出産・育児の不安を解決 ママ応援サイト

出産・育児の不安や悩みをお持ちのママをサポートします!

母乳の量を増やしたい 効果的な食べ物や飲み物は?


赤ちゃんを健康に育てたい!とママなら誰もが思うことですよね。

それに効果的なのが母乳を赤ちゃんに与えることだと言われています。

スポンサードリンク

ママの免疫力が母乳を通して赤ちゃんに届くので、病気になりにくい体に育つとも言われています。

しかし中には思うように母乳が出なくて悩んでいる方も多いのでは?

 

そこで今回は母乳の量が増える食べ物や飲み物をご紹介いたします!

関連記事はこちら

母乳が出ない原因とは?遺伝、食事、マッサージまとめ

母乳が少ない原因は?

まずは何故母乳が少なくなってしまうのか、その原因にお答えいたします。

実は母乳が少なくなるのは、ほとんどが後天的なもの。

つまり日常生活を送る上で母乳が少なくなってしまう原因があるというわけです。

 

主に考えられる原因は以下の通りです。

 

①食生活が乱れている

脂っぽいものを食べ過ぎたり、栄養が十分に採れない食生活を続けると、母乳がドロドロになってしまい、出にくくなってしまうと言われています。

バランスの良い食生活を心がけることが重要となります。

 

②水分不足

母乳は水分からできるため、水分が足りていないと母乳も生成されません。

水分をどんどん摂って、母乳をたくさん作るように心がけていきましょう。

 

③体が冷えてしまっている

血行不良になると母乳が思うように作られなくなり、満足いく量ができません。

体を温めて血行促進させることによって母乳の分泌力をアップさせましょう。

 

他にも睡眠不足やストレスといった育児を始めたばかりのママが陥りやすい状況が原因であったり、場合によっては乳腺が詰まってしまっていることも考えられます。

 

胸が張って痛いのに母乳が出ないなんていう場合は、一度病院へ行って相談しても良いでしょう。

また母乳が出るようにマッサージをするのも良いですね!

母乳マッサージがやりやすいこちらの商品もおすすめです。

 

マッサージ方法はこちらの動画も参考になりますよ。

母乳マッサージ

 

 

母乳を増やす食べ物を教えて

 

では母乳を増やすと言われている食べ物には具体的にどのようなものがあるのでしょうか?

 

①ごぼうやニンジンなどの根菜類

根菜類は母乳の分泌を促してくれる効果があります。

さらに便秘解消にも効果的なので産後の便秘解消にも効果的でオススメですよ!

 

②ワカメや昆布などの海藻類

海藻類は母乳をサラサラにして飲みやすくしてくれる効果があります。

乳腺の詰まりやしこりなども改善することができるので、味噌汁やおかずに積極的に使っていきましょう。

 

③豆腐や納豆などの大豆類

大豆は血行促進させて質の良い母乳を作るのに効果的です。

原因の所にも記載したように血行不良は母乳不足の原因にもなるので、ぜひ食べていきましょう。

 

④ほうれん草や小松菜などの青菜

血液をサラサラにしてくれる効果があるため、母乳もサラサラになり、質も高くなります。

おかずにも使いやすいものが多いので、どんどん取り入れていきましょう。

スポンサードリンク

母乳を増やす飲み物はある?

 

では母乳を増やす飲み物には具体的にどのようなものがあるのでしょうか?

 

①麦茶

こちらはノンカフェインでありながらも食物繊維やミネラルといった嬉しい成分が入っているいるお茶です。

体の冷えが気になる方は温めて飲むと母乳の出も良くなりますよ!

 

②ローズヒップティー

ハーブティーであるこの飲み物はビタミンCの量がとっても多いです!

さらに鉄分やカルシウムといった貧血予防にも効果的な成分も含まれています。

 

③ルイボスティー

こちらもカルシウムやマグネシウムやミネラルがたっぷり含まれているので、質の良い母乳ができるだけではなく、便秘予防にも効果的だと言われています。

 

④ごぼう茶

食べ物にも記載しましたが、ごぼうは母乳の分泌を促して質の良い母乳ができます。

さらに乳腺の詰まりの改善にも効果的なので乳腺炎も予防してくれます。

便秘解消にも効果的ですよ!

 

母乳で育児をしたいママにとって水分補給は必要不可欠!

実は私たちが思っている以上にたくさんの水分を必要としており、母乳を与えているママは、夏は4~5L、冬は3L飲みましょうと言われています。

 

私はあまり水分を摂るタイプではなかったので、1日に4Lも水分を飲むのに驚きました。

入院中の助産師さんも「水分は絶対に摂るようにしてください」と指導するほどなので、かなり重要なことなのでしょう。

病院の自動販売機にある麦茶を大量に買って、毎日頑張って飲んで大変な思いをしました。

 

母乳が足りていないのは意外と水分が足りていないことがあるため、今一度水分の量をチェックしておくと良いでしょう。

 

まとめ

 

完母で育てたいと思うと、母乳にこだわりすぎになりがちです。

そうなると赤ちゃんに十分な栄養が行き届かなくなってしまいます。

最初はミルクも加えながら上記のことを試していき、母乳が出る体質にしていきましょう。

 

あくまでも自分のペースで育児をすることを心がけていきましょう。

スポンサードリンク

 - 産後

  関連記事

マミートラックとは?語源を教えて マミートラックに塩漬けって?

最近では女性の社会進出も活発化していくようになり、マミートラックとは?語源を教え …

産後のダイエットはいつから?授乳中はNG?いつからOK?

妊娠すると赤ちゃんの重さ、羊水や胎盤の重さに加えて、自分自身の体重も増えてしまい …

産後の肥立ちが悪い その症状とは?

昔からいわれている言葉「産後の肥立ちが悪い」、聞いたことありませんか? 一体、ど …

産後うつは何科で治療する?治療期間と治療方法について教えて

出産という大仕事を終えて、次にママが頑張らなくてはならないのが育児! &nbsp …

産後の生理不順の原因は? 改善して二人目が欲しい

1人目の子供が産まれて、育児も順調に進んでいき、 ある程度落ち着いてきた時に考え …

産後の骨盤ベルトは必要?いつからいつまで?それでも痛い場合は?

出産後に辛くなるのが腰痛。   出産によって骨盤がゆるゆるになってしま …

赤ちゃんが寝る時、どうしてバンザイの姿勢?

この記事の目次1 赤ちゃんがバンザイの姿勢で寝る理由は?2 胎児の頃の姿勢の反動 …

産後に足のむくみがなかなか取れない! 原因と解消法を教えて

出産してお腹が軽くなり、少しオシャレしてお出かけしたい気分。 なのに、脚がゾウの …

妊娠中葉酸はいつまで飲めばいい?摂取期間を教えて

この記事の目次1 葉酸とは?2 葉酸はいつからいつまで摂取すればいい?2.1 い …

妊婦はみんな眠い?いつまで続くの?対策を教えて

この記事の目次1 妊婦はみんな眠いの?2 妊娠初期、中期、後期 眠気の違い2.1 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です