出産・育児の不安を解決 ママ応援サイト

出産・育児の不安や悩みをお持ちのママをサポートします!

妊娠中の肌トラブル 原因と改善法をご紹介 予防策も解説しています


お腹の中で新しい命を育んでいく妊娠。これから新しく人の親になるのだという感慨が、

実際に変わっていく自分の体で、日々実感がわいてくるものですよね。

スポンサードリンク

しかし、新しい命…つまり、自分ではない命が体の中にいるのですから、

想像していなかった不調も多々あるもの。つわりなどは漠然と想像できても、

肌トラブルは妊娠とはあまり結びつけて考える人は少ないかもしれませんね。

ですが、かゆみ、吹き出物、シミ…女性には結構切実な悩みになったりもするのです。

肌トラブルの原因は?

肌トラブルなんて起こしたい人はそうはいませんよね。

できればトラブルなんて起こさずにいつまでも健康的な若々しい肌でいたいものです。

ですが、妊娠中の肌トラブルに限って言えば、それは妊娠によるホルモンバランスのくずれが主な原因です。

逆に、肌の状態がよくなる人もいるのですが、ホルモンバランスが男性か女性、どちらに傾くかで変わってきます。

つまり、個人の体質によるものが大きく、生活習慣等で確実に防ぐのは難しいのがこの時期の肌トラブルなのです。

また、新陳代謝が妊娠前よりサイクルが短くなっていますので、それで皮脂と水分のバランスがくずれてトラブルが起きることもあります。

これも自分の努力でどうにかできるかと言えば難しいです。

妊娠後期には、肌がのびて薄くなることでトラブルになることも。

 

どんな症状があるの?

にきびが増えたり、メラニン色素が増えてシミや黒ずみが目立つようになったり、上で書いたように、肌がのびて薄くなることでかゆみが出たり。

それに今まで使っていた化粧品や洗顔料が刺激を感じて肌に合わなくなったり、乾燥がひどくなったり…女性なら悲鳴をあげそうな症状ばかりですが、

もちろんこれが妊娠したら全員に、必ずあてはまるわけではありません。

 

改善方法を教えて

そんな女性の敵オンパレードな肌トラブルですが、どんな改善方法があるでしょうか。

妊娠中は肌のバリア機能が弱っていますから、低刺激のものを使い、日頃のお手入れをいつもより丁寧にすることが大事です。

シミができやすくなっているので、UVケアもこまめに行って下さい。

 

妊娠中は飲み薬は服用できませんが、かゆみなどはお医者様に相談のうえで塗り薬を使用してみて下さい。

妊娠線予防も兼ねて、4か月くらいからお腹や二の腕、太ももなどにクリームやオイルを塗っておくのもいいですね。

スポンサードリンク

予防策はある?

ホルモンバランスのくずれが原因なので、予防することは残念ながら難しいです。

ただ、症状も個人差があり、出産後ホルモンバランスが改善すれば、徐々に症状は収まってきます。

 

なお、もともとアトピーなど持病をお持ちの方は、妊娠が分かった時点でかかりつけのお医者様に相談して、症状がひどくなる前に改めて、

妊婦でも使用できる薬を処方していただくことをお勧めします。

 

また、肌トラブルに限らず、マタニティーブルーなどに代表されるように、精神的にふさぎがちになると体の調子まで悪くなってきます。

ストレスを極力遠ざけ、栄養バランスの取れた3度の食事(つわりの時期は食べられるものを食べて下さい)や睡眠をきちんと取るような、規則正しい生活を送ることが大切です。

肌の調子も上向きますし、赤ちゃんに最初にできるお母さんからのプレゼントにもなります。

お父さんにもできる範囲で協力してもらうといいですね。

こちらの動画でリラックスして下さい^^ 

リラクゼーション音楽 – 妊娠中、水、滝

 

まとめ

肌トラブルは、妊娠中は大なり小なりあり、程度の差こそあれ、つわりのように避けられないものです。

ですが、ずっと、一生続くものではありません。

お腹の中に赤ちゃんがいる時期はほんの数か月です。

十月十日と言いますが、10か月もありません。

そんなものだと割り切って、やれる範囲でお手入れをしつつ、長い育児の一番初め、まさしくわが子と『一心同体』の時期を前向きに楽しんで下さいね。

スポンサードリンク

 - 妊娠

  関連記事

妊娠合併症とは? その種類と対処法をご紹介

この記事の目次1 妊娠合併症 どんなものがあって、どうしたらよいの?2 妊娠合併 …

妊娠中の自転車 乗っても大丈夫? 流産の危険性は? 注意点を教えて

妊娠すると、時期によっては飛行機は乗ってはダメって言いますよね。 自動車は大丈夫 …

逆子の胎動と普通の胎動の違いは?自覚症状はある?治し方を教えて

妊娠中の日頃の検診で、「逆子」と言われると、「帝王切開」を想像して怖くなるお母さ …

妊婦さん必見 夏の快適な過ごし方 4つのおすすめ

年々、暑さが増していく夏。 赤ちゃんを授かったママは、妊娠していない時よりも体温 …

臨月の下痢はお産のサイン?おならもでやすい?

40週、約9か月間の妊娠期間を経て、赤ちゃんが産まれてきますが、最後の1か月間を …

破水の見分け方を教えて 尿漏れやおりものとの違いをご紹介

妊婦さんがドラマなどに出てくると、事件に巻き込まれたり、そうでなくとも急に陣痛が …

つわりのピークはいつ?平均は?いつ終わるか気になるあなたへ読んで欲しい

大好きな人と結婚し、赤ちゃんができたときの喜びは、言葉には表しきれないものでしょ …

妊娠中の動悸や息切れ 原因と対策を教えて 

妊娠中、特にお腹が大きくなってくると、息切れや動悸が激しくなってきます。 赤ちゃ …

排卵日はオリモノが変化する?症状とチェックの仕方をご紹介

恋活、婚活、朝活、老活、終活などなど……。 一昔前に比べて、いろいろな活動が増え …

胎児の性別はいつ分かる?間違えたりはしない?

お腹に新しい命が宿って、だんだん大きくなっていくお腹を見ながら周囲の人々からかけ …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です