出産・育児の不安を解決 ママ応援サイト

出産・育児の不安や悩みをお持ちのママをサポートします!

発達障害のある赤ちゃんの特徴は?治る場合はあるの?


最近では様々な所で発達障害という言葉を耳にするようになりました。

赤ちゃんが産まれて子育てをしている時も「ひょっとしてウチの子は発達障害?」と不安に思うこともたくさんあるのではないでしょうか? そこで今回は赤ちゃんの発達障害について色々な角度からご紹介いたします。

スポンサードリンク

赤ちゃんの発達障害とは?

そもそも発達障害というのは具体的にどのようなものなのでしょうか?

簡単に言うと、行動や人とのコミュニケーションが通常よりも困難となり、なかなか社会に適応できない状態のことを言います。

これは先天性のものであることと、脳の一部に障害があることが原因であるとされています。

また、一言で発達障害と言っても、様々な種類があり、主に自閉症や注意欠陥多動性障害(ADHD)や学習障害などがあり、その障害の表れ方も個人差があります。

 

つまり同じ障害を持った子同士でも、障害の程度によって対処法が異なることもあります。

また発達障害の度合いもそれぞれ異なり、かなり軽度の場合だと大人になって気付くといったケースも多くなってきています。

 

また発達障害を疑うきっかけとなるのは、言葉を話すのが何だか遅れている?と思った時です。

かといってその子供の個性かもしれないと思うとモヤモヤしてしまいますよね。

言葉の遅れが気になる方はこちらの動画を見てみてください!

 

 

 

特徴を教えて

 

では発達障害を持った赤ちゃんには、具体的にどのような特徴が出てくるのでしょうか?

 

①抱っこを嫌がる 赤ちゃんは安心を求めて、親に抱っこを求めるのが通常ですが、発達障害がある場合は神経が過敏になりがちなため、抱っこを嫌がることがあるようです。

 

あやしても笑わないし名前に反応しない 生後6ヶ月ほどになれば、両親があやすと笑ったり、名前を呼べば反応するようになります。

しかし発達障害がある場合は、いくらあやしても笑わなかったり、呼びかけにも反応しないことがあります。

 

後追いをせず1人になっても泣かない 赤ちゃんはまだ外のことがよくわからないため、不安になると泣いてアピールします。

しかし発達障害がある場合は、寂しいという感覚が鈍いため、泣いてアピールすることが少ないと言われています。

 

他にも、指差しをしないことや、人見知りをしない、など様々な特徴がありますが、実は発達障害という診断ができるのは3歳ぐらいからとなっています。

 

というのも、これらの特徴は赤ちゃんの場合はその子の個性でもある可能性があるからなのです。

そのため、これらの特徴に当てはまっているからといって、必ずしも発達障害とは限りません。

私の友達のお子様も、上記のような症状が当てはまっており、自分の子は発達障害かもしれないと不安に思っていましたが、徐々にその症状もなくなったそうです。

 

何かある度に心配していると身がもたないので、ゆっくり見守っていきましょう。

 

治療法はある?

 

では発達障害というものに治療法はあるのでしょうか?

主に軽度の場合は心理療法や行動療法などが中心ですが、最近ではペアレントトレーニングを取り入れるケースが増えています。

 

発達障害を持った子供に積極的に声がけをするようにしたり、何かを指示する時の方法を工夫したりすることで、いつも通りの日常生活が送れるようにしていく方法のことです。

これこそ障害の程度によって対策法も異なるため、その子供に見合った方法を考えることが重要となります。

 

親が疲れてしまった場合のカウンセリングはある?

 

発達障害がある子供の場合、親は知らないうちに疲れてしまうもの。

その負担を軽くするために、各地で相談できる場所が設けられています。

 

①市町村の相談窓口や保健センターの窓口があります。

住んでいる地域によって呼び方が異なりますので、一度ホームページなどで調べておくと良いでしょう。

また直接窓口に行くのはちょっと…という方のために、電話での相談も受け付けています。

気になる方は調べてみてくださいね。

 

②保育園や幼稚園 保育園や幼稚園に子供が通っている場合は先生に相談するのも手です。

 

園内にいる時にどんな様子なのかを聞くこともできますし、気になる点などの情報共有もしやすくなります。

ついつい親だけで抱え込みがちですが、こういった支援機関にも相談すると負担も軽くなりますよ!

 

まとめ

 

もし自分の子供が発達障害を持っていたらどうしよう…と考えてしまうのも無理はありません。

しかし赤ちゃんの段階ではハッキリ診断することが難しいものです。

あまり深く悩まずに育児に専念し、気になる所があるなら専門家に相談するようにして負担を軽くしていきましょう。

スポンサードリンク

 - 子育て

  関連記事

赤ちゃんの沐浴 頻度と温度は?いつまで?

沐浴という言葉は、水で身体を洗い清めるという意味があります。 宗教色が強い言葉な …

赤ちゃんのアトピー 原因は何?ステロイド、腸、遺伝まとめ

人間は、痛みよりも痒みに弱い生き物だといいます。 あまりに強い痛みは別として、ち …

へその緒の消毒はいつまでにする?消毒方法と出血した場合の対処法

赤ちゃんが生まれた後に、おへそに2~3cmほどくっついているへその緒。 多くの赤 …

赤ちゃんを乗せて車で移動が心配 知っておきたい注意点は〇〇!

私自身は車を運転せず、乳幼児期に子供を車に乗せることはほとんどありませんでしたが …

赤ちゃんの便秘には綿棒が効果的 やり方をご紹介

赤ちゃんが便秘だったとしたら、どうしますか? 水分をとらせる? 母乳を飲ませる? …

赤ちゃんが泣く原因は?泣き止まないので放置しても大丈夫?

子どももそうですが、赤ちゃんの寝顔は格別愛らしいものですね。 自分の子どもだと特 …

赤ちゃんが頭をぶつけた! 確認しておきたい4つのポイント

この記事の目次1 はじめに1.1 (1)意識があるか?1.2  (2)ぶつけた箇 …

母乳とは何が違う?赤ちゃんに粉ミルクを与える時のルール

赤ちゃんを育てるのに母乳が大事とは聞くけれども、やむを得ない理由であげられないマ …

赤ちゃんの首のすわりが遅い どんな問題がある? 首すわりの練習法を教えて

赤ちゃんの成長の1つが「首のすわり」。 成長の1つとしてやはりパパもママも気にな …

赤ちゃんの人見知りはいつから?人見知りしない子もいる?原因と対策をご紹介

赤ちゃんが、お座りができるようになったので抱っこが楽になり、 一緒に外へ出かける …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です