出産・育児の不安を解決 ママ応援サイト

出産・育児の不安や悩みをお持ちのママをサポートします!

赤ちゃんの冬服のポイントは?枚数は?


赤ちゃんの服装について悩むママも多いです。

特に「暑い」「寒い」と意志表現をしないため、赤ちゃんの様子を見ながらママが判断しなくてはならないので、難しいと感じるのも無理はありません。

私も娘が寝ている時に「寒くないかな?」とか常に気にしてしまい、しょっちゅう背中を触って寒いか暑いか判断するようにしています。

スポンサードリンク

そこで今回は赤ちゃんに冬服を着せる時のポイントについてまとめてみました!

ぜひ参考にしてみてください。

赤ちゃんに冬服を着させる時のポイントは?

8

 

赤ちゃんは基本的に体温が高いため、大人以上に汗をかくこともあります。

3ヶ月以降の赤ちゃんの場合、バタバタと動くことも増えるため、より汗をかきやすくなります。

月齢を重ねていくと大人の汗腺にどんどん近づくようになり、大人と同じ服装になってきます。

 

お昼寝をしている時やベビーカーに乗せている時は冬であっても背中の部分を触って、汗をかいていないか確認してあげましょう。

汗をかいていたらなるべく早く着替えをさせてあげると良いですよ!

 

また寒いからといって赤ちゃんにたくさん着させすぎると、あせももできやすくなります。

室内と外出時の服装については後述しますので、ぜひそちらを参考に適切な枚数を着させてあげましょう。

スポンサードリンク

何枚くらい着させるのが良い?

9

 

では次に赤ちゃんの冬服は何枚着させるのが良いのか月齢ごとにご紹介いたします。

 

  • 0ヶ月〜2ヶ月の赤ちゃんの場合

この頃の赤ちゃんはまだ皮下脂肪が少ないので、熱が逃げやすい体質になっています。

なので大人が着ている枚数+1枚が理想の枚数となります。

寝ている時などに背中に汗をかくこともあるので、随時背中を触ってチェックしてあげましょう。

皮膚がやわらかいため、あせもになりやすいのでその点にも気をつけましょう。

 3ヶ月以降の赤ちゃんの場合

赤ちゃんは3ヶ月以降になるとふっくらとした体型になっていきます。

そして皮下脂肪も増えてくるので熱も逃げにくくなってきています。

また手足を動かしたりと運動量も増えるため大人が着ている枚数より1枚少ないくらいが適切です。

スポンサードリンク

室内と外出時の冬服の違いは?

10

 

では次に室内と外出時の冬服の違いについてご紹介いたします。

 

  • 0ヶ月~2ヶ月の赤ちゃんの場合

室内:、短肌着+長肌着+ドレスオールというように1枚多めに着させます。

調節用に新生児用のベストもオススメです。

外出時;抱っこをする場合は短肌着+長肌着+ドレスオールにおくるみを着させます。

また靴下や帽子もしっかり着用してあげましょう。

 

ベビーカーを利用する場合は短肌着+ツーウェイオールにおくるみを着させます。

この時も靴下と帽子は必須です。

かなり寒い場合は掛け毛布もかけてあげましょう。

 

  • 3ヶ月~5ヶ月の赤ちゃんの場合

室内:短肌着+コンビ肌着+カバーオールで十分です。

外出時:前開きボディ+カバーオール+ジャンプスーツに靴下と手袋を付けてあげましょう。

 

  • 6ヶ月~8ヶ月

室内:かぶるタイプのボディ+カバーオールで調整用にベストもオススメ!

外出時:かぶるタイプのボディ+セパレートタイプの服+ジャンプスーツに靴下と手袋を着用させます。

 

  • 9ヶ月~1歳

室内:かぶるタイプのボディ+セパレートタイプの服で調整用にカーディガンがオススメ!

外出時:かぶりタイプのボディ+セパレートタイプの服+ジャンプスーツに靴下と手袋を着用させます。

 

ロンパースを冬服の下着に着用しても良い?

1枚で温かくなれるロンパースは冬の必須アイテムですよね!

そんなロンパースですが、下着として着用しても良いのでしょうか?

冬の場合、ロンパースは下着というよりかは1枚のウェアとして着用する方が良いです。

 

最近ではフリースやニット素材、裏起毛といった様々な素材があり、寒い冬にもピッタリです。

そのため、下着としては少々暑くなってしまいます。

どうしてもロンパースを下着として着させたい場合は、夏用のロンパースにしましょう。

夏用なら生地も薄いため、下着としても着用できます。

その場合は外出時に着させた方が丁度良いですよ!

 

冬服についてわかりやすくまとめてある動画もあるので、ぜひこちらもチェックしてみてくださいね。

vol.52「冬の服装」

 

 

まとめ

11

 

赤ちゃんの服については本当にわからないことだらけですよね。

特に冬のかなり寒い時期の場合、寒いのか暑いのか丁度良いのかわからないと、どう対処したら良いのかわからず困ってしまいます。

 

ぜひ上記の内容を参考にしていただいて、赤ちゃんに適切な温度を保ってあげるようにしてあげましょうね!

スポンサードリンク

 - 子育て

  関連記事

乳腺炎ってどんな病気?原因や治療法を教えて

授乳中のママにとって身近な病気と言われている乳腺炎。 私の友達も1度乳腺炎になっ …

赤ちゃんの歯はいつから生える?

離乳食を食べる赤ちゃん。下の歯が2本だけ生えていたりするのを見ると、ほほえましい …

赤ちゃんの鼻水がなかなか治らない原因とおすすめの対策をご紹介

この記事の目次1 赤ちゃんの鼻水の原因は?1.1 (1)ウイルス性の風邪の引き始 …

赤ちゃんが中耳炎の時にお風呂は大丈夫?治療法と予防法を教えて

赤ちゃんは本当に様々な病気にかかってしまいがち。 どんなにママやパパが気をつけて …

新生児の体重が増えない!原因は?対処法を教えて

元気な産声で産まれてきた赤ちゃん。 ミルクや母乳を飲んでいるように見えるのに、体 …

赤ちゃんが風邪をひいた時の対処法を教えて

どんなに気を付けていても赤ちゃんは風邪を引いてしまうもの。   &nb …

赤ちゃんが夜中に鼻づまりで眠れない 解消方法を教えて

大人にとっても辛いのが鼻づまり。 赤ちゃんも例外なく鼻づまりになると本当に辛いも …

赤ちゃんの頭の形を良くしたい 絶壁の治し方はある? 原因と予防法を教えて!

この記事の目次1 赤ちゃんの頭の形が悪くなる原因は?1.1 (1)いつも同じ場所 …

赤ちゃんの便秘には綿棒が効果的 やり方をご紹介

赤ちゃんが便秘だったとしたら、どうしますか? 水分をとらせる? 母乳を飲ませる? …

赤ちゃんの喃語って知ってる? 赤ちゃんにとっては大事なコミュニケーションツール!

赤ちゃんといえば「ばぶばぶ」と言っているイメージがある、という方は多いのではない …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です