出産・育児の不安を解決 ママ応援サイト

出産・育児の不安や悩みをお持ちのママをサポートします!

妊娠しやすい人の特徴は?体質改善の方法を教えて


結婚して、そろそろ赤ちゃんが欲しいのにできないと悩む方、少なくないことと思います。

両親から、「そろそろ孫の顔が・・・」と言われると、あせりばかりが募ってしまいます。

「何とか赤ちゃんがほしい。妊娠したい」

妊娠しやすい体質、妊娠しにくいという体質ってあるのでしょうか?

スポンサードリンク

妊娠しやすい人の特徴は?

妊娠しやすい体質ってあるのでしょうか?

また、妊娠しやすい体質に変えることってできるのでしょうか?

まずは、規則正しい生活をすることです。

 

規則正しいといわれると、夜更かしなどを思い描きそうですが、それだけではなく食生活も含まれます。

ある程度、毎日の生活パターンが決まっていて、一定のリズムで生活し、睡眠時間も十分に確保できている人は、

妊娠しやすいのだそうです。

 

また、栄養バランスのとれた食事を摂っていることも、妊娠のしやすさにつながります。

体を十分に温めている人も、妊娠しやすいといわれています。

ただ、男性の場合は、特定の部位は冷やす必要があるかと思います。

精巣はラジエータが必要と言われるだけあって、温めすぎると精子の動きが悪くなってしまいます。

スポンサードリンク

妊娠しにくい人の特徴は?

妊娠しにくい人は、妊娠しやすい人のまったく逆の生活パターンを摂っている人です。

栄養バランスが不良のお食事で、食事の時間が定まらなかったりすると、妊娠には良くないといわれます。

また、冷え性の方も含まれます。

 

血液の循環が悪くなるためです。

睡眠時間が短かったり、夜更かしが多かったり眠る時間が不規則なのも不妊の原因になったりします。

このほかに、アルコールや喫煙もあります。

 

特に女性にとっては、たばこは大敵。

 

たばこに含まれる多くの物質や喫煙による一酸化炭素化が血流や酸素の運搬を不良にしてしまうので、卵巣への影響も少なくないでしょう。

ストレスをためやすいのも、妊娠しにくい体質になる原因となります。

特に、妊娠したいのになかなかできないストレスをずっと抱えていると、そのストレスが原因で妊娠しにくくなることもあります。

スポンサードリンク

体質改善の方法は?

ストレスをためない生活を心がけましょう。

妊娠したいけどできない、そのストレスから自身を解放し、

「いつかはできるでしょう」とのんびりしていたら、すぐに赤ちゃんができたというのは、良く聞く話。

 

さらには、栄養バランスが取れたお食事と規則正しい生活、良質な睡眠の確保も、妊娠しやすい体質をつくる一助になります。

これに関連して、やせすぎや太りすぎは不妊の原因になりやすいといわれます。

特に太りすぎで骨盤内(内臓)脂肪が多い方は、子宮や卵巣が圧迫されやすいために、不妊になりやすいといわれます。

 

タバコは一切やめましょう!

害こそあっても利益はありません。

アルコールは「百薬の長」であり「百薬の毒」

多少飲むことはストレスを発散するためにも良いかもしれませんが、飲みすぎることは逆効果にしかなりません。

こちらの動画も参考になります↓

自宅でできる!不妊体質改善・妊娠率が83%アップ!妊娠・出産・講座

漢方で体質改善

精神的ストレスが原因で不妊となる場合、ストレスの発散や緩和が必要となりますが、

漢方薬でそれがかなうようです。

きちんとした食事を摂っているのに、胃腸が弱くて・・・という方にも、漢方薬が胃腸を元気にして栄養が摂取できるような体に変えてくれます。

冷え性や血液循環の不良なども、漢方で改善できれば妊娠しやすい体質になっていくのかもしれませんね。

 

まとめ

妊娠したいけどできない、いろいろ試したのに、どうしても赤ちゃんができないとお悩みの方。

その悩みが解決して、早く赤ちゃんの顔が見れる日が来るとよいですね。

お母さんがお母さんらしく、ゆったりとお子さんを迎え入れる準備ができたら、

きっとお子さんがお母さんを選び降りてきてくれると思いますよ。

スポンサードリンク

 - 妊娠

  関連記事

臨月は運動した方が良い?破水が心配でどれ位運動した良いのか教えて

妊娠中だからといって、運動してはいけないわけではありません。 むしろ、お産やその …

妊娠初期・後期の貧血の症状 原因、予防法、赤ちゃんへの影響まとめ

妊娠がわかって、喜びで気分が盛り上がっているのに、何だか体調がそれに追い付かない …

妊娠中つわりで痩せてしまった 赤ちゃんに影響はある? 発症リスクが高まる疾患と対策をご紹介

妊娠初期に酷い悪阻(つわり)に悩まされるお母さんは少なくないはずです。 悪阻のた …

安産祈願はいつ頃行くのが良い?人気があるスポットを教えて 

妊娠して週数を経過すると、徐々につわりも落ち着いてくるでしょう。 妊娠中に考える …

妊娠の出生前診断 受けるメリットは?費用を教えて

結婚年齢が高くなってきているのに伴って、35歳以上で妊娠出産を経験する方が増えて …

妊娠合併症とは? その種類と対処法をご紹介

この記事の目次1 妊娠合併症 どんなものがあって、どうしたらよいの?2 妊娠合併 …

逆子の胎動と普通の胎動の違いは?自覚症状はある?治し方を教えて

妊娠中の日頃の検診で、「逆子」と言われると、「帝王切開」を想像して怖くなるお母さ …

不妊治療と仕事の両立は可能? 

結婚してパートナーとの暮らしが落ち着いてきた頃、赤ちゃんんを望むのは自然な流れな …

妊娠中の肥満のリスク、出産への影響

妊娠中に太ってしまった方、 元々少し太っていた方などは、 肥満が出産に影響がある …

妊婦の仰向けはいつ頃まで大丈夫?仰臥位低血圧症候群について教えて 

お腹の中で徐々に成長していく赤ちゃん。 子宮の中で大きくなっていく赤ちゃんは、お …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です