出産・育児の不安を解決 ママ応援サイト

出産・育児の不安や悩みをお持ちのママをサポートします!

赤ちゃんの歩き始めが遅い 練習法はある?遅い子はO脚になりやすい?


親としては赤ちゃんの成長については常に気になってしまうもの。

成長は個人差があると思っていても、ついつい他の子と比べたりしてしまうこともあるのでは? そこで今回は赤ちゃんの歩き始めが遅い場合について気になる点を一気にご紹介! 歩き始めが遅くて心配な方はぜひチェックしてみてください。

スポンサードリンク

赤ちゃんの歩き始め時期が遅い原因は?

x

 

歩き始めが遅い赤ちゃんは、一体どこに原因があるのでしょうか?

実はこれは成長の個人差が大きい原因で、比較的体重が多い赤ちゃんや頭が大きめの赤ちゃんは歩き始めが遅いと言われています。

また兄弟がいない家庭も、歩く真似をする人がいないため、歩き始めが遅くなることもあるようです。

 

また運動神経が悪いのかも?と不安に思う方もいるかもしれませんが、実は歩き始めが遅いのと運動神経は今の所あまり関係ないのではないかと言われています。

 

また成長が遅いことで発達障害が気になる方もいると思いますが、先程にも記載したように赤ちゃんの歩き始めは個人差があるため、ちょっと遅れているぐらいではそれほど気にしなくても大丈夫です。

ただ、3歳を過ぎても歩かなかったり、歩くスピードが遅い場合は1度病院へ行って医者に相談をすると良いでしょう。

 

もしかしたら筋肉の発達が遅れていたり、運動機能障害の可能性もあります。

スポンサードリンク

良い練習法を教えて

y

 

それでもやっぱり心配だなという方は、歩く練習をさせてみましょう。

一番効果的なのはガッツリ練習するのではなく、遊び感覚で練習をさせる方法です。

 

私の娘はまだ歩く時期ではありませんでしたが、寝返りする時期だったので遊び半分でゴロゴロ転がしながら練習させたら、あっという間に寝返りが打てるようになったのでオススメです! 一人歩きを練習させる方法は、まず親が赤ちゃんと向き合う姿勢になり、赤ちゃんの手を取って一人歩きをするように誘導します。 初期の頃はしっかり両手を持ち、1歩ずつゆっくり歩かせてあげます。

 

大事なのは赤ちゃんが「今歩いている」と感じさせることが大事なので、焦らずゆっくりやってあげましょう。

その際に「あんよが上手」と声をかけてあげると赤ちゃんも喜びますよ! 両手で歩くのに慣れてきたら、今度は片手だけ持って誘導したり、赤ちゃんの横に行って一緒に歩くようにしてあげます。

 

一気に段階を進めると赤ちゃんは歩く実感が持てないので、この時もゆっくり焦らずやることがポイントです。

赤ちゃんとのコミュニケーションにもなるので、この方法はオススメですよ。

 

歩き始めが遅い子はO脚になりやすい?

zz

 

大人になってO脚に悩んでいる方は赤ちゃんの頃の歩き始めに原因があると言われています。

歩き始めが遅いと親は心配して無理にでも歩かせようとしてしまいます。

 

先程ご紹介した方法も含め、早い段階で歩く練習をさせてしまうと、全身の骨が柔らかい赤ちゃんにとっては大きな負担となってしまい、少しずつ歪みが生じていきます。

そのため、一番良いのは自然に歩き始めるのを待つのが良いのですが、やっぱり気になってしまいますよね。 O脚も心配だなという方は練習は少しだけするようにしてあげると良いでしょう。

 

歩き始めは夜泣きが多くなる?

xx

赤ちゃんが歩き始めると夜泣きが多くなると言われています。

それは歩くことによって以前よりも運動量が多くなったからだと言われています。 また歩き始めると行動範囲も広がるので、いっぱい歩かせて疲れさせて夜ぐっすり眠らせようとするかもしれませんが、刺激が強すぎると処理しきれずに夜泣きに繋がってしまうようです。

 

私の娘もたくさん遊ばせてあげた後は夜もぐっすり眠ってくれるのですが、やはり時間が経つと夜泣きするようになります。 赤ちゃんが受ける刺激は私達大人が考えている以上に強いものなのかもしれませんね。

 

まとめ

yy

 

赤ちゃんの成長について不安なこともたくさんあると思いますが、あくまでも個人差があることは頭に置いておくと良いでしょう。

自然に時間が経てば赤ちゃんは自分のタイミングで歩き始めます。 そのため、赤ちゃんに対しては無理なくのんびりと接していくようにしていきましょう!

スポンサードリンク

 - 子育て

  関連記事

赤ちゃんの寝相が悪い 原因は?うつぶせ寝でも大丈夫?

この記事の目次1 赤ちゃんの寝相が悪い原因を教えて2 うつ伏せ寝だと呼吸が心配  …

へその緒の保管方法を教えて どんなケースに入れる?保管する理由と場所を教えて

へその緒は、赤ちゃんがママのお腹の中で、ママとつながっていた証。 そんなへその緒 …

赤ちゃんの便秘には綿棒が効果的 やり方をご紹介

赤ちゃんが便秘だったとしたら、どうしますか? 水分をとらせる? 母乳を飲ませる? …

母乳とは何が違う?赤ちゃんに粉ミルクを与える時のルール

赤ちゃんを育てるのに母乳が大事とは聞くけれども、やむを得ない理由であげられないマ …

乳頭混乱はおしゃぶりが原因? いつまで続く? 克服法を教えて

母乳とミルクを混合させている赤ちゃんがある日突然母乳を飲まなくなった!なんていう …

授乳をしてもしこりが取れない 対処法を教えて

赤ちゃんが産まれたら、できることなら母乳で育てたいと思っているママ、多いことでし …

発達障害のある赤ちゃんの特徴は?治る場合はあるの?

最近では様々な所で発達障害という言葉を耳にするようになりました。 赤ちゃんが産ま …

乳児湿疹にステロイドは大丈夫?治らない場合は?副作用はリバウンドはある?

赤ちゃんの顔に赤いプツプツが! と気づいたら、もしかしてそれは乳児湿疹かもしれま …

赤ちゃんの1歳のお祝い 我が子が喜ぶあんな方法やこんな方法

赤ちゃんの初めての誕生日は赤ちゃんにとってはもちろん、ママやパパにとっても大事な …

赤ちゃんの寝ぐずりの原因は?そのまま放置したら問題?対策法を教えて

赤ちゃんの寝ぐずりというのは多くのママの悩みの1つとなっています。 夜寝ている時 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です