんのように、専門的に育児の勉強をした人ではないので、少し抵抗あるかもしれません。

事前に入念な打ち合わせが必要でしょう。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

ワンオペ育児は社会問題になってきていますが、今後ますます育児ママの数は増えていくだろうと予想されます。

私もワンオペ育児を経験した事がありますが、本当にきついです。でも旦那が近くにいてくれないのですぐに何かを頼む事も相談する事もできず、しんどかったです。

 

休日は子供と一緒に実家へ帰り、羽を伸ばしていましたが、その時間がなければ育児鬱にでもなっていたかもしれません…。子育てはママの義務でもありますが、リフレッシュする時間を意識的に作った方がいいです!!

 

最近では旦那さんの稼ぎだけでは暮らしていけないご家庭も増えています。

という事はこれまで以上に会社の単身赴任命令に逆らう事はできず、ママは働きに出る必要もあるでしょう。

 

ワンオペ育児ママの問題が目立ってきたのは最近なので、今まで国や都道府県はそれ程積極的に解決策に取り組んでいませんした。

 

しばらくワンオペ育児ママが増え続けてしまうのも一つの問題点です。

ワンオペ育児はどうしても自分とお子さんの問題として捉えてしまいがちですが、家族である旦那さんに支えてもらう必要もある問題です。ママだけで抱え込まないようにしましょうね。

スポンサードリンク

 - 子育て

  関連記事

赤ちゃんの抱き癖は問題ない? サイレントベビーになる方が怖いらしい

この記事の目次1 抱き癖は問題ない?2 抱き癖はいつからいつまで続く?3 泣いて …

乳児湿疹にステロイドは大丈夫?治らない場合は?副作用はリバウンドはある?

赤ちゃんの顔に赤いプツプツが! と気づいたら、もしかしてそれは乳児湿疹かもしれま …

赤ちゃんの首のすわりが遅い どんな問題がある? 首すわりの練習法を教えて

赤ちゃんの成長の1つが「首のすわり」。 成長の1つとしてやはりパパもママも気にな …

赤ちゃんが夜中に鼻づまりで眠れない 解消方法を教えて

大人にとっても辛いのが鼻づまり。 赤ちゃんも例外なく鼻づまりになると本当に辛いも …

母乳の免疫効果っていつまで? 免疫が切れた後の対策を教えて

赤ちゃんが母乳を飲むとママから免疫をもらうことができて、 病気なりにくいというの …

赤ちゃんのストローデビューはいつからが良い?どうやって練習する?

生まれたばかりの赤ちゃんは、栄養のすべてを母乳やミルクから取ります。 でも、成長 …

赤ちゃんが鼻水を出している時は病院に行く?緑色や黄色で症状を判断できる?

赤ちゃんが風邪をひいてしまうと親としてはかなり心配ですよね。   &n …

赤ちゃんにインフルエンザの予防接種を受けさせたい いつから可能?金額はどれくらい?

冬の寒い時期に差し掛かってくると怖いのがインフルエンザ。 大人でもかかるとしんど …

新生児の体重が増えない!原因は?対処法を教えて

元気な産声で産まれてきた赤ちゃん。 ミルクや母乳を飲んでいるように見えるのに、体 …

乳腺炎ってどんな病気?原因や治療法を教えて

授乳中のママにとって身近な病気と言われている乳腺炎。 私の友達も1度乳腺炎になっ …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です