出産・育児の不安を解決 ママ応援サイト

出産・育児の不安や悩みをお持ちのママをサポートします!

乳腺炎ってどんな病気?原因や治療法を教えて


授乳中のママにとって身近な病気と言われている乳腺炎。

a

私の友達も1度乳腺炎になってしまい、おっぱいが腫れたり高熱だしたりしてしまい、病院にまで行くハメになってしまった子がいて、大変そうでした。

そこで今回はママが避けたい乳腺炎の原因や治療法についてお答えします!

 

乳腺炎とは?

b

そもそも乳腺炎とは何なのでしょうか? 簡単に言うとこれは母乳を外へ出す管(乳腺)が炎症を起こすことです。

これによって、おっぱいに痛みを感じたり、しこりができたり、おっぱいがパンパンに張って強い痛みが出たり、高熱が出たりと様々な症状を引き起こします。

主に授乳しているママの2~3割が乳腺炎になると言われており、ママにとっては身近な病気であるとも言えます。

 

育児もしなくてはならないのに、こういった症状が出るのは本当に辛いですよね。

なので早急に病院へ行って治療しましょう!

 

乳腺炎になる原因は何?

c

主に乳腺炎は2つの種類に分けられます。

 

急性うっ滞乳腺炎 乳腺に母乳が溜まり、それによって母乳が詰まって炎症を起こすものです。

授乳中のママがなる乳腺炎のほとんどはコチラのケースです。

主な原因は高カロリーなものや脂肪分が多い食事ばかりしていたり、ブラジャーの締め付けや姿勢が悪いことによる胸部圧迫によるものだったり、赤ちゃんが母乳を飲み残すことによって起こりやすくなります。

 

化膿性乳腺炎 こちらは乳腺に細菌が入り込むことによって炎症を起こすものです。

歯が生え始めた赤ちゃんは、授乳中に乳首を噛んだり、乳歯が乳首に当たって小さな傷が少しずつ出来てしまいます。

そこから赤ちゃんの口内にいる黄色ブドウ球菌等の細菌が侵入してしまうのが大きな原因だと言われています。

こういった身近なことが原因で乳腺炎になってしまうので、ママは常に気をつけなくてはなりません。 また、乳腺炎にならないための予防法も知っておく必要があります。

 

乳腺炎の予防法を教えて では乳腺炎の予防法とは何なのでしょうか?

①バランスの良い食生活 授乳中のママにとって栄養満点の食事は必要不可欠! 私も入院中に食事の栄養指導を受けました。

育児で忙しいと食事がファストフードなど脂肪分の多いものになってしまいがちなので要注意です。

ちなみに授乳中のママの摂取カロリーは1日2100kcal~2350kcalと少し多め。 なので和食など脂肪分の少ない食事がオススメですよ!

 

②胸を圧迫させないこと 胸の負担は乳腺炎になりやすいため、ブラジャーなどのサイズを再度確認しておきましょう!

授乳期間中は胸も大きくなりがちなので、余裕のあるサイズにするのがベストです。

また寝る時も体を横にすると圧迫してしまうため、仰向けに寝るように心がけましょう。

 

③おっぱいは両方満遍なくあげる 授乳する際に、つい赤ちゃんを支えやすい方のおっぱいで授乳してしまいがちですが、そうなってくると片方のおっぱいがドンドン張っていきます。

その結果乳腺炎になるケースも多いので、授乳は両方のおっぱいを満遍なくあげることを意識しましょう!

また、こちらの動画も参考になりますよ!

産後の乳腺炎を予防するには?【授乳編】  和泉市の整体・産後の骨盤矯正『きもと整骨院』

 

 

おすすめの治療法はある?

d

 

では、もし乳腺炎になってしまった場合はどうすれば良いのでしょうか?

 

搾乳器で母乳を搾乳する とりあえず溜まった母乳をできるだけ外に排出させましょう。

上手く搾乳できない場合は病院に行けば助産師さんが搾乳してくれます。(かなり痛いですが効果抜群です!)

 

おっぱいマッサージをする 出産前や入院中におっぱいマッサージを指導されると思いますが、これはあくまでも母乳分泌のためのものです。

ここでは母乳分泌をさせずにスムーズに母乳が出せるマッサージが必要で、これは専門家の方に頼んだ方が良いでしょう。

 

③おっぱいを冷やす おっぱいを冷やすことによって炎症を抑える方法がありますが、あまりアイスノンなどを多用すると体が冷えすぎてしまう可能性があります。

タオルにくるんで長時間当てないように注意しましょう。

これらはあくまでも急性うっ滞乳腺炎の場合です。

化膿性乳腺炎の場合は抗生物質を飲むなど病院に行かないと治療できないため、すぐに病院へ行きましょう。

 

まとめ

e

自分は大丈夫だろうと油断するとなってしまいやすい乳腺炎。

順調に授乳出来ている時になってしまうとかなり辛いですよね。

乳腺炎にならないように出来ることから取り入れていきましょう!

 - 子育て

  関連記事

赤ちゃんの愛情不足のサインとは?見逃せない3つの特徴

赤ちゃんの成長や行動というのは見ていて本当に飽きないですし、 ずっと見ていたくな …

危ない!意外と知らない赤ちゃんに危険なことを知っておきましょう

「1歳未満の赤ちゃんにハチミツをあげてはいけない」 もちろん知ってる! という方 …

母乳の免疫効果っていつまで? 免疫が切れた後の対策を教えて

赤ちゃんが母乳を飲むとママから免疫をもらうことができて、 病気なりにくいというの …

赤ちゃんにインフルエンザの予防接種を受けさせたい いつから可能?金額はどれくらい?

冬の寒い時期に差し掛かってくると怖いのがインフルエンザ。 大人でもかかるとしんど …

赤ちゃんの1歳のお祝い 我が子が喜ぶあんな方法やこんな方法

赤ちゃんの初めての誕生日は赤ちゃんにとってはもちろん、ママやパパにとっても大事な …

赤ちゃんのイヤイヤ期はいつまで? 上手な接し方を教えて

育児をしている時にママがぶつかってしまう壁の一つに子供のイヤイヤ期があります。 …

赤ちゃんが抱っこした状態でないと寝てくれない!いつまで続く?対処法を教えて

毎日毎晩、抱っこしないと眠らない赤ちゃん。 日々体重か増えていくのは幸せの重みだ …

赤ちゃんが安心する添い寝の方法とは?いつまで?ベッドと布団の違い

この記事の目次1 赤ちゃんが安心する添い寝の方法とは?1.1 (1)添い寝の良い …

産後クライシスで離婚の危機!いつまで続く?原因と乗り越え方

赤ちゃんが産まれた家庭は、外から見ればとても幸せに見えるかもしれません。 けれど …

今と昔では全然違う! 現代の子育ての常識を知っておこう

「授乳は3時間おきに」 「抱き癖がつかないように」 「日光浴させましょう」 など …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です