出産・育児の不安を解決 ママ応援サイト

出産・育児の不安や悩みをお持ちのママをサポートします!

赤ちゃんの冬服のポイントは?枚数は?


赤ちゃんの服装について悩むママも多いです。

特に「暑い」「寒い」と意志表現をしないため、赤ちゃんの様子を見ながらママが判断しなくてはならないので、難しいと感じるのも無理はありません。

私も娘が寝ている時に「寒くないかな?」とか常に気にしてしまい、しょっちゅう背中を触って寒いか暑いか判断するようにしています。

スポンサードリンク

そこで今回は赤ちゃんに冬服を着せる時のポイントについてまとめてみました!

ぜひ参考にしてみてください。

赤ちゃんに冬服を着させる時のポイントは?

8

 

赤ちゃんは基本的に体温が高いため、大人以上に汗をかくこともあります。

3ヶ月以降の赤ちゃんの場合、バタバタと動くことも増えるため、より汗をかきやすくなります。

月齢を重ねていくと大人の汗腺にどんどん近づくようになり、大人と同じ服装になってきます。

 

お昼寝をしている時やベビーカーに乗せている時は冬であっても背中の部分を触って、汗をかいていないか確認してあげましょう。

汗をかいていたらなるべく早く着替えをさせてあげると良いですよ!

 

また寒いからといって赤ちゃんにたくさん着させすぎると、あせももできやすくなります。

室内と外出時の服装については後述しますので、ぜひそちらを参考に適切な枚数を着させてあげましょう。

スポンサードリンク

何枚くらい着させるのが良い?

9

 

では次に赤ちゃんの冬服は何枚着させるのが良いのか月齢ごとにご紹介いたします。

 

  • 0ヶ月〜2ヶ月の赤ちゃんの場合

この頃の赤ちゃんはまだ皮下脂肪が少ないので、熱が逃げやすい体質になっています。

なので大人が着ている枚数+1枚が理想の枚数となります。

寝ている時などに背中に汗をかくこともあるので、随時背中を触ってチェックしてあげましょう。

皮膚がやわらかいため、あせもになりやすいのでその点にも気をつけましょう。

 3ヶ月以降の赤ちゃんの場合

赤ちゃんは3ヶ月以降になるとふっくらとした体型になっていきます。

そして皮下脂肪も増えてくるので熱も逃げにくくなってきています。

また手足を動かしたりと運動量も増えるため大人が着ている枚数より1枚少ないくらいが適切です。

スポンサードリンク

室内と外出時の冬服の違いは?

10

 

では次に室内と外出時の冬服の違いについてご紹介いたします。

 

  • 0ヶ月~2ヶ月の赤ちゃんの場合

室内:、短肌着+長肌着+ドレスオールというように1枚多めに着させます。

調節用に新生児用のベストもオススメです。

外出時;抱っこをする場合は短肌着+長肌着+ドレスオールにおくるみを着させます。

また靴下や帽子もしっかり着用してあげましょう。

 

ベビーカーを利用する場合は短肌着+ツーウェイオールにおくるみを着させます。

この時も靴下と帽子は必須です。

かなり寒い場合は掛け毛布もかけてあげましょう。

 

  • 3ヶ月~5ヶ月の赤ちゃんの場合

室内:短肌着+コンビ肌着+カバーオールで十分です。

外出時:前開きボディ+カバーオール+ジャンプスーツに靴下と手袋を付けてあげましょう。

 

  • 6ヶ月~8ヶ月

室内:かぶるタイプのボディ+カバーオールで調整用にベストもオススメ!

外出時:かぶるタイプのボディ+セパレートタイプの服+ジャンプスーツに靴下と手袋を着用させます。

 

  • 9ヶ月~1歳

室内:かぶるタイプのボディ+セパレートタイプの服で調整用にカーディガンがオススメ!

外出時:かぶりタイプのボディ+セパレートタイプの服+ジャンプスーツに靴下と手袋を着用させます。

 

ロンパースを冬服の下着に着用しても良い?

1枚で温かくなれるロンパースは冬の必須アイテムですよね!

そんなロンパースですが、下着として着用しても良いのでしょうか?

冬の場合、ロンパースは下着というよりかは1枚のウェアとして着用する方が良いです。

 

最近ではフリースやニット素材、裏起毛といった様々な素材があり、寒い冬にもピッタリです。

そのため、下着としては少々暑くなってしまいます。

どうしてもロンパースを下着として着させたい場合は、夏用のロンパースにしましょう。

夏用なら生地も薄いため、下着としても着用できます。

その場合は外出時に着させた方が丁度良いですよ!

 

冬服についてわかりやすくまとめてある動画もあるので、ぜひこちらもチェックしてみてくださいね。

vol.52「冬の服装」

 

 

まとめ

11

 

赤ちゃんの服については本当にわからないことだらけですよね。

特に冬のかなり寒い時期の場合、寒いのか暑いのか丁度良いのかわからないと、どう対処したら良いのかわからず困ってしまいます。

 

ぜひ上記の内容を参考にしていただいて、赤ちゃんに適切な温度を保ってあげるようにしてあげましょうね!

スポンサードリンク

 - 子育て

  関連記事

赤ちゃんの熱中症 知っておきたいその症状、予防と対策まとめ

地球温暖化、日本の平均気温の上昇、エルニーニョやヒートアイランド現象など、 ざっ …

離乳食初期 野菜はいつから食べさせたらいい?食べない場合の対処法は?

赤ちゃんが成長していき、そろそろ離乳食を始めようかなと思った時に気になるのが、野 …

赤ちゃんの熱性けいれんでも慌てない 原因と対処法をご紹介

あなたの大切な赤ちゃんが、急に白目をむいて、全身をガクガク動かしはじめたら、驚き …

乳頭混乱はおしゃぶりが原因? いつまで続く? 克服法を教えて

母乳とミルクを混合させている赤ちゃんがある日突然母乳を飲まなくなった!なんていう …

赤ちゃんの寝相が悪い 原因は?うつぶせ寝でも大丈夫?

この記事の目次1 赤ちゃんの寝相が悪い原因を教えて2 うつ伏せ寝だと呼吸が心配  …

ベビーサインってどうするの?いつから始めてどう教える?

「赤ちゃんは泣くのが仕事。泣くしかできないのだから、そこから読み取っていくしかな …

新生児の「げっぷ」が出ない、嫌がる「げっぷ」の出し方のコツをご紹介

この記事の目次1 どうして「げっぷ」が必要なの?2 「げっぷ」を嫌がる対処方法は …

赤ちゃんを乗せて車で移動が心配 知っておきたい注意点は〇〇!

私自身は車を運転せず、乳幼児期に子供を車に乗せることはほとんどありませんでしたが …

赤ちゃんの頭のへこみが気になる 大泉門とは? へこみの原因と対策についてご紹介

思春期に親御さんと衝突した記憶はありますでしょうか。 自分と違い既存の考えに凝り …

赤ちゃんのイヤイヤ期はいつまで? 上手な接し方を教えて

育児をしている時にママがぶつかってしまう壁の一つに子供のイヤイヤ期があります。 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です